花粉の掃除方法と、掃除に相応しい時間、侵入経路を紹介

掃除

いつの間にか家の中に侵入している花粉。

せめて家の中では、気持ちよく過ごしたいのに。

花粉の掃除方法と、掃除に相応しい時間、侵入経路について紹介します。

スポンサーリンク

花粉の掃除方法

花粉の掃除方法は、掃除する場所によってポイントが違います。

花粉が落ちた床を掃除する

床を掃除する場合は、水拭きを優先します。

掃除機をかけたい場合は、その後にするのが効果的。

先に掃除機をかけてしまうと、花粉が空中に舞い上がって、残ってしまいます。そのあたりは、以下の図を見るとはっきり分かります。

先に掃除機をかけると、結構な量の花粉が舞い上がって、残ってしまうんですね。

というわけで水拭きを先にしましょう。

私の場合はクイックルワイパーを利用してます。クイックルワイパーの「立体吸着ウェットシート」が便利。説明書きのところに花粉も取れると書いてますしね。

そのあと、水拭きがしにくい場所には掃除機をかけてます。

掃除機を掛けている間は、空気清浄機は付けっ放しにしておきましょう。

そうすれば舞い上がった花粉を吸ってくれるはずです。

花粉が落ちた畳を掃除する

畳は水拭きをすると、イグサの油がとれて痛みやすくなるそうです。

イグサは自然の草ですので、水拭きで痛むってのは何となく分かりますね。だから、水拭きはしたくありません。

そこで、クイックルワイパーの「立体吸着ドライシート」が、クイックルワイパー「ハンディ」を使います。

どちらも乾燥タイプだし、花粉を吸着するという説明書きがあるのでピッタリ。

そのあと、空気清浄機を付けっ放しにしながら掃除機を掛けます。

ただ最近は、そこまでしなくても大丈夫かなと思ったので、寝室以外は掃除機&空気清浄機だけにしてます。

花粉が落ちたカーペットを掃除する

カーペットの繊維には花粉が絡まりやすいそうです。

ですので、カーペットには掃除機をゆっくりとかけて、取りのぞきます。でも普通にやると排気口から花粉が抜けて、空中に舞い上がってしまいそう。

そこで掃除機を掛ける前に、花粉を固めるスプレーや、不活性化するスプレーをかけて、花粉を無効化しておきます。

このようにしておけば、舞い上がっても安心。

もちろん空気清浄機は付けっ放しにしておいて、舞い上がった花粉は残さずキャッチです。

花粉に触れたカーテンを掃除する

カーテンは窓際にあるので、どうしても花粉が付着しやすいです。

特にレースカーテンは内側にあるので、より付着しやすいかと。

このレースカーテンを掃除するときは、花粉を固めるスプレーか不活性化するスプレーをかけて、花粉を無効化しておきます。

そのうえで、カーテンを払って花粉を落とし、クイックルワイパーなどで拭きましょう。

順番的には床の掃除をする前に、カーテンの掃除をしておくと良いですね。

次は花粉の掃除に相応しい時間についてです。

スポンサーリンク

花粉の掃除に相応しい時間は?

花粉の掃除に相応しい時間は、花粉が床に落ちていて、落ち着いている状態のとき。

生活のリズムでいったら、朝起きてすぐとか、家に帰ってきたばかりのタイミング。

つまり、人の動きがなくて、花粉が舞い上がっていないときに行います。

そういった時間が見つからない場合は、加湿することで早く花粉を落とすことができます。

花粉は加湿すると重くなって落ちてくるので、湿度を60%などにして30分も待てば、床に溜まっていると思います。花粉の落下速度は、1秒間に3cmらしいので。

花粉を掃除するのに換気したい場合はいつ?

掃除をするときは、できれば窓を開けて換気しながらやりたいですね。

でも花粉が飛んでいる時間に窓開けたら、掃除の意味がありません。

換気をしながら掃除をするなら、次のタイミングがオススメです。

  • 雨が降った後
  • 早朝9時ぐらいまで
  • 夜間20時以降

花粉の時期の換気について、やり方や時間帯をもっと知りたい場合は、以下の記事がオススメです。いつどのように換気をすれば良いのか、わかりますよ。

花粉症だけど換気したい。時間帯や方法、掃除はどうする?

2018.02.24

次は、花粉がどこから入ってくるのか、その侵入経路について。

花粉の侵入経路はどこ?

花粉は窓から侵入

花粉は、窓を閉めていたとしても、サッシの隙間から入ってきます。

だから窓の付いている部屋であれば、いくら気を付けていても、花粉が侵入しているはず。

カーテンを閉めていれば、レースカーテンに付着しているか、その下に溜まっていることでしょう。

窓際付近は、花粉が溜まりやすいです。

花粉は通気口から侵入

通気口があれば、当然そこから入り込んできます。

通気口用のフィルターをつけると良いのですが。

通気口の近くも花粉が溜まりやすい場所です。

花粉は服に付着して侵入

花粉は服に付着して入ってきます。

髪の毛にもたくさん付いているそうです。

服に付着しているということは、ハンガーラックや、クローゼットの付近が要注意。あとは着替えをする脱衣所にも、多く落ちてそうですね。

身体に付着した花粉を玄関で払っていれば、玄関にも溜まります。

参考文献:花王株式会社 生活者研究センター 「花粉に関する生活者実態とその対策の検証」」

こういったところは、より気を付けて拭き掃除する必要があります。

まとめ

花粉の掃除方法と、掃除に相応しい時間、侵入経路について紹介しました。

家の中の花粉は、放っておくとドンドン溜まっていってしまいます。

定期的に掃除をしないと、外よりも家の中のほうが花粉が酷いということになりかねません。

家を閉め切っていても、窓の隙間や服に付着して、花粉は入り込んできます。

掃除をするときは、拭き掃除をメインにして、花粉をあまり舞い上げないように気を付けましょう。舞い上がった花粉は、空気清浄機でキャッチです。

毎日の掃除を考えると、花粉をフィルタリングできるダイソンの掃除機が欲しいですね。いつかは買いたいと思うのですが、なかなか・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です