雛人形のお下がりはダメ?母から娘へ親子代々継ぐものと断り方について

雛人形 ひな祭り

雛人形のお下がりって、ダメなんでしょうか?

立派なものだから、あるいは代々のものだから。

さまざまな理由で、雛人形を母から娘へ継がせたい場合があります。

その辺りのことと、お下がりの断り方について書いてます。

スポンサーリンク

雛人形のお下がりはダメ?

雛人形のお下がりはダメ。

という意見をよく聞きますね。

その理由としてよく挙げられるのが、「雛人形は厄除けの身代わりだから」ってやつ。

雛人形は厄除けの身代わり?

この意見のもとになるのは、だいたい次のような話です。

雛祭りの日は、もともと厄を祓う日でした。ひとがたの紙に厄を移して、海に流して祓っていたそうです。

これは、源氏物語にも載っている間違いのない話。

そして、それが発展して流し雛となり、それを飾るようになったのが雛人形。

だから、雛人形は厄除けの身代わり。1人につき1つの雛人形のセットが必要なんですよというもの。

で、これが真実かというと、そこは誰にも分からないんですね。

というのも雛人形の起源については、諸説ありますので。

雛人形の起源には諸説ある

ひな祭りの日は、もともと上巳の日といって、古代中国から伝わったものでした。

厄除けの禊を、海や川で行っていたそうです。

それが日本に伝わり、源氏物語では、上巳の日に陰陽師とともに形代を海に流すシーンとして登場します。

ここまでは、異論のないところ。

その後、雛人形が登場して定着するまでがハッキリしないので、意見が別れます。

前述のとおり、流し雛が起源という説もあるんですが、これを強く否定する説も。流し雛は淡路信仰によるもので、雛人形とは名前似ているだけとか。

また、雛人形は貴族の幼女たちの「ひいな遊び」という人形ごっこだったという説。

あるいは、宇治人形、弥八人形、市松人形の様に、雛人形という単に人形の呼び名だったという説。

厄除けや身代わりの人形は「あまがつ」や「ほうこ」であって、雛人形ではないという説などがあります。

というわけで、雛人形が身代わりかどうかは、ハッキリしないんですね。

ですから、雛人形のお下がりがダメかどうかは、どの説を信じるか次第。つまり、自分次第です。

次は、雛人形を親子代々継いでいるケースがあるので、紹介しておきます。

雛人形を親子代々継いでるケース

今でも雛人形を代々継いでいる家ってのは、わりとあるみたいです。

とくに由緒ある旧家に多いらしい。

なかには、江戸時代から伝わる雛人形があるというお宅も。

400年以上の歴史がある雛人形が存在してるなんて、素晴らしいですね。

ここでちょっと疑問に思うのが、もし雛人形が昔から厄除けの身代わりであったのなら、受け継がれてこなかったんじゃ?って逆説的に思うわけですよ。

あるいは400年分の厄を持っているのか。。(笑)

でも、華族や藩主など立派な旧家でも受け継がれているので、厄除けとか身代わりっていうんじゃない気がするんですよね。

いずれにしろ、すでに雛人形を代々受け継いでる家がたくさんあるので、厄災があるなどと言うことは、ないのではと思います。

それでも、どうしてもお下がりが嫌な場合は・・・。

雛人形のお下がりの断り方

お下がりが嫌な場合は、なんとか断るしかないですね。

よくある、断り方についてまとめました。

義実家からの雛人形を断るケース

「嫁の実家が雛人形を用意する風習がありまして」

「嫁の実家の方で、すでに準備していまして」

こういった断り方をする人が多いみたいです。

姑との関係によっては、旦那さんに言ってもらったほうが良さそうですね。

自分の実家からの雛人形を断るケース

「旦那と相談して、自分たちで新しいものを買うことにした」

まぁ自分の実家ですので、あえて説明もいらないかもしれませんけどね。

まとめ

雛人形のお下がりは、ダメなのかどうかについて書きました。

結論としては、ダメってことは、ないのかなと。

雛人形は厄除けの身代わりという説もありますが、諸説ありますので。

また、実際に雛人形を400年以上継いでいるお家もあります。

そういった例も考えると、どちらかというと、身代わりではなくタダの飾りじゃないの?って気もしてくるわけです。

というわけで、一番納得できる方法でOKだと思いますよ。

<参考文献>
雛祭り文化普及協會「雛祭り起源考」

以下の記事もオススメです。

[kanren postid=”4950,4944″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました