車のエンジンがかからないし音もしない!けど電気はつく場合の対処法

車キー 自動車

車に乗って、キーを回したけどエンジンが掛からない。

いくら回しても、ウンともスンとも音がしない。

「あれっ、バッテリー?」

と思ったけど、カーナビやラジオ、ルームランプは付いている・・・。

そんなときの原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

車のエンジンがかからないし音もしない!けど電気はつく

この場合、バッテリー上がりではありません。

だって電気つくし。

他の原因がいくつか考えられます。

セルモーターの故障

セルモーターの故障かもしれません。

この場合は、キーを回したときに「カチッ」って音が一瞬聞こえます。

走行距離が10万kmを超えたあたりから、セルモーターの故障が起こりえるそうですよ。

ちなみに、うちの車も20万kmを超えたあたりで、セルモーターが壊れました。

セルモーターはエンジンの始動に欠かせないパーツ。キーを回したときに「キュルキュルキュル」と音がするのはセルモーターから。

もし最近、エンジン始動時に「ガガガガガ」とか「ガリガリガリ」など異音があったのなら、セルモーターが故障している可能性があります。

実際うちの車も、少し前から異音がしていました。

年式が古いせいかと思っていたんですが、どうやらセルモーターが寿命だったみたいです。

エンジンルーム内のヒューズが切れている

エンジンルーム内のヒューズが切れているかもしれません。

エンジンルーム内には、ブラスチックでできた黒い箱があり、この中にヒューズがたくさん入ってます。そしてその中にはエンジンに関係するヒューズも。

テスターで一つ一つチェックして交換すればいいんでしょうが、素人には手が出ませんね。

シフトポジションセンサーの接触不良

シフトポジションセンサーは、AT車のシフトレバーの位置を検出するためのもの。

AT車はシフトレバーが「P」か「N」に入っていないと、セルモーターが回りません。

このシフトの位置を検出するためのセンサーが、摩耗などで接触不良を起こしている可能性があります。

この場合はシフトレバーを、ガチャガチャと「P」や「N」に入れ直すと動くことがあるようです。

次は、車のエンジンが掛からないとき、どのように対応したら良いのかを見ていきます。

車のエンジンがかからないときは保険会社かJAFか?

車のエンジンが掛からない場合は、保険会社かJAFを頼りますね。

JAFにするか保険会社にするか迷った場合は、まず保険会社に連絡を入れると優遇サービスを受けれるケースがあります。

以下の保険会社に加入しているJAF会員は、通常よりも優遇されたロードサービスを受けることができます。

JAF会員の優遇制度がある保険会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • AIG損害保険
  • 共栄火災海上保険
  • JA共済
  • セゾン自動車火災保険
  • 全国自動車共済協同組合連合会
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 大同火災海上保険
  • 東京海上日動火災保険
  • 日新火災海上保険
  • 三井住友海上火災保険

どんな優遇措置があるのかというと、例えばレッカーサービスにおいて無料で積載してもらえる距離が伸びたり、ロードサービスにおいて無料で作業してもらえる時間が増えたりします。

ところが先にJAFに連絡してしまうと、JAF単体での対応となり、優遇措置はなくなります。

ですので必ず保険会社を通して、ロードサービスを受けましょう。

それ以外の保険会社に加入している場合は、サービス内容を比べてみないと、JAFとどちらが良いのか一概に言えません。

加入している保険会社のホームページなどで、ロードサービスの内容を確認してみてください。

JAFの場合は、30分以内のロードサービスであれば、何度お願いしても無料。

たとえばバッテリー上がりや雪道でのスタック、キー閉じ込みなど、たいていは30分以内に作業が終わります。

ちなみに保険会社も、たいてい30分以内無料となってますけどね。

車を積んで運んでくれる積載車のサービスについては、JAFは15kmまで無料で、その後は1kmごとに720円。

この積載車に関するサービスは、保険会社の方が良い条件を出していることが多いです。

保険会社へロードサービスを依頼する場合は、等級への影響が気になりますね。しかし事故やトラブルでロードサービスを呼ぶときは、等級への影響はないとのこと。

保険会社かJAFに連絡すると、近場の提携している整備工場から救援車が駆けつけてくれます。

提携している拠点数は、JAFより保険会社の方がたいてい多いので、トータルでみると保険会社のロードサービスを使ったほうが、良いように思います。

次は、もし自力で対処したい場合は、どのようにすれば良いのかについてです。

ヒューズが切れた場合は対応しきれませんが、セルモーターなら一時的に動く可能性があります。

車のエンジンがかからない原因がセルモーターなら

車のエンジンがかからない原因がセルモーターと思われる場合、なんとセルモーターを軽くコンコン叩くことで動く可能性があります。

実際、修理工場やJAFの人も、最初にこの方法を試してみるぐらいメジャーな方法。

エンジンが掛からない場合の対処方法【ケース1】

叩くと治るってブラウン管テレビみたいですが、これはセルモーター内部の仕組みが関係しています。

セルモーターに関しては、Googleで画像検索してみてください。

叩く部分は、円柱となっている本体部分かマグネット部分のいずれか。叩くと言っても、硬い棒を5〜10cm上から軽く落とす程度でOK。あまり強く叩かないほうが良いそうです。

軽く叩いたあとは、エンジンキーを普通に回します。うちのNOAHは、これでエンジンが掛かりました。

もし、これでもかからない場合は、エンジンをかけながら叩くと良いとのこと。この場合は、誰かに手伝って貰いましょう。

エンジンが掛かったら、できればこのまま修理工場に向かったほうが良いみたいです。次もエンジンが掛かるとは限りませんので。

私の場合はちょっと都合もあり、30分ぐらいバッテリーを充電をして、エンジンを切りました。幸い次回も、自力でセルモーターをコンコンして、エンジンを掛けることができました。

そのあとは、さすがに修理工場に持っていきましたけどね。

あとがき

車のキーを回してエンジンが掛からないと、一瞬で絶望しますね。

しかし、エンジンが掛からないからって、何回もキーを回すのは止めたほうがいいです。

エンジンの始動にはかなりの電力が必要で、キーを回すたびにバッテリーが消耗してます。

エンジンが掛からないと、すぐバッテリーを疑いますが、他にもいろいろなケースがあるんですね。

こういったこともあり、保険会社を選ぶときは、ロードサービスが充実していることも大事だなと実感しました。

この機会に保険を見直しても良いのかもしれません。

\5分で最大20社から見積もり!/

» 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もり

コメント

タイトルとURLをコピーしました