雪道をノーマルタイヤで走ると道交法違反だった!罰金とか点数はどんな感じ?

朝起きたらスッカリ白銀の世界に!

「やっほー雪だー」なんて楽しんでいる余裕はありません。

すぐに車を思い浮かべて、「ノーマルタイヤなんだけど雪積もっちゃたよ」なんてことありますよね。

1年に数回しか雪が降らない地域に住んでいるとスタッドレスタイヤを履かない、もしくは持っていないのが普通だと思います。

雪国出身の私からすると、ノーマルタイヤで雪道を走るなんて禁断の遊び過ぎるんですが、チャレンジする人も多いようで。。

あるいは朝は降ってなかったけど帰り道には雪が積もっていた、または、どうしても車で行く必要があった、というケースも多いようです。

しかし、ノーマルタイヤでの雪道運転が非常に危険ですし、そもそも“道交法違反”なんですね。

そしてもし運悪く雪道で立ち往生してしまうと、これもアウトになる方向で検討されています。

というわけで今回は、雪道での法律について確認しておきたいと思います。

まずは道交法について確認しましょう。

スポンサーリンク

雪道をノーマルタイヤで走ると道交法違反?

studlesstire01

雪道をノーマルタイヤで走ると道交法違反って、どこに書いてるの?と気になる人も多いと思います。

これは道路交通法71条6号に、次のようなことが書いていることが始まりです。

(運転者の遵守事項)
第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

出典:e-Gov「道路交通法」

ここに出て来る一行「公安委員会が道路における〜〜〜」の部分が、各都道府県ごとの公安委員会が決めた細則を指しているのです。

そして各都道府県ごとに細則は違っているんですね。といっても内容は似てます。

どんなことを書いているのか、いくつか見てみましょう。

北海道の場合

 積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

出典:北海道道路交通法施行細則 第12条第2号

スノータイヤ、あるいはタイヤ・チェーンが必須となってますね。北海道ですしね、いわれるまでもなく付けるでしょ。

自動車と原動付自転車は分類が違うんですね。ということは郵便局のバイクもチェーンとか付けるのか。

東京都の場合

 積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。

出典:東京都道路交通規則 第8条第6号

「タイヤチェーンを取り付ける等」という微妙な表現になってますね。アヤフヤにしやがって。

スタッドレスや滑らないスプレーなど、すべり止めの措置として一般的なものならOKと解釈していいのかなぁ。

神奈川県の場合

3輪以上の自動車が積雪の場所を通行するときは、タイヤに鎖を巻き、又は特殊タイヤを用いる等して、滑るおそれのないようにすること。

出典:神奈川県道路交通法施行細則 第11条第1号

「3輪以上」・・・2輪は関係無いようですね。

「タイヤに鎖を巻く」・・・なぜチェーンと言わないw?

「特殊タイヤ」・・・なぜスタッドレスと言わないw?キャタピラも考えてか?

ぼんやりとした表現ですが、一般的に考えればタイヤチェーンと、スタッドレスを使えということだと思います。

大阪府の場合

 積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において自動車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

出典:大阪府道路交通規則 第13条第7号

東京都と似たような文章になっていますが、原動付自転車への言及は無くなっていますね。

雪の日に原付に乗ろうとは思いませんが、原付はOKなのかもしれません。新聞配達や郵便局の仕事がありますもんね。

愛知県の場合

 積雪又は凍結のため滑るおそれのある道路において自動車(二輪のものを除く。)を運転するときは、タイヤ・チェーンを取り付ける等滑止めの措置を講ずること。

出典:愛知県道路交通法施行細則 第7条第5号

二輪に関しては、滑り止めの措置が要らないみたいですね?

雪道を二輪で走る気はしないんですが。。

最近は名古屋も大雪が降るので、油断はできませんね。

福岡県の場合

 積雪又は凍結をしている道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、滑り止めに必要な措置を講ずること。

出典:福岡県道路交通法施行細則 第14条第6号

福岡に雪は滅多に降らないと思うのですが、細則は一応あるみたいです。

「滑り止めに必要な措置」というザックリとした表現なので、なにかしろ滑り止めをしていればOKなのかなと思います。

と、このようにいくつかの都道府県を見てみましたが、同じような内容でほぼ全ての県に、積雪時の細則が定められていました。

※沖縄県は見当たりませんでした。

その他の県に関して見たい方は、こちらを参照ください。

では、もしスタッドレスやタイヤチェーン等を付けずに雪道を運転して捕まってしまったら、罰金や点数はどうなるのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

罰金とか点数はどうなるの?

traficticket01

ノーマルタイヤで雪道を運転し捕まると、「公安委員会遵守事項違反」になります。

雪道の細則は、公安委員会によって定められているので当然ですよね。

捕まったときの点数は0点。ただし、罰金は取られます。

刑事罰はないので、正確には罰金ではなく反則金ですね。

大型車:7千円
普通車:6千円
二輪車:6千円
原付き:5千円

参考:道路交通評定所

そんなに大した額ではありませんね。ε-(´∀`*)ホッ

違反しても罰金と点数は、大したことないのが分かりました。

しかし、雪道でもっとも気を付けなければいけないのは、スリップ事故です。

もしノーマルタイヤで事故った場合は、どうなるのでしょうか?

もし事故ったらどうなる?

trafficaccident01

雪道をノーマルタイヤで走って事故を起こした場合、まず保険がどうなるのか気になりますよね。安心してください。保険は適用されるみたいです。

ただしノーマルタイヤで他人に損害を与えた場合、過失割合が高くなる可能性があります。死傷事故を起こした場合は、自動車運転過失致死傷罪の適用もありえます。

逆にノーマルタイヤにぶつけられた場合は、強気で押したいところですね。余裕があるなら、弁護士特約をつけておきましょう。

ところで事故を起こさないまでも、雪道で立ち往生することはあり得ますよね。この場合はどうなるのでしょうか?

立ち往生してもアウト?

trafficaccident02

実は今のところは立ち往生しても大丈夫です。

今はまだ検討段階なのですが、国土交通省は積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を課す予定です。

国土交通省は22日、積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科す方向で検討を始めた。タイヤチェーンの装着を促すことで、立ち往生による渋滞を防ぐのが狙いだ。

15年度に国が管理する国道で立ち往生があったのは547件。9割以上がチェーンを装着しておらず、ノーマルタイヤの車も25%あった。(2016/11/22-15:52)

出典:時事通信「雪で立ち往生の車に罰金=チェーン装着を促進-国交省検討」

積雪時に幹線道路ということですので、ある程度条件は絞られます。しかし、スリップ事故などには十分注意したいですね。

それと気になるのが立ち往生した車のうち9割がチェーンを装着していなかったということ。そう考えると、何処に住んでいても、チェーンは積んでおいたほうが良いことが分かります。

このあたりは、立ち往生に関する法律が施行されたら、また情報を更新したいと思います。

このようにリスクの高い雪道ですので、突然の雪にも対応できるよう、必要最低限の装備は、積んでおきましょう。

突然の雪に備えて積んでおきたいもの

いきなり雪が降ったけど、ノーマルタイヤのまま帰らなければイケナイ。今日どうしても車で出掛けなければならないのに、まさかの雪が降ってきた。

そんなときに備えて、車に常備しておきたいものがあります。

①スプレー式タイヤチェーン

なんとスプレーを吹きかけるだけで、ノーマルタイヤが雪用タイヤに変身!

「うさんくさい」でしょ?(笑

私もそう思っていましたが、でもこれノルウェーで開発され北欧・北米でも売れてるみたいです。北欧・北米ではスタッドレスタイヤに吹きかけて、使ってるらしいですよ。

口コミの評判もかなり良くて、イザというときに一本持っていて助かったというレビューばかり。Amazonと楽天でも、それぞれ1位をとっているほど売れてるんですね。

仕組みとしては、スプレーで噴射した木材由来の樹脂をタイヤ表面に粘着させることで、雪道への摩擦力をアップ。樹脂には目に見えないほど細かいスパイクが含まれていて、それがグリップ力をあげるということです。

私も一本買いましたが、今のところまだ使うチャンスは来ていません。使うチャンスが来ないほうがいいんですが。

値段も高くないですし、イザという時のためにトランクに積んでおきたいアイテムです。

②簡単装着のタイヤ・チェーン

こちらのチェーンは、ジャッキアップが不要で簡単に装着できます。

突然の雪には、時間をかけずささッとチェーンを装着したいですよね。そして雪が積もる前になるべく早く帰りたい。

東京に住んでいるので雪なんて滅多に降りませんが、このチェーンをトランクに積んでいます。これぐらいの値段であれば、常備しておけるアイテムかなと思います。

チェーンをつけるのはそんなに難しくないのですが、一度練習しておくと安心だと思いますよ。それにちゃんと付けないと、チェーンが切れるって書いてますので注意。

ところでノーマルタイヤの場合、どれぐらい雪が積もると滑り出すのでしょうか?

どれぐらい積もったらヤバイの?

これは雪国出身の私の感覚ですが、薄っすら1cmぐらい積もり始めたら、もうかなり危険。

ノーマルタイヤは本当に油断できないのですが、速度をかなり落とせばギリギリ運転できます。

気をつけなければイケないのは、周りの車の速度につられてスピードを上げてしまうこと。後続車からの冷たい目線を無視して、いつでも止まれるぐらいで走ったほうが良いですよ。

同じ道を走っていても、車やタイヤの性能次第で滑りやすさは全然ちがいますので、とにかく自分のペースで運転しましょう。車間距離はいつもの3倍ぐらいとらないと追突します。

雪が溶けてグチョグチョになっている状態もやや危険です。スピードをださなければ滑らないのですが、周りの速度にあわせてスピードを出してしまうことがあります。

そして一番危ないのは一度溶けた雪が凍って、道路の表面が黒光りしているときですね。この状態は、道路が濡れている状態と勘違いすることがあります。

こういう状態になるのは、だいたい夕方以降で、日中溶けた雪が夜の寒さで凍りついています。濡れている路面を走っている割には、静かだなと思ったときはだいたいヤバイので気をつけましょう。

路面がこんな状態のときは運転しないほうが良いと思います。

最期に雪道運転で気を付けることを見ていきましょう。

雪道運転で気を付けること

雪道運転で気をつけたいとことをまとめてみました。

雪道ではとにかくスピードを出さないことが肝心ですが、雪道特有の注意点を押えておく必要があります。そこさえ気をつけておけば、事故の確率もかなり下がるのではないかなと思います。

  • 急発進、急ハンドルを切らないこと
  • 日陰になっている道路はアイスバーンに気を付けること
  • 道路が溶けていても橋の上は凍っていることがある
  • 轍の跡はハンドルを取られることがあるので気を付ける
  • 道路脇は雪の塊が落ちていて、タイヤを取られることがあるので気を付ける。
  • 通行量の多い幹線道路は雪が溶けていることが多い
  • ブレーキよりもエンジンブレーキを多様すること
  • 滑り出したらアクセルを抜くのが一番

このあたりには十分注意して下さい。

まとめ

ノーマルタイヤで雪道を走ったときの道交法違反から、雪道運転の注意点までまとめてみました。

道交法違反というのもありますが、それ以上にノーマルタイヤで走るのはかなり危険なので、タイヤチェーンやスプレーのようなアイテムを積んでおき、イザというときに備えておきたいですね。

先程も書きましたが、チェーンは一度試しに付けて、説明書をよく見ておくことをオススメします。付け方が悪いと切れるみたいなので・・・切れたら意味ないです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です