五月人形のお下がりはダメ?代々受け継ぐものと使いまわしの違い

五月人形の甲冑 こどもの日

五月人形のお下がりってアリ?

これはよく揉める問題ですね。

五月人形は高いものだし、夫のモノが使えるならそれもあり。

五月人形は厄除けの身代わりなので、厄を引き継ぐことになるからお下がりはダメ。

など、いろいろな意見があります。

五月人形のお下がりって本当にダメなのかと、代々受け継ぐのはありか、使い回しとは違うのかについて書いてます。

スポンサーリンク

五月人形のお下がりはダメ?

五月人形のお下がりはダメっていう意見、わりとよく聞きますね。

しかし実際に調べてみると、五月人形のお下がりは十分ありなんじゃないかと。

そう思うんですよ。

なぜそう考えたのか説明していきますね。

五月人形は厄除けの身代わり?

五月人形のお下がりがダメな理由として、一番よく言われるやつ。

五月人形は厄除けの身代わりだから、厄も引き継いじゃうからダメって話。

これ・・・、いつそういう話になったんでしょうね?

ちょっと五月人形の歴史をさかのぼってみますと。

まず、「端午の節句(こどもの日)」っていうのは、中国から伝わった厄払いの行事が発展して、男児の成長を祝うようになったものです。

もともと厄払いの行事だから、”厄除け”っていうのはOKですね。

だけど、“男児の身代わり”って話は、いくら調べても出てこないんですよ。

もう少し細かく見ていきましょう。

兜と鎧って何のためにある?

日本に伝わってからは、宮廷で「菖蒲鬘」という菖蒲でつくった兜を頭にのせて、厄を払っていたそうです。

やがて「菖蒲鬘」は「菖蒲兜」となったそうな。

んで、菖蒲(しょうぶ)と尚武(しょうぶ)が同じ響きだからというしょうもない理由で、男児を祝う日になりました。

最初は、武家で行われていたイベントだったみたいですけど、徳川吉宗のときに庶民にも広まったみたい。

また、武家ということもあり、室内に武者人形や甲冑を飾ったそうです。

それを江戸時代に庶民がまねて、今の形に発展していったんだとか。

というわけで、兜はもともと厄除けの道具だったみたいですね。身代わり的な意味はなさそうです。

それと、甲冑については武家が飾っていたらという、おまけのような感じで登場してました。

ということは、人形が厄除けの身代わりなんでしょうか?

人形ってどこから出てきた?

もし、身代わりの可能性があるとしたら、武者人形が怪しいですよね。

武者人形についても調べてみたんですが。

あるタイミングにおいて、先程説明した「菖蒲兜」の上に乗って登場してるんですよ。

いやホント謎なんですけど、昔の文献を見ると、兜の上に人形のってます。詳しくは以下の記事を見てください。

[kanren postid=”3994″]

で、この人形には、厄除けと神様を迎えるための依代の意味があったそうです。

それ以上の情報は無かったので、ここからはあくまで想像となりますが。

依代なら身代わりに発展しても、そんなに違和感はありませんね。

だから、もし身代わりになってくれる可能性があるのなら、人形の方なんじゃないかと。

五月人形は一人一つ用意する必要がある?

これもよく揉める問題ですが。

五月人形の歴史をたどってみると、一家に一つ用意があればいいんじゃないかと思います。

もともと厄除けですから、複数ある必要はないのかなと。

武者人形だけは、身代わりになるかもしれないから、複数あっても良さそうですが。

次は、五月人形を代々受け継ぐことについて。

五月人形を代々受け継ぐのはあり?

五月人形を受け継ぐのは、なんの問題もないと思います。

鎧や兜って、一昔前は受け継ぐものですよね。

鎧や兜はもともと受け継ぐもの

端午の節句が武家に広まったとき、甲冑も出すようになり、それが定着したみたいです。

甲冑って代々受け継ぐものですよね。

家によっては家宝になってると思います。

それにお値段のするものですから、そんなに簡単に新しいものに交換できなかったのではと。

ですので、昔からの甲冑の扱いを考えれば、お下がりがダメとは決して言えないと思います。

人形は違うかもしれない

ただ人形っていうのは、別かもしれません。

人形に関しては、なぜ一緒に飾られるようになったのか分からないこともあり。

もしかしたら受け継ぐものじゃないのかも、って気がします。

それに昔の武者人形って、今よりもずっと安かったんじゃないでしょうか。庶民が買えるぐらいの値段なわけですし。

であれば、子供には新品を買ってあげるという話になってもおかしくありませんね。

子供が喜ぶならあり

五月人形を受け継ぐかどうかは、最終的には親の考え方次第です。

上手に子供に伝えれば、

「お祖父ちゃんとパパと僕の兜だ」

と喜んでくれるみたいですよ。

「おさがり」として与えるのはイケてませんが、「代々のもの」として与えるのなら問題ないと思います。

最近は物質主義になりがちなので、古いものを大切にする機会としても良いかもしれませんよ。

本格的なものを買うと、かなり高いし、勿体無い気もしますしね激。(本音)

次は、五月人形の使い回しについて。

五月人形の使い回しはナシ

これは、五月人形がどう扱われてきたかの問題でもあるんですが。

五月人形の使い回しはナシかなと思います。

とても立派で由緒正しい五月人形であれば、代々受け継ぐのは素敵なことですね。

しかし不要になったからと、単なる使い回しのモノを貰っても迷惑です。

「余ってるんだけど」

とか

「もう使ってないんだけど」

から始まる五月人形は、いかにも使い回しですね。

自分たちで新しいものを買ったほうが、精神的にも良いのではと思います。

まとめ

五月人形のお下がりはダメなのかどうかについて書きました。

五月人形は厄除けの身代わりという話をよく聞きますが。

実際に調べてみると、なぜ”身代わり”なのか疑問です。

調べた感じだと、「端午の節句」は子供の成長を願う厄除けイベント。だから、五月人形のお下がりはアリだと思いました。

立派な兜や鎧であれば、代々受け継いで、ものを大切にする精神を伝えるのもイイんじゃないかなと。

代々節約にもなるしね。。

ただ、「使い回し」を押し付けられた場合は、全く納得できませんね。

そんなときは家族円満のために我慢しつつ、自分たちでオシャレでモダンなものを買って飾れば、気が晴れると思いますよ。

実際、今どきはインテリアにもなる、素敵な五月人形がたくさんあります。以下の記事の写真を見てみてください。

[kanren postid=”5084″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました