花粉症で頭痛がひどい!頭痛だけや肩こりもある場合の対処法は?

頭痛花粉症

花粉症で”頭痛”がすることって、あります。

知らないと、偏頭痛か風邪かと思いますよね。

花粉症による頭痛の詳しい症状と、頭痛だけや肩こりもある場合の対処法、頭痛を和らげる対策について書いてます。

スポンサーリンク

花粉症で頭痛がひどい!その詳しい症状は?

花粉症で頭痛って意外ですよね。

慣れてないと花粉症が原因って気づきません。

そこで詳しい症状はどんな感じかというと。

花粉症による頭痛はどんな感じ?

花粉症による頭痛は、人によって感じ方が違うみたいです。

私の場合は、首の後から後頭部にかけてがズキンズキンと脈打つように痛くなることが多いです。

他には、こめかみ付近が痛くなることも。こめかみのときは、動くたびにズキッとします。

頭痛と一緒に出ることが多いのは、微熱や悪寒、寒気、倦怠感。

鼻水やくしゃみといった典型的な花粉症の症状は、あまり出なかったりします。

吐き気やめまいがすることもありません。頭痛が翌日まで続いたりすることもありませんでした。

私の体験ベースになりますが、花粉症による頭痛の特徴をまとめると。

花粉症による頭痛の特徴
  • 微熱、悪寒、寒気、倦怠感が同時に出ることも
  • 吐き気やめまいがすることはない
  • 熱が上がることはない
  • 翌日まで続くことはない

ちなみに私の場合ですが、花粉症による頭痛は、夏から秋にかけての涼しい夜に起こりやすい気がします。特にお風呂上がりの寝る直前。

花粉症による頭痛で、注意した方が良いパターンも押さえておきましょう。

花粉症による頭痛で気を付けるパターン

花粉症による頭痛には、様々な要因が考えられます。

その中でも注意すべきなのが、副鼻腔炎(蓄膿症)によるもの。

花粉症による鼻水や鼻詰まりで炎症が起き、鼻の奥や目の奥、頬などが痛みだし、頭痛につながることがあるようです。

うちの妻も花粉で副鼻腔炎をやりました。初めてのときは、頭痛の原因が分からなくて、長引かせちゃったんですよね。

その結果かなり悪化したみたいで、治るまで1ヶ月以上かかりました。

耳鼻科の先生によると、花粉の季節には、副鼻腔炎になる人が増えるそうです。

次は、花粉症で頭痛だけひどい場合や、肩こりを伴う場合の対処法をみていきます。

スポンサーリンク

花粉症で頭痛だけひどい場合や、肩こりもある場合の対処法

花粉症で頭痛だけひどい場合

花粉症で、”頭痛だけ”がひどいってことあります。

なぜか鼻水やくしゃみといった花粉症らしい症状はあまり出ません。

私の場合は、たいてい微熱や悪寒、寒気、倦怠感を伴いますけどね。

花粉症による頭痛の多くは、鼻詰まりによる酸欠が原因みたいです。

つまり、身体にしっかり酸素を摂り入れることができれば、頭痛は良くなります。

だから、花粉症の薬を飲んで鼻水を押さえたり、お風呂に入って血行を良くすることが大切ですね。

花粉症で頭痛だけひどい場合の対処法

私の経験では、花粉症による頭痛が起きたら、すぐには回復しません。

経験上、一番良いのは暖かい布団で寝ること。30分ぐらい寝るだけでも頭痛は治まります。

あるいは横になっているだけも、多少マシになりますよ。

花粉症で鼻水や鼻詰まりがひどいと、呼吸が乱れて睡眠不足になりがちです。

睡眠不足によって、頭痛になっている可能性もあるそうですよ。

花粉症で頭痛と肩こりがひどい場合

花粉症で頭痛と肩こりがひどい場合は、肩こりを解消すると頭痛も和らいだりします。

くしゃみや鼻詰まりによって筋肉が緊張して、肩こりになりやすいのだとか。

肩こりの解消には、肩を暖めたりマッサージしたりするのが有効ですね。

花粉症による肩こりを解消するには

一人でできる、セルフマッサージがオススメ。

例えば右肩のコリをほぐすときは、左手をまわして、右肩の筋肉を押したり揉んだりします。

これ電車の中でもできますよ。マッサージしながら肩を回すと、ゴリゴリしていい感じ。

15分ぐらい続けると、かなり楽になります。

暖める場合は、温湿布やバンテリンコーワの湿布が結構良いです。もし家にいるのであれば、ゆっくりお風呂に浸かると良いですね。

次は、花粉症による頭痛を和らげる方法について。

花粉症の頭痛を和らげる対策

花粉症による頭痛を和らげるには、ふだんから花粉を吸わないことが大切です。

花粉の症状、特に鼻詰まりは、花粉を吸い込むことによって6〜10時間後に症状が出ることがあります。

家の中にいるときなど、花粉がない状態でも症状はありますが、多くは 花粉の繰り返しの吸入による鼻づまりの症状が主体です。これをアレル ギー反応の「遅発相(ちはつそう)反応」と呼び、アレルギーの細胞から放出 されるロイコトリエンなどの物質が神経や血管を刺激するために症状が現 れます。

出典:厚生労働省「的確な花粉症の治療のために」

鼻詰まりは、頭痛の原因となるもの。

つまり朝に吸った花粉が原因で、夜に頭痛がすることもあるわけです。

花粉が強いときは外出を控える、家では空気清浄機をきっちり回すなどして、なるべく花粉を吸わないようにしたいですね。

花粉症の薬を続けて飲む

また、花粉症の薬を続けて飲むのも有効です。

花粉症の薬は、症状が出る前から飲むと一番良く効くそうですよ。

今は、眠くならない第2世代の良い花粉症の薬があります。

しかも、市販で安く手に入るようになりました。前よりも買いやすくなったと思います。

花粉症の薬は市販と病院どっちが安い?何科で処方して貰える?

あとがき

花粉症で頭痛がひどくなることは、よくあります。

ただし、頭痛には他の要因もありますので、長く続く場合は早めに病院に行って診察を受けましょう。

いやホント、副鼻腔炎(蓄膿症)だったりすると、大変ですから。

花粉が飛び始めると、生活がホント大変ですね。

いつかは花粉のない地域に住みたいと思っているのですが。

今はできる限りの対策をして、毎日をやり過ごしてます。

花粉症にお悩みなら、以下の記事もオススメです。

花粉の季節に飲みたいお茶!緑茶に漢方成分入り、子供も飲める

コメント

タイトルとURLをコピーしました