コンクリートにいる赤いダニは害があるの?駆除方法と発生源も紹介

赤いダニ

庭のコンクリートの上に、小さな赤いダニがウヨウヨ。

赤い色をしているだけに、ちょっと不気味です。

それを見て、子供やペットに害はないのか不安に思った人も多いはず。

小さな赤いダニに害はあるのか、駆除方法、発生源について紹介します。

スポンサーリンク

コンクリートにいる赤いダニは害があるの?

このコンクリートの上にいる赤いダニは、基本的に無害です。

このダニに刺されたという話は、外国の1例しかないようなので(参考文献より)。

それ以外だと、ダニの体液に触れて肌が荒れたという例があるそうです。

赤いダニの正体は、カベアナタカラダニ。一般的にはタカラダニと呼ばれています。

タカラダニは乾燥や暑さに強く、日当たりの良いコンクリートやブロック塀などを好みます。これは、タカラダニが花粉や胞子を食べることに関係しているんだとか。

雨の日や曇の日よりも、晴れている日中に活発に動き回ります。

タカラダニの活動期間

タカラダニの活動期間は4月〜6月ぐらいまで。梅雨の時期になるといなくなります。

ですので、見なかったことにして放っておけば、自然といなくなります。

でも大量に発生した場合は、不安を覚えますね。放っておけば年々増えていく可能性も。

また、窓際で発生した場合は、家の中に入ってくる可能性もあります。

そこで次は、庭のコンクリートに出た場合の駆除方法について紹介します。

スポンサーリンク

コンクリートにいる赤いダニの駆除法

タカラダニには、殺虫剤がとても有効です。

私も以前マンションに住んでいたときは、殺虫剤を使って駆除していました。

タカラダニには殺虫剤がよく効く

マンションに住んでいたとき、ベランダにタカラダニが出たことがあったので、そのときは殺虫剤で駆除してました。

殺虫剤といっても、身近にあったゴキジェットですけどね。たぶん殺虫剤であれば何でも効くんじゃないかと。

しかし、殺虫剤だと目の前にいるタカラダニしか退治できません。

そこで、残効性のある殺虫剤をまいて駆除することにしました。

残効性のある殺虫剤を、あらかじめダニが来そうな部分にスプレーしておきます。するとそこを通ったタカラダニを殺虫できます。

何回も殺虫剤をかける必要が無いので、手間も掛かりません。

ベランダのタカラダニを駆除した話については、以下の記事を参考にしてください。

ベランダに出た赤いダニの正体は?駆除方法、予防策について

2018.05.10

でも、この残効性のある殺虫剤は自然に良くなし、子供とペットがいるので、できれば使いたくないですよね。

庭のコンクリート部分には、子供が座り込むことがあるし、ペットが丸まっていることもあります。

そこで次の方法を使って、地味に駆除することにしました。

タカラダニを熱湯で駆除する

タカラダニに熱湯をかけると駆除することできます。

まぁタカラダニじゃなくても駆除できますけどね。(^_^;)

よくタカラダニは水で流すと良いなんて話を聞きましたが、それだと殺虫にはなりません。水で流れていくだけです。

しかし一度熱湯をかけたぐらいでは、なかなか駆除しきれません。数日すると元通りウヨウヨしているので、熱湯をかけるのを何回か繰り返します。

すると徐々にですが減っていくので、根気よく続けるのが大切。

完全に駆除できなくても、数が減っていれば良いのではと思います。

コンクリートの範囲が広いと心が折れるので、これはコンクリートの範囲が狭い場合だけ使える方法だと思います。

また、日陰の部分にはいないので、日当たりの良いところだけを狙いましょう。

次はタカラダニの発生源について。

赤いダニの発生源は?

タカラダニは一度発生すると、毎年のように同じ場所から湧きます。

これはその場所に卵を産み付けるからなんですね。

だから発生源を見つけて、しっかり対処をする必要があります。

タカラダニが卵を多く産み付けるのは、コンクリートや外壁などの割れ目や隙間。そしてここが大事なんですが、雨の入り込み難いような場所に多いらしいです。

屋根の下に位置するコンクリの割れ目や、外壁の割れ目なんかはアヤシイですね。

タカラダニがどこから出ているのかを観察すれば、そういった部分も見つけやすいと思います。

そして割れ目や隙間に殺虫剤をしたり、パテなどで埋めるのが有効です。ワンタッチのモルタルやコンクリ補修材などありますので。

うちでもアヤシイ部分の隙間を、コンクリ補修材でなるべく埋めるようにしました。

<参考文献>
東京都健康安全研究センター:カベアナタカラダニの生態に関する観察事例
東京都ペストコントロール協会:カベアナタカラダニの生態と防除

まとめ

コンクリートにいる赤いダニの正体は、カベアナタカラダニ。

そしてこのダニは、基本的には害がないと言われています。

ですので放置しておいても大丈夫。放っておけば、梅雨の時期には消えています。

しかし毎年のように繰り返し湧くので、気になるようでしたら駆除しましょう。

ちなみに「カベアナタカラダニ」という名前の由来は、“壁の穴にいるからカベアナ”というわけではないそうです。違うんですね。(^_^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です