七五三の初穂料は兄弟だといくら?のし袋への連名での書き方も解説

初穂料

七五三を兄弟・姉妹で一緒に迎えるケースも多いと思います。

そんなときに悩むのが、神社に納める初穂料。

初穂料は二人一緒だといくらになるの?

それに、のし袋は別々にすべきか、1つにすべきなのかも迷うところ。

今回は兄弟・姉妹でお詣りする場合の初穂料と、のし袋への連名での書き方を解説します。

スポンサーリンク

七五三の初穂料 兄弟だといくら?

七五三

兄弟・姉妹で七五三にお詣りに行った場合の初穂料は、神社によって違います。

有名な神社や大きい神社では、初穂料があらかじめ決められていることが多く、神社のHPを見ると詳しく書いていたりします。

神社によっては「初穂料」ではなく、「玉串料」や「祈祷料」と書いていることもあるので注意して見てください。

有名な神社の初穂料の例は以下になります。

《有名神社の例》
神田明神:5,000円〜
近江神宮:一人5,000円、二人9,000円、三12,000円
住吉大社:一人10,000円、二人15,000円
厳島神社:3,000円〜
生田神社:一人8,000円、二人12,000円、三人15,000円
太宰天満宮:一人5,000円、二人8,000円、三人10,000円

ただ、多くの神社では一人分の初穂料だけが記載されていて、二人分については書いていません。そういった場合は、一人分の初穂料 × 2だと思います。

また、二人一緒で割引になる神社もありますね。地方の小さい神社だと、一人分の初穂料で、二人まとめて祈祷してくれることもあります。

判断に迷うパターンとしては、初穂料の提示がなく「お気持ちで」となっているところですね。いったいいくら包めば良いのやら。

そういった場合も含めて、もし二人分の初穂料が神社のHPに書かれていない場合は、神社に電話してしまうと良いですよ。

「七五三の初穂料、兄弟二人だといくらぐらい包むのが相場ですか?」

なんてお尋ねしても、割りと普通に答えてくれたりします。神社によっては割引額を提示して貰えることもあるようです。

もし「お気持ちで」ということでしたら、七五三の初穂料は一人あたり5000円を包む人が多かったです。参考になれば。

七五三の初穂料の相場はいくら?のし袋の種類や書き方も分かる

2017.09.22

七五三の初穂料が二人分でいくらになるか確認できましたら、次は初穂料を包むのし袋の書き方ですね。兄弟・姉妹一緒の場合は、どのように書くのでしょうか?

スポンサーリンク

七五三の初穂料 のし袋への兄弟での書き方は?

のし袋

最も丁寧なやり方は、のし袋を2つ用意することかもしれません。

ですがここでは1つののし袋に、兄弟・姉妹の連名で書くやり方を説明します。もちろん、連名で書く方法もマナーに則ったものです。

それに二人合わせてで初穂料の割引がある場合、どうしても1つののし袋に包むことになりますしね。

それでは始めに、のし袋はどういったものを用意すれば良いのかを見ていきましょう。

初穂料を包むのし袋の種類は?

七五三の初穂料を包むのに相応しいのし袋は、「紅白紐で蝶結びの水引」が付いたのし袋です。

この「紅白紐で蝶結びの水引」というのは、のし袋に付いている紐と結び目の部分を指します。ですので買うときは、水引に十分注意してのし袋を買って下さい。

というのも、この紐の色と結びの形にはいろいろなタイプがあって、それぞれで相応しい行事や場面が違ってきます。

しっかり覚えておかないと、のし袋を買いにいったとき、どれだか分からなくなります。ちなみにのし袋は、コンビニやドラッグストアを周ると、売ってますよ。

この正式タイプののし袋が売ってない場合は、水引が印刷になっているものや、無地の白封筒でもOKです。

七五三の初穂料 のし袋の種類は?印刷ものやご祝儀袋でもOK?

2017.09.23

のし袋の表書き

のし袋の表書きには、上部に「初穂料」または「御初穂料」と書きます。

そして下部に、子供たちの名前を連名で横並びにして書きます。このとき右に年上の子供、左に年下の子供が来るようにしてください。年下の子供は、姓は書かず名のみを書きます。

初穂料のし袋

この書き方は、結婚祝いなどでも同じです。

のし袋の中袋の書き方

のし袋に中袋が付いていれば、表側には金額を書いていきます。

このとき「金 壱萬圓」などのように、「金」を上に付け、その下に金額を書きます。

金額は大字(おおじ)という漢字で書くのが伝統的です。大字(おおじ)というのは、壱、弐、参などで表すタイプの漢字。ですが、漢数字や数字でも問題ありません。

つまり以下の書き方はいずれでもOK。

《一万円の場合》
・壱萬圓(大字+旧字体)
・一万円(漢数字)
・10,000円(数値)

それ以外の大字や詳しい書き方は、以下の記事の「金額の書き方」を説明しているところを参考にして下さい。

七五三の初穂料 のし袋の書き方を解説!金額の書き方やお札の向きも分かる

2017.09.24

そして中袋の裏側には、住所や子供の名前を書くのですが、やはりのし袋の表書きと同じ様に連名で書きます。

中袋書き方

 

ただこれは、必須ではありません。というのも七五三は祈祷を申し込むときに、申込書に名前や住所など詳しく書くので、中袋に書いてもあまり意味がなかったりします。

のし袋の裏書き

のし袋の裏書きは、中袋が付いていない場合に書いていきます。

正式なのし袋には中袋が付いていると思いますので、水引が印刷タイプののし袋や、白封筒の場合がこれになりますね。

水引が印刷タイプののし袋は、裏側に住所や氏名、金額を書き込むところがあらかじめ用意されていることが多いです。その場合は、用意された場所に従って書いて下さい。

それ以外の場合は、のし袋の裏側に、中袋の表書きと同じ要領で金額を書きます。そしてやはり同様に、住所は書いても書かなくても問題ありません。

どうせ使われないことを考えると、書かなくて良いのではないか思います。

まとめ

七五三の初穂料が兄弟・姉妹だといくらになるのかと、のし袋への連名での書き方を見てきました。

初穂料は二人一緒だと割引になったり、一人分で済んだりする神社もあります。また「お気持ちで」となっていることもあります。

ですので二人分の初穂料が書いていない場合は、とりあえず問い合わせてみるのがオススメです。

そして、兄弟・姉妹で初穂料を納めるときは、のし袋に二人の名前を連名で書くのが効率的です。ちなみに兄弟・姉妹が三人でも同じ様に連名にすることができます。

七五三は準備が多くて大変ですね。ギリギリで焦らないように早めに、出来ることから準備を終わらせておきましょう。

それではよい七五三を♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です