花粉症が雨の日にひどいのはなぜ?花粉は飛ばないはずじゃ…対策も紹介

雨降り

花粉症が雨の日にひどくなります。

花粉は雨の日に飛ばないはずじゃ・・・?

と思っていたから不思議。

花粉症が雨の日にひどくなるのはなぜか、花粉は雨の日に飛ばないのは本当か、花粉症が雨の日にひどいときの対策について紹介します。

スポンサーリンク

花粉症が雨の日にひどいのはなぜ?

くしゃみ

花粉症が雨の日にひどくなるという人は、一定数いるみたいです。

でも、なぜ雨の日なのでしょうか?それには、雨の日=低気圧というのが関係しています。

実は低気圧って、身体へさまざまな影響があり、それが花粉症にも影響してるんですね。

思い出してみください。雨の日に身体の調子が悪くなったり、ダルくなったりすることってありません?

実はこういったことも、低気圧の影響だったんです。

低気圧になると、身体にどんな影響があるのか見ていきましょう。

低気圧になるとヒスタミンが増加する

ヒスタミンとは、花粉症の諸症状の原因となっている物質。

花粉症の薬はヒスタミンの分泌を抑えるためにあります。

このヒスタミンが、低気圧になると増加するという説が有力です。だから花粉症の症状がひどくなるんですね。

低気圧になると副交感神経が優位になる

雨の日など、気圧が下がると副交感神経が優位になるそうです。

副交感神経が優位なって頭や身体がリラックスすると、身体は休眠モードとなって、眠くなったり、ダルくなったり、日頃の疲れが出たりするわけです。

このように副交感神経の働きによって、身体の調子が悪くなる可能性があります。

参考文献:安保徹著,「安保徹の免疫学講義」, 三和書籍(2010)

低気圧になるとリンパ球が増加する

リンパ球は白血球の一種で、ウイルスなど小さい異物や腫瘍を攻撃するもの。

低気圧になって副交感神経が優位になることでリンパ球が増え、免疫反応が出やすくなって、花粉症が悪化してしまうという話があります。

ちなみにリンパ球はハウスダストにも反応するとのこと。花粉じゃなくて、ハウスダウストが飛んでいる可能性もありますね。

参考文献:安保徹著,「安保徹の免疫学講義」, 三和書籍(2010)

まとめると、低気圧によるこの3つの影響で、花粉症がひどくなっていると考えられるわけです。

低気圧による身体への影響

  • ヒスタミンの増加
  • 副交感神経が優位
  • リンパ球の増加

実はそれ以外にも一つ可能性があるので紹介しておきます。

花粉を吸った翌朝に症状がでることも

花粉を吸い込むことで、6〜10時間後に鼻詰まりなどの症状が出ることがあります。

これを「遅発相反応」と言うそうです。

つまり前日に吸い込んだ花粉によって、次の日の朝に影響がでたりすることがあるわけですね。

朝起きて鼻詰まりがひどい場合などは、「遅発相反応」かもしれません。

参考文献:厚生労働省「的確な花粉症の 治療のために(第2版)」

次は雨の日に花粉が飛ばないのは本当なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

花粉は雨の日に飛ばないはずじゃ…

スギ花粉

花粉は、雨の日に飛ばないと聞きますが・・・。

どうやら花粉が、雨の日には飛ばない、あるいは少ないというのは本当みたいです。

これは、雨の日=“湿度が高い”ことが関係します。

単純な話で、雨の日には湿度が高くなるので、花粉が重くなって下に落ちます。湿度80%以上だとほとんど飛ばないとか。

それ以外にも、花粉を内包するスギやヒノキの雄花が、水に濡れると開かないということも関係しています。

花粉が雨の日に飛ばない理由

  • 雨の日は湿度が高くて、花粉が下に落ちる
  • 花粉を内包する雄花は、雨に濡れると開かない

だから、雨の日に花粉が飛び始めることは、ほとんどないわけですね。

でも花粉とは、風に乗って飛んでくるもの。雨の降っていない地域から飛んできたり、濡れていない花粉が強い風で舞い上がったりなど、多少は飛んでいると考えたほうが自然です。

土砂降りだったり、風がなかったりすれば、飛んでいる花粉の量もずっと少ないんでしょうけど。

次は、花粉症が雨の日にひどいときの対策について。

花粉症が雨の日にひどいときの対策

雨の日でも、少しは花粉が飛んでいると考えるのが自然です。

しかし飛んでいる花粉よりも、室内にたまっている花粉の方が問題かもしれません。

特にオフィスなど人の出入りが多い場所は、花粉がたまりやすいです。

室内にたまっている花粉の量を減らす

次の方法で室内にたまっている花粉の量を減らします。

  • 加湿
  • 床の掃除
  • 空気清浄機

花粉は湿度をあげることによって、下に落ちてきます。だからまずは加湿して、花粉を床に落としてしまいます。

落ちてたまった花粉は、床を掃除することで取り除きましょう。

床の掃除をする場合は、掃除機で花粉を吸うよりも、ほうきで掃いて集めたり濡れ雑巾で拭き取るのが良いらしいですよ。

というのも、掃除機の性能によっては花粉をフィルターで取り切れず、舞い上げてしまうことがあるから。ちなみにダイソンの掃除機には、花粉をフィルタリング出来るものがあります。

あと、濡れ雑巾で床を拭く場合は、雑巾に付いた花粉はしっかり洗い流しましょう。花粉は濡れると破裂して細かくなります。

室内にたまっている花粉を減らしたら、あとは定番の花粉対策をしましょう。

花粉対策をする

花粉症の薬を飲んだり、マスクをしたりなど、一般的な花粉対策をします。

鼻の穴のなかにワセリン塗るのも効きますよ。

また個人的には、花粉症に効果のあった漢方成分入りの緑茶がオススメ。緑茶に含まれるカテキンは、ヒスタミンの増加を抑える効果が確認されています。雨の日にはうってつけですね。

花粉症に効くお茶を見つけた!緑茶に漢方成分入り、子供も飲める

2018.01.15

まとめ

花粉症が雨の日にひどくなるのはなぜかを紹介しました。

花粉症が雨の日にひどくなるのは、雨の日=低気圧だから。

低気圧になると、身体には次のような影響があると考えられています。

  • ヒスタミンが増加
  • 副交感神経が優位
  • リンパ球が増加

こういった影響により、花粉症の症状が悪化するわけですね。

また、雨の日でも花粉は少し飛んでいると考えるのが自然です。室内にいても、今までたまった花粉が舞い上がっている可能性があります。

花粉は湿度が高ければ飛ばないので、室内で過ごすときは加湿するのがオススメ。さらに、湿気を吸って床に落ちた花粉を、掃除するとより良いです。

雨の日ぐらいは花粉を忘れてゆっくり過ごせると思っていたのに、あんまりな仕打ちですよね。雨の日は花粉症が楽になるという人もいるのに・・・。

花粉の時期は、沖縄か北海道に避難していたいですね。。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です