初節句の女の子へお祝いの金額は?食事会もある場合と手土産について

初節句

初節句の女の子に、お祝い金をいくら包むべきか・・・

こういうのって、決まりがないから迷いますよね。

金額が多くても少なくても微妙ですし。

そこで初節句のお祝い金の相場、食事会もある場合の金額、手土産についてまとめました。

スポンサーリンク

初節句の女の子へお祝いの金額は?

まず、手元にあるマナー本2冊を参考にしてみます。

マナー本による雛祭りのお祝い相場

子供との続柄 お祝い金額
祖父母 3万円〜5万円
その他親戚 5千円〜1万円
友人 3千円〜5千円

これがマナー本による相場なんですが。

私の体験では、もう少し上かなと。

身近な人やネットでの意見も参考にして、相場をまとめ直してみました。

個人的に思う雛祭りのお祝い相場

子供との続柄 お祝い金額
母方の祖父母 10万円〜30万円
父方の祖父母 0〜5万円
伯父伯母 1万円
その他親戚 1万円
友人 5千円〜

もちろん、地域や年代によって相場は違うと思うんですけどね。

私が話を聞いた人は、みんな田舎に住んでいる30〜40代の夫婦です。

母方の祖父母が高いのは、雛人形を買うという慣習が残っているから。

あと、父方の祖父母は一切お金を出さないケースもあったので0円〜としました。

母方の祖父母は雛人形を買うので

昔ながらの習慣で、雛人形は母方の祖父母(つまり妻の両親)が買うケースが多いようです。

うちでも、雛人形を買うときに、やはり母方の祖父母が20万円ほど出してくれました。

ただし今は、両家で折半して雛人形を買うケースも増えているとのこと。

雛人形にお金を出した祖父母は、初節句のお祝い金は不要です。

伯父伯母は1万円

伯父伯母は、1万円包むという意見が多かったです。

実際うちでも、姪っ子の初節句に夫婦で2万円を包みました。

キリの良い数字だし、アラフォーという年齢もあって、夫婦1万円だとちょっと少ないかなと思いまして。

次は、初節句にお食事会もある場合の金額について。

スポンサーリンク

初節句で食事会があるときのお祝い金

これについても、まずはマナー本を見てみましょう。

マナー本によれば、外食でのお食事会をする場合は、相手の負担も考えて+1万円とするのが良いという話が載ってました。

料亭やホテルでの食事は、少なくとも5〜6千円はするでしょうから。

確かに、+1万円しておけば、間違いないとは思います。

ただ、これが正解なのかは分かりません。

私が姪っ子の初節句に行ったときは、そのあたりも親族間で相談していて、食事代は不要ということになりました。結局、祖父母が支払うことに。(^_^;)

それと、お互いに面倒になるからと、内祝いはいらないことを伝えました。それもあって、トータルで主催者の方に負担は掛かってません。

ですので、食事代をプラスするかどうかは、家族間での相談次第ですかね。

面倒がないパターンとしては、食事代も不要で内祝いも無しが良いかなと。

次は、お祝いの金額と一緒に贈りたいものについて。

初節句の女の子への手土産

お祝いの金額にプラスして、手土産を持っていく人も多いみたいです。

また、マナー本でも手土産をオススメしてました。

というわけで、どんな手土産が喜ばれるのかというと。

桃の節句にまつわる菓子折り

間違いないところとしては、桃の節句にまつわる菓子折り。

2〜4千円ぐらいのお菓子を持っていけば、ちょうど良いかと思います。

子供服

子供服も喜ばれます。

ただしママの趣味にあってないと、着てもらえないですけどね。

そのあたりは要チェックで、見た目とか肌触りとか、それとなく聞いておいたほうが良いと思います。

うちでもたくさん服を貰いましたが、着なかった服けっこうありますよ。

あと、今現在は服が余ってるかもしれないので、ちょっと大きめのサイズを贈るのがオススメ。

おもちゃや絵本

おもちゃと絵本のプレゼントは、いつでも大歓迎。

ただし、小さい子供の場合は、おもちゃとして安全性が確保されてる製品が良いかと思います。

これは、日本の玩具メーカーやヨーロッパ製品ならたいていOK。

手頃なお値段で、意外と子供が持ってないオススメのおもちゃを紹介しておきます。これ結構ウケますよ!

まとめ

初節句の女の子へのお祝いの相場と、食事会もあるケースのお祝い金、手土産についてまとめました。

初節句の女の子へのお祝いの相場は、続柄によって違います。

祖父母の場合は、かなりの出費になりますけど、これを渋るとのちのち尾を引くこともあるみたい。。(^_^;)

また、初節句のお食事会に呼ばれた場合は、食事代も含めたほうが良さそうです。

もし相談できる場合は、食事代なし内祝いなしも面倒がなくてオススメですけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です