七五三の初穂料の相場はいくら?のし袋の種類や書き方も分かる

熨斗袋

初めての七五三は、分からないことだらけ。

神社に納める「初穂料」も、相場がいくらなのか分かりませんよね。

少なすぎたら、失礼なような気もするし・・・(^_^;)

そこで七五三の初穂料の相場がいくらなのか調べてみました。

また、初穂料を納めるのに必要なのし袋の種類と、のし袋の書き方、お札の入れ方も紹介します。

スポンサーリンク

七五三の初穂料の相場はいくら?

熨斗袋+5000円札

相場は5,000円

初穂料にいくらぐらい包んでいるのか調べてみると、子供一人あたり5,000円とする人が多かったです。次に多かったのが10,000円。

神社では初穂料を予め設定しているところが多く、3,000円・5,000円・10,000円など、決められた金額から選ぶようになっています。

「お気持ちで」となっている場合や、「5000円〜」など最低金額が設定されている場合もあります。

《有名神社の例》

神社/神宮 初穂料
明治神宮 5,000円、10,000円、30,000円
神田明神 5,000円〜
氷川神社 5,000円、10,000円、30,000円
熱海神宮 6,000円、8,000円、10,000円以上
鶴岡八満宮 5,000円~
伊勢神宮 5,000円〜
厳島神社 3,000円〜
稲荷伏見大社 3,000円〜
春日大社 5,000円〜
住吉大社 一人10,000円、二人15,000円
太宰天満宮 一人5,000円、二人8,000円、三人10,000円

お詣り先の神社が既に決まっているようでしたら、HPを見るなり電話するなどして、初穂料を確認してみましょう。

ところでここで疑問が沸きます。納める金額によって、何か違ってくるのでしょうか?

納める金額によって何か違う?

七五三女の子

初穂料はご祈祷への謝礼として納めるので、何かを求めるのは無粋だと思いますが・・・ちょっと気になりますよね。

実は納める金額によって、いろいろ違いがあります。

納める金額による違い

  • 昇殿できる人数
  • 神楽の舞を踊る人数
  • 個別対応してもらえる
  • ご祈祷のときに座る位置

そして多くの場合は、頂ける記念品が変わってくるようです。

七五三の記念品と言えば、以下が一般的。

  • 千歳飴
  • 祝い箸
  • 御守り
  • 御札
  • 絵馬
  • 絵本
  • おもちゃ

このような記念品のなかで、頂ける種類や御札の大きさ、御札や絵馬への名入れ、お守りのグレードなどが違ってきます。

このあたりも神社のHPに書いていることがありますので、まずは確認してみてください。書いていない場合は、直接電話を掛けてみると良いですよ。私が電話したときは、丁寧に教えてもらえました。

初穂料の相場と、納める金額によって何が違うのか分かりましたね。次は初穂料を入れるのし袋は、どういったものを選べば良いのかを見てみましょう。

スポンサーリンク

七五三の初穂料を包むのし袋の種類は?

熨斗袋

初穂料は神社に寄進するものですので、裸のお札ではなく、のし袋に入れて渡すのが一般的です。

ところで、のし袋っていくつか種類があるんですね。

その中で七五三に相応しいのは、『紅白紐で蝶結びの水引』があるのし袋です。

“水引”とは、のし袋に掛かっている紐と結びのこと(下図参考)。のし袋を買うときは、この“水引”の紐の色と結びに注意してください。

水引の紐の色と結び目は、以下のようにたくさん種類があります。

《水引の紐の色》

・赤と白(慶事用) ←初穂料はこれ
・赤と金(慶事用)
・白と黒(弔事用)
・白と金(弔事用、関西・北陸の一部)

《水引の結び》

・蝶結び(別名、花結び) ←初穂料はこれ
蝶結び

・結び切り
結び切り

・鮑切り(別名、あわじ切り)
鮑結び

紅白紐の本数は3本・5本・7本のいずれかになっていますが、気にしなくて大丈夫です。5本が基本で、本来は内容物の大きさに合わせて変えます。奇数になっているのは、古代中国の陰陽思想では奇数=陽数とされ、縁起が良いからです。

また、本格的なのし袋には、中袋(お金を包む袋)も付いています。包む金額が大きい場合は、本格的なものをオススメします。

そうでない場合は、水引が印刷になっているのし袋でも良いと思います。こちらはコンビニなどで、お手軽に買えますね(本格的なのし袋は、コンビニで売ってなかったりします)。

と、ここまでのし袋を推奨してきましたが、実は無地の白封筒でもOKとされています。ちょっと味気ない気がしますが。

初穂料を包むのし袋の種類について確認できました。次は、のし袋を買ってきたとして、どのように書けば良いかについて見ていきましょう。

七五三の初穂料を包むのし袋の書き方

右側の袋は、中袋。

のし袋の表書き

まず、のし袋の上部に「初穂料」あるいは「御初穂料」と書きます。

そして下部に、七五三を迎える子供の名前を書きます。

初穂料書き方

このとき子供の名前に、フリガナは振らなくてもOK。なぜなら七五三の祈祷を申し込むときに、申込書(あるいは祈祷書)に住所や名前、フリガナを書く蘭があるからです。

くれぐれも、のし袋に親の名前を書かないよう、注意くださいね(^_^;)

のし袋の中袋

次に、のし袋に付いている中袋(お金を包む袋)に記入していきます。

あれっ、中袋が付いてない?その場合は、のし袋の裏側に書くことになるので、あとで解説しますね。

中袋の表側には金額を書いていきます。このとき一番上に「金」の文字を書き、「金 壱萬圓」などのように書きます。

金額の部分は、大字(だいじ)を使うのが伝統的ですが、漢数字や数字でもOKです。

ちなみに大字(だいじ)とは、壱、弐、参などと書く漢字のこと。一、二、三などの漢数字と違って、改竄しにくいという特徴があります。漫画などでよく使われているので、見たことあると思います。

つまり金額は以下のどの書き方でもOK。

《10,000円を包む場合》

  • 壱萬圓(大字+旧字体)
  • 壱萬円(大字+旧字体)
  • 一万円(新字体)
  • 10000円(数字)

《5,000円を包む場合》

  • 伍阡圓(大字+旧字体)
  • 伍仟圓(大字+旧字体)
  • 伍阡円(大字+旧字体)
  • 伍仟円(大字+旧字体)
  • 五千円(新字体)
  • 5000円(数字)

個人的には、伝統と格式がある大字にグッと惹かれました。

また、中袋の裏側には住所や名前を書いても良いのですが、必須ではありません。

というのも先に触れたとおり、神社では祈祷を申し込むときに申込書(祈祷書)に住所や名前を書きますので、中袋に書いた住所や名前は使われません。

もともと、中袋の裏側に住所や氏名を書くのはご祝儀袋の習慣で、渡した相手が返礼のときに困らないようにという配慮からです。ですから初穂料として納める中袋には不要ですね。

のし袋の裏書き

中袋が付いていない場合は、のし袋の裏側に金額を書きます。

ついでに住所や名前を書いても問題ありませんが、必須ではありません。

特に水引が印刷ののし袋は中袋が付いておらず、のし袋の裏側に金額や住所を書くようになっています。

これは金額だけのタイプ

さてのし袋が完成したら、最後は初穂料を入れるわけですが、ここにもマナーがあります。

七五三の初穂料を包むのし袋へのお札の入れ方

まず、お札は必ずしも新札である必要はありません。ただ、新札のほうが気持ち良いのは間違いないでしょう。

そしてお札を入れるときには、正しい向きがあります。

一万円札を入れると仮定します。その場合、中袋の表側に福沢諭吉が来るようにします。中袋がない場合は、のし袋の表側に福沢諭吉が来るようにするればOKですね。

あとは一万円札を反時計回りに90度回して、中袋に入れていきます。まぁ下の図を見てもらったほうが早いですね。

お札の向き

確認の仕方は簡単で、この一万円札を取り出したときに、一番最初に福沢諭吉の顔が見えればバッチリです。

お札の入れ方は以上になります。

まとめ

七五三の初穂料の相場と、のし袋の種類、のし袋の書き方、お札の入れ方を見てきました。

七五三の初穂料は、一人あたり5,000円を包む人が多かったです。次に多かったのが10,000円。迷ったら、とりあえず5,000円で良いと思います。

そして納める初穂料によっては、以下が変わることがあります。

納める金額による違い

  • 昇殿できる人数
  • 神楽の舞を踊る人数
  • 個別対応してもらえる
  • ご祈祷のときに座る位置
  • 記念品の種類
  • 御札への名入れ

金額が設定されている神社は、納める初穂料によって記念品が変わる可能性が高いです。詳しい事情は、神社のHPを見るなり電話するなりしてみましょう。

納める初穂料が決まったら、あとは紅白紐で蝶結びの水引が付いているのし袋を買って、のし袋の書き方に従って書きます。最後にお札の向きに気を付けて、お金を入れれば準備完了。

ところが、ここまでしっかりのし袋を準備したのに、これが全くの無駄足になることがあります。神社によっては、社務所で現金を渡すだけになっていることがあり、その場合はのし袋からお札を出して納めるんですね。(^_^;)白封筒でいいね・・・。

この辺も神社に確認しておきましょう。

それではよい七五三を♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です