雛人形は誰が買うもの?両家が納得する方法と義実家の無反応について

雛人形誰が買う? ひな祭り

初孫のひな祭りにソワソワしだす祖父母。

雛人形は、嫁の両親が買ってくれるそうです。

いっぽう、夫の両親は特に反応なし。。

この反応の違いに、「これが普通なの?」と、ちょっと違和感。

雛人形は誰が買うものなのでしょうか?

両家が納得する方法と、義実家の反応について書いてます。

スポンサーリンク

雛人形は誰が買うもの?

一般的な慣習では、雛人形は母方の祖父母が買うものらしいです。

でも、なぜ母方なんでしょうかね?

雛人形を母方の祖父母が買う理由

どうやら江戸時代〜幕末にかけて、雛人形は大切な嫁入り道具の1つだったみたいです。

特に身分の高い武家においては重要アイテム。婚家の格を示し、家と家の結びつきを表すもので、嫁入り道具の中心になるようなものでした。

つまり昔は、母方の実家が雛人形を用意し、嫁入りのときに持参するもの。

その名残で、現代でも母方の実家が用意するものとなったわけです。

現代の「嫁入り」においては?

現代の嫁入りでは、嫁入り道具を持参しなかったり、結納をしなかったり、夫の両親と同居しない夫婦も多いと思います。

で、何が言いたいのかというと、嫁入り道具や結納や同居をすっ飛ばしたのなら、雛人形の習慣もこだわる必要がないんじゃないかと。

母方の祖父母が出す理由も、なくなっているのではと思うわけですよ。

今は両家で出すというケースも

実際、今は両家で話し合って、雛人形の費用を折半することもあるようです。

次は、雛人形で両家が揉めないための方法について。

雛人形で両家が納得する方法

両家が揉めないためには、自分たちで雛人形を買うのが一番。

嫁の両親が買うと言ってくれた場合は、お祝いとして先にいただく。夫の両親もからも援助があったら、やはりお祝いとしていただく。

で、お互いの家には、いくら貰ったかは言わない。

こうすると、自分たちにもいろいろメリットがあります。

[aside type=”boader”]

  • 好きな雛人形を選べる
  • 自分たちで選んだので毎年満足できる
  • 両家で無駄なマウント合戦が起きない

[/aside]

実際うちでは、このようにして自分たちで雛人形を選びました。

初節句のお祝いも雛人形を飾っただけなので、両家の問題も特になかったです。

次は、義実家の無反応具合について。

初節句の雛人形における義実家の反応

義実家=夫の両親ということで書きます。

実は、うちの両親は雛祭りに関して、何も反応がなかったんですね。

雛人形どころか、特になにも連絡がなく。

しかし、田舎の本家で行事ごとはいろいろ経験しているはずなので、雛祭りにはあえて口を出さなかった可能性もあります。

それに普段のお祝いには、贈り物を貰ってるわけで。

このあたり世代の差や、考え方の違いがあるので、なんとも難しいですね。

しかし、何となくですが、嫁さん側に申し訳なかったようなモヤモヤを感じてしまいます。

自分たちが祖父母の立場になったときは、雛祭りであっても子供の日であっても、お祝いを現金で贈ろうと思いました。

なんていう、余裕のある老後を迎えたいと祈ってます。(汗)

まとめ

雛人形は、母方の祖父母(嫁の両親)が買うというのが慣習みたいです。

その理由は、昔は嫁入り道具として重要なものだったから。

身分の高い武家において、雛人形は嫁の実家の格を表すものだったそうですが。

今でも、そういった意味で贈っている傾向はありますね。

そして、初節句のお祝いについて両家が揉めないためには、自分たちで雛人形を買うのがオススメ。

いただいたお祝い金については、あえて親に喋る必要はないのかなと思います。

最近は、いろいろなタイプの雛人形があって、目移りしますね。

こちらの記事もオススメです。

[kanren postid=”4037″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました