初節句のお祝いののし袋の書き方!表書きや中袋、お札の入れ方について

御祝のし袋

初節句のお祝いののし袋。

どういった祝儀袋が必要で、表書きや中袋はどう書くのか。

また、お札の入れ方はどうするのかについて、紹介しています。

スポンサーリンク

初節句のお祝いののし袋の書き方!

初節句 のし袋
初節句ののし袋のポイント

  • 祝儀袋:のし付き
  • 水引:紅白紐の蝶結び
  • 表書き:御祝、初節句御祝、初雛御祝、初幟御祝
  • 署名:自分の名前(あるいは連名)

初節句のお祝いののし袋を買うときは、紅白紐で蝶結びの水引があるものを選びます。

ただ最近は、もっと可愛いのし袋などもあるので、そちらでも良いと思いますけどね。

そして、のし袋に書くとろこは2箇所。表書きと署名。

とりあえず、これだけ押さえておけばOKかなと。

気をつけたい点だけ、もう少し細かく解説しますね。

初節句ののし袋の水引に注意

のし袋を買うときは、水引に注意です。

というのも、水引には3つの種類があるので、間違いやすいんですね。

初節句のお祝いに使う水引は、紅白紐の蝶結びです。

■蝶結び(別名、花結び)

もちろん、わざわざ蝶結びを選ぶのには、意味があります。

蝶結びは簡単に解けることから、何度あっても良いお祝いに使われるんだとか。

というわけで、他の水引と間違わないように気をつけましょう。

他にも、結び切り、あわじ結びという水引があります。

■結び切り
結び切り

■あわじ結び(別名、鮑結び)
あわじ結び

初節句ののし袋の表書き

表書きには、御祝、初節句御祝、初雛御祝、初幟御祝のいずれかを記述します。

とくに決まりはないので、好きなものを選んで良いみたいですよ。

ただし、「初雛御祝」は3月3日の雛祭りのみ、「初幟御祝」は5月5日の子供の日のみ。

ちなみに私は、何となく字面が良い気がしたので、「初節句御祝」を選びました。

のし袋の書き方は以上となります。

次は、のし袋の中袋について。

スポンサーリンク

初節句ののし袋の中袋の書き方

祝儀袋には、立派なものだと中袋が付いてます。

この中袋の表書きには、金額を書きます。

※印刷タイプののし袋だと、中袋がついてません。それについては後述してます。

のし袋の中袋の表書き

まず、一番上に「金」の文字を。

そして大字と呼ばれる漢字を使って、金額を書いていきます。

大字とは、壱、弐、参みたいな漢字の数値のこと。

これに、万円や千円などお金の単位を付けます。しかし、この単位も旧字体にするとカッコイイので、そちらがオススメ。

この大字+旧字体との組み合わせは、いくつかパターンがありますので、それらを紹介しておきます。

■5千円の場合
五阡圓
五阡円
五仟圓
五仟円

■1万円の場合
壱萬圓
壱萬円

■3万円の場合
参萬圓
参萬円

と、こんな感じで書くのが伝統的らしいのですが、今は漢数字や数値で書いても良いみたいですよ。

最後に注意点を1つ。金額のあとに「也」は付けなくOKです。「也」というのは、1円以下のお金があった時代のなごりなんだとか。

次は、中袋の裏側について。

のし袋の中袋の裏側

 

中袋の裏側には、贈り主の住所と氏名を書きます。

これは、お祝いされる側への配慮となるので、キチッと書いておきましょう。

というのも、祝儀を受け取った方の立場としては、内祝いを贈るときに、住所や氏名が必要となります。

そのときに、住所と氏名が分からないと、調べるのに手間が掛るんですよ。

現金書留を利用した場合でも、受け取った方はつい封筒を捨てしまいがち。ですから、中袋の裏側には、住所と氏名を書いておいた方が良いと思いますよ。

印刷タイプののし袋で中袋がついてない場合

印刷ものののし袋だと、中袋がついていません。

その場合は、のし袋の裏側に金額と住所を書くのがオススメ。

裏側の左下あたりにまとめて書いておきましょう。

 

先程も書きましたが、住所と氏名が書かれていないと、内祝い贈るときに困りますから。のし袋を貰う方になって、初めて分かることです。(^_^;)

次は、中袋へのお札の入れ方について。

初節句ののし袋の中袋へのお札の入れ方

中袋へのお札の入れ方

お札の入れ方にも、決まりがあります。

どう入れるかというと画像の通り。取り出してすぐに肖像画が出るように入れればOKです。

お札の向き

そして、お札には新札を用意することがオススメされています。

が、新札を使う理由は諸説あって、あまりハッキリとは分かりません。新札のほうが、気分的にはいいですけどね。

新札は、銀行に行くと両替してもらえますよ。あるいはATMでガッツリ下ろすと新札が入っていたりも。

ちなみに私は、気にせず旧札を入れました。

しょせん身内だから良いかなと思って。

まとめ

初節句のお祝いのし袋の書き方についてまとめました。

のし袋は、紅白紐で蝶結びの水引があるものを買ってください。

あとは書き込むだけなんですが、普段パソコンばかり使っていると、まともに字が書けなくなってます。

私も一生懸命書いてみたんですが、小学生以下の文字でかなり絶望しました。

とても、大人の文字とは思えず・・・。

というわけで、いきなり本番にしないで、ちょっと練習してからの方が良いですよ。

あるいは代筆をお願いするのも手かも。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です