初節句の女の子には何をする?衣装や誰を呼ぶのか、お返しについて

初節句 ひな祭り

3月3日はひな祭り。

初節句の女の子に、お祝いをしないとなんだけど。

何をすれば良いのか分からない。。

いざ自分が親になってみると、分からないことって多いですよね。

初節句の女の子には何をすれば良いのか、誰を呼ぶのか、お返しはどうするのかについて書いてます。

スポンサーリンク

初節句の女の子には何をする?

初節句のお祝いの仕方ついて、マナー本などを参考にまとめました。

雛人形を飾る

雛人形は、1週間〜1ヶ月ぐらい前には出しましょう。

できれば縁起の良い日(大安など)に出すと、良いみたいですよ。

一夜飾りは縁起が悪いといわれているので、ギリギリにならないよう注意です。

被布着を飾り立てる


被布着とは、着物の上にはおる上着のこと。

雛祭りの必需品ではないのですが、雛人形と一緒に飾っているお家も多いと思います。

というのも、最近は雛人形のおまけに付いてくるので。

写真を撮るときなど、子供に着せます。

名前旗をたてる


ひな祭りに飾る伝統はないのですが。

あると立派な感じがするのが名前旗。

やはり、雛人形のおまけで付いてきたります。

おそらく端午の節句の影響なんじゃないかと。

自宅で初節句のお祝い

初節句のお祝いは、自宅で行うのが昔ながらのやり方。

特別な飾り付けは必要ありませんが、桃の枝が一振りあると雰囲気が出ます。

この時期には、造花の桃の枝とか売ってますしね。

そして、家族で桃の節句のお祝い料理を食べます。

雛祭りに食べる料理

雛祭りに食べる料理には、定番があります。

[aside type=”boader”]雛祭りの定番料理

  • 白酒・・・もともとは「桃花酒」。
  • 菱餅・・・3色はそれぞれ、健康、厄除け、清浄の意味。
  • ひなあられ・・・菱餅と同じ意味。
  • はまぐり・・・女性の貞操を意味する。
  • ちらし寿司・・・特に意味はない。

[/aside]

雛祭りの定番といえば、この5つ。

白酒の代わりに、甘酒を飲むお家も多いみたいですよ。ノンアルコールの甘酒があるので、子供にも飲ませることができます。

はまぐりについては、お吸い物が一般的。

ちらし寿司は、特に由来がないので、ふつうのお寿司でも何でも良いと思います。

あと、この他に桜餅や柏餅を食べることも。この2つは、桃の節句と関係ないですけどね。

お店でお食事会

今は住宅事情や後始末を考えて、お店で初節句のお食事会をする家庭も増えてます。

家にたくさん人を招いてお食事を出すのって、大変ですからね。

記念写真を撮る

雛祭りの記念に、立派な写真を撮りに行く家族も多いようです。

写真館やフォトスタジオでは、着物をレンタルできますし。

混雑する可能性があるので、先に予約しておいた方が良いと思います。

神社で祝詞

身近には聞いたことがないのですが。

地域によっては、神社で祝詞をあげてもらう風習があるそうです。

女の子が早生まれの場合

子供が1月〜3月など早生まれの場合、初節句を翌年にすることが多いようです。

うちの子も3月生まれだったので、翌年に延期しました。

次は、初節句の女の子衣装について。

初節句の女の子の衣装

初節句に着る衣装について、特に決まりはありません。

ただ、日本の伝統行事なので、できれば着物を着せたいですね

子供用の着物

子供用の着物は、そんなに高くありません。1万円ぐらいから購入できるものも。

しかも着付けが簡単に終わるよう、工夫されています。

値段が気になったら、レンタルもありますしね。

そこまで用意しなくて良いと思ったら、類似品もありますよ。

袴風のカバーオール

お手頃値段でオススメなのが、袴風のカバーオール。

見た目にも袴を着ているようにみえるし、なにより可愛いです。

他のイベントでも使えるので、便利ですよ。

うちでもコレを買いました。

巫女風のロンパース

同じようなノリで、巫女風のロンパースもあります。

こちらも使い回せるので、便利ですよ。

次は、初節句のお祝いには誰を呼ぶのかについて。

初節句のお祝いには誰を呼ぶ?

初節句のお祝いは、一家総出というのが昔のスタイルでした。

親戚縁者を集めて、盛大な宴席を開くのがスタンダードだったようです。

しかし、現代ではそんなに人を呼びません。

家族だけで小さくお祝いすることも多いし、呼んだとしても祖父母までだったり。

叔父叔母などは、お互いの負担も考えて、呼ばないケースも多いようです。

うちも祖父母が遠方でしたし、家族だけでお祝いしました。

招待してもおかしくない範囲を載せておきます。

[aside type=”boader”]初節句のお祝いに招待する人

  • 祖父母
  • それ以外の親戚
  • 仲人
  • 友人
  • お祝いをくれた人

[/aside]

次は、初節句のお祝いのお返しについて。

初節句のお祝いのお返し

初節句のお祝いのお返しは、必要な人と不要な人がいます。

初節句のお祝いのお返しが必要な人

お祝いのお金を頂いたけど、お祝いの席に招くことができなかった人。

この場合は、お祝い金の半額程度を、内祝いとして贈るのが一般的。

内祝いの品物には、のし紙を掛けます。

のし紙は、紅白の蝶結びの水引きのもので、赤ちゃんの名前を書きます。

簡単なお礼状も添えておきましょう。

内祝いは早めに贈ったほうが良いのですが、遅くとも3月中に出すのがマナーだそうです。

初節句のお祝いのお返しが不要な人

初節句の祝いの席に招いた人には、お返しは不要です。

一緒にお祝いしたことが、お返しになるんだとか。

と、いくつかのマナー本に書いてました。

つまり、祖父母などを招待した場合は、内祝いは要らないということです。

まとめ

女の子の初節句には何をするのかについて書きました。

雛人形は1週間前には飾っておきましょう。

そして当日は、お祝いの料理を家族で食べ、女の子の無事の成長を願います。

食事を用意するのが大変なら、お店を利用するのも、今ではふつうのこと。

祖父母の世代とは、いろいろ差がありそうですね。^^;

個人的には、しっかりお祝いできれば、形式には拘らなくても良いんじゃないかと思います。

以下の記事もオススメ。

[kanren postid=”4037,4950″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました