花粉症で寒気や悪寒がするけど熱はない。風邪との違いや対策を紹介

寒気

花粉症で寒気や悪寒がするとは思いませんよね。

私も最初は風邪かと思いました。

でも、花粉症で寒気や悪寒がすることってあるんです。しかも熱はなかったり。

その辺りのことと、風邪とどう違うのか、防ぐための対策、出やすい時期について書いてます。

スポンサーリンク

花粉症で寒気や悪寒がするけど熱はない

花粉症で寒気や悪寒がするけど熱はないってこと、私はよくあります。

気になって耳鼻科で聞いてみたんですが、やはり花粉症で寒気や悪寒を訴える人は、一定数いるとのこと。

ゾクゾクというよりは、ヒヤッとする感じの寒気で、

「あ、これ風邪引いたかも」

と思って熱を測ってみても36.4℃。熱はありません。

それ以外にも、肩と首にズシッと重しがのったような悪寒がして、すこし重苦しくなることがあります。このパターンは、だいたい夜に外出したときなんですが。

こういうときは、だいたい花粉症を疑います。

花粉症でなぜ寒気や悪寒がするのか?

花粉症でなぜ寒気や悪寒がするのか、興味深い話があります。

それは、体内に入った花粉をウイルスと勘違いして、身体が撃退しようとしているのではないかというもの。

その結果、身体の体温を上げようとして寒気や悪寒がするわけです。

あくまで推測としての話みたいですが、そう考えると納得できますね。

花粉症で寒気・悪寒はなかなか理解されない

30年ちかく花粉症を患っていますが。

「花粉症で寒気がすることもあるよ」

といっても、

「それ絶対、風邪でしょ」

とか言われて、あまり理解されません。

ですので、あまり人には言わないようにしてきました。

でも最近はインターネットのおかげで、同じような人がいることが分かり、ちょっと安心して指摘できるようになりました。

話さないだけで、花粉症で寒気や悪寒がしている人って、意外といるのかも知れません。

次は、花粉症で寒気や悪寒があるとき、どうやって風邪と見分けるのかについて。

スポンサーリンク

花粉症で寒気や悪寒がする。風邪との違いは?

花粉症と風邪の諸症状は、よく似ていますね。

寒気や悪寒がしたとき、花粉症か風邪かを見分ける一番のポイントは“熱”。

熱がなければ花粉症の可能性が高いです。まれに花粉症でも37℃ちかくの微熱が出たりしますが、たいていは平熱。

実際、厚生労働省の花粉症ガイドにも以下のように書かれています。

Q. 熱がある?
a. 熱はない・あるいは37.5℃以下
b. 37.6℃以上

出典:厚生労働省「的確な花粉症の治療のために」

これは、花粉症と風邪を見分けるためのQA。

熱がない、あるいは熱が37.5℃以下であれば花粉症という診断です。どうやらと37.5℃というのが一つの目安みたいですね。

私は37.5℃まで体温が上がったことはありませんが、37℃ぐらいなら経験あります。微熱が出ることはあるみたいですよ。

この診断方法以外にも、鼻水の色を見る方法が書かれていました。

鼻水の色が透明で、サラサラしているのであれば花粉症。黄色や緑っぽくて、粘りがあれば風邪の可能性が高いです。

その他、くしゃみが酷かったり、目に痒みがあるものも花粉症独特の症状ですね。

花粉症の可能性が高い症状

  • 寒気や悪寒がして熱がない、または37.5℃以下
  • 鼻水が透明でサラサラしている
  • くしゃみが酷い
  • 目に痒みがある

次は花粉症で、寒気や悪寒がするときの対策を見ていきましょう。

花粉症で寒気・悪寒がするときの対策

寒気

私の場合はなんですが、花粉症で寒気や悪寒があって、さらにだるくなるようであれば、一眠りするとスッキリすることが多いです。

もし身体がだるくないのであれば、身体を暖めていれば治まります。

一眠りできないときは、仕方ないので花粉症の薬を飲みますね。だいたいこれで治まります。

でもなるべくなら、寒気や悪寒が起きないようにしたいですね。

花粉症で寒気・悪寒を防ぐための対策

私の経験上なのですが、寒気や悪寒がするのは、花粉を吸い過ぎたときに多い気がします。

ですので、基本的には花粉を吸い込み過ぎないようにすることが大切。

最近の花粉症の薬は良く効くし眠くなりません。ですので薬を飲んでいると、ついマスクをしないで花粉を吸い込みすぎてしまいます。

花粉の酷い日は、花粉症の薬を飲みつつマスクをするのがベストかと。

あとは花粉が飛散し始めた頃や、花粉が減ってきた頃に、寒気や悪寒を感じることがあります。

この時期は、身体が花粉に慣れていなかったり、花粉対策を十分していなかったりするので、影響を受けやすいのかなと。

そういったケアも含めて、普段から飲める以下のお茶もオススメ。

花粉症に効くお茶を見つけた!緑茶に漢方成分入り、子供も飲める

2018年1月15日

まとめ

花粉症で寒気や悪寒がするけど、熱はないってことはよくあります。

と言っても医学的な根拠などはないので、あくまで推測や体験ベースの話。

30年ちかく花粉症なんですが、未だにこの寒気と悪寒には慣れません。寒気や悪寒がすると、最初は風邪かと思ってしまいます。

花粉症か風邪かを見分けるには、37.5℃を一つの目安にすれば良さそうですね。鼻水の色を確認したり、目の痒みをチェックするのも役立ちます。

花粉症を発病している友達でも、寒気と悪寒については理解してもらえません。寒気や悪寒を感じている人は、そんなには多くないのかも。

私の場合は、もともと自律神経が狂いやすく、寒暖差によるダメージも受けやすい。それにお腹も弱いので、花粉のひどいときには下痢になることもあります。

もしかしたら、こういったタイプの人が、花粉症で寒気や悪寒が出るのかも知れませんね。

私の場合は以下のお茶が良かったので、同じような人は試しても良いかもしれません。

花粉症に効くお茶を見つけた!緑茶に漢方成分入り、子供も飲める

2018年1月15日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です