うなぎ、あなご、ハモの違いを徹底比較。ビタミンAの含有量が全然違う!

うなぎ、あなご、ハモって、よく似てますよね。

蒲焼きにして3つ並べたら、見分けが付かないかもしれません。

  • うなぎはうな重
  • あなごは寿司ネタ
  • ハモはお吸い物

そんなイメージがあります。

食べると味が違うのは分かるんですが、それ以外にどんな違いがあるんでしょうか?

スポンサーリンク

うなぎ、あなご、ハモの特徴的な違い

うなぎ あなご ハモ
 分類  ウナギ目ウナギ科  ウナギ目アナゴ科  ウナギ目ハモ科
 生息地  淡水、産卵時は海水  海水  海水
 皮膚色  青黒  茶褐色  茶褐色
 あり  なし  なし
呼吸法  皮膚呼吸、エラ呼吸  エラ呼吸  エラ呼吸
 顔の形  下顎が出ている  上顎が出ている  口先が鋭い
 しっぽ  丸い  尖っている  尖っている
 カロリー  255kcal  161kcal  144kcal
ビタミンA  2400μg  500μg  59μg
値段  高い  お手頃  時期による

こうして並べてみると、うなぎの違いが目立ちますね。

生息地、鱗、呼吸法の違いが際立ってます。

うなぎの違い


Photo by opencage / CC BY-SA 2.5

驚くべきことに、うなぎには鱗があります。
そんなイメージないですよね?(^_^;)

うなぎの鱗は退化していて皮の中に埋まっています。
なんでも6万枚あるとか。

うなぎは皮膚呼吸とエラ呼吸を併用します。
皮膚呼吸ができるので、陸に上がってもかなりの時間動けるんです。

驚くべき能力ですね。

産卵期には、うなぎは海に入ります。
うなぎといっても種類があるので、ここでは一般的なニホンウナギのことにします。

産卵期には海に入り、なんとマリアナ海溝(グアムとフィリピンの間)まで旅します。

マリアナ海溝で産まれたニホンウナギの卵は、稚魚となって日本に戻ってきます。
ニホンウナギは凄い距離を回遊する魚だったんですね。

実は養殖うなぎっていうのは、ニホンウナギの稚魚を捕らえて、それを育てたものです。
だから養殖っていっても、天然うなぎの全体量は減るわけなんですよ。

うなぎの漁獲高は減り続けているんですが、理由のひとつは稚魚の乱獲です。
そしてなんとニホンウナギは絶滅危惧種に指定されています!

‥食べていいんですかね?(;´∀`)

天然うなぎの漁獲高は1%、養殖うなぎが99%となっています。
天然うなぎは専用のお店にいくか、自分で釣るしかないんですね。

うなぎは栄養価にも違いがあります。
ビタミンAの含有量が食品の中でもトップクラス。

ビタミン類も豊富で、このことから滋養強壮、美容効果、疲労回復など様々な効果があるとされています。

あなごの違い

あなご
Photo by temaki

あなごには鱗がありません。
皮膚呼吸も出来ず、エラ呼吸のみです。

あなごはに住みます。
海の底の砂泥の中や岩の隙間に潜みます。

あなごも種類が多いので、一般的なマアナゴのことにします。

マアナゴは産卵のため沖ノ鳥島の南380kmまで移動します。
マアナゴも大きく回遊する魚だったんですね。

マアナゴは漁獲量が減り続けています。
マアナゴの漁獲高は韓国が日本の4〜5倍で、中国に至っては発表されていません。

いったいどれぐらい爆食されているんでしょう。

寿司ネタで穴子がなくなったら困りますよね?(,,゚Д゚)イチダイジ

ハモの違い

hamo01
Photo by James Lin / trimmed

ハモに鱗はありません。
皮膚呼吸も出来ず、エラ呼吸のみです。

ハモは海に住みます。
海の底の砂泥の中に潜みます。

ハモはうなぎやあなごと違って、産卵のために移動しません。
ハモは地元に住み着くタイプの魚なんですね。

ハモは外見に大きな特徴をもっています。
というか顔が怖いです。

口先は尖っているし、口が奥の方まで裂けていて、鋭い歯を持っています。
釣り上げたときには、噛みつかれないように注意が必要です。

まともに顔を見るとマジで怖いっす(;´∀`)

ハモの最大の違いは、関西と関東での扱い。

関東ではハモはあまり見かけません。
しかし関西ではハモはメジャーな食べ物ですよね。

関東で広まらない理由の一つは、ハモをさばける職人が少ないからだとか。

東京に住んでますが、ハモ料理って確かにメジャーではありません。
私好きなんですが。(´;ω;`)

ハモも年々漁獲高が減っているので心配です。

スポンサーリンク

まとめ

うなぎ・あなご・ハモはよく似ていますが、それぞれ特徴があるんですね。

特にうなぎは、があったり皮膚呼吸したりと、他とは大きく異なる特徴をもってます。
絶滅危惧種にもなっているし。(^_^;)

ハモに関しては関東と関西で扱いが違うのも面白いです。
京都出身の友達が東京に出張で着きていたとき、

「ハモはどこで食べればいいんじゃ?」

と言っていたのを思い出しました。
たしかにハモって東京じゃあまり見かけないですね。

うなぎ、あなご、ハモどれも漁獲高が減ってきているので心配ですね。
食べ過ぎないように気をつけたいところです。

関連記事

参考資料

・水産庁「全国的なマアナゴ漁獲の動向と加入量調査の状況

スポンサーリンク