七五三の初穂料 のし袋の種類は?印刷ものやご祝儀袋でもOK?

のし袋

七五三の初穂料を入れるのし袋。

いろんな種類があるから、どれを買ったら良いのか分かりませんよね。

そこで、どのタイプが正式なのか解説します。

また、コンビニでよく売っている印刷タイプののし袋やご祝儀袋

余っているからと、これらを使っても良いのでしょうか?そのあたりも紹介していきます。

スポンサーリンク

七五三の初穂料 のし袋の種類は?

熨斗袋

七五三の初穂料に相応しいは、ずばり「紅白紐で蝶結びの水引」が付いたのし袋です。

図で言うと以下のようなのし袋。

でもこれだけだとよく分かりませんよね。順を追って説明します。

まず水引とは、のし袋に付いている“紐や結びの部分”のこと。この部分はいくつかタイプがあり、行事によって使い分ける必要があります。

《紐の色》
・赤と白(慶次)七五三の初穂料ではこれ
・赤と金(慶事用)
・白と黒(弔事用)
・白と金(弔事用、関西・北陸の一部)

《結びの形》
・蝶結び(別名、花結び)七五三の初穂料ではこれ

・結び切り

・あわじ結び(別名、鮑結び)

それと、当然ですが「のし」が付いたものを選びます。念のため「のし」とは、封筒の右上についた細長い六角形の飾りのこと。

これで七五三の初穂料に、どんなのし袋を買えばよいのか分かりましたね。ただ、実際に買おうとすると、なかなか売っておらず、水引が印刷になっているのし袋しか見つからなかったりします。

水引が印刷ののし袋を、使ってもOKなんでしょうか?

スポンサーリンク

七五三の初穂料 のし袋は印刷ものでもOK?

のし袋(印刷タイプ)

紅白紐で蝶結びの水引が、印刷になっているのし袋ですが、これでもOKです。それに使っている人も結構います。

うちでも初めての七五三詣では、これを使いました。最初は本格的な「紅白紐で蝶結びの水引」が付いているのし袋を探したんですが、近所のコンビニや百均をいくつか回っても売ってません。

そこで包む初穂料が5000円だったこともあり、本格的な容れ物じゃなくてもいいかと思い、印刷もので済ませました。

そして実は印刷もの以外に、無地の白封筒でもOKとされています。

神社によっては社務所で現金を渡す場合があります。そういったところでは、本格的なのし袋を買っても、なんだか勿体無いですよね。こういうときは印刷ものや、白封筒で良いと思います。

のし袋は印刷ものでもOKなことが分かりました。次は、ご祝儀袋が余っていた場合ですが、これを使っても良いのでしょうか?

七五三の初穂料 ご祝儀袋はOK?

ご祝儀袋

はっきり言って、ご祝儀袋は相応しくありません。

駄目ってことはないと思いますが、七五三の初穂料を包むものとしては相応しく無いと言えます。

というのも先にも触れた通り、のし袋は行事によって使うべき種類が違うからです。

ご祝儀袋についてる水引は「あわじ結び(別名、鮑結び)」になっており、これは結び目が固く簡単には解けない結び方です。そのことから末永くいう願いが込められています。

使われるシーンは結婚式や葬式など。一回限りで末永くという願いが込められているわけですね。

それに対し、七五三の初穂料に使うのし袋の水引は蝶結び(別名、花結び)」。これは何度も解いたり結んだり出来る結び方です。そのことから、七五三のように何度も繰り返す祝い事に使われます。

ただ実際のところは、派手なご祝儀袋やキャラクターものを使う人もいると、社務所の人が言っていました。

まとめ

七五三の初穂料 のし袋の種類について、どういったものを使えば良いのかをまとめました。

初穂料を入れるのし袋に相応しいのは、「紅白紐で蝶結びの水引」が付いたものになります。のし袋は、いろいろな種類があるので、間違わないように買いましょう。

また「紅白紐で蝶結びの水引」が印刷タイプののし袋でもOK。初穂料がそれほど多くない場合など、良いかと思います。それ以外に白封筒でも良いとされています。

正式なのし袋を求めてコンビニや百均を巡ったのですが、売っておらず結局ネットで注文しました。メール便で届いたので300円程度です。

初穂料と既に記載されているタイプでしたので、これが案外便利でした。もしリアル店舗で売っていない場合は、探し回るよりネットで買ったほうが時間も手間もかからずオススメです。

とかいって、後でドラッグストアで発見してしまいました・・・。

それでは素敵な七五三を♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です