彼女のお父さんに初挨拶で好印象を与える東京のうなぎの老舗「いちのや 神泉店」

彼女のお父さんに初挨拶するのは緊張しますよね。
お父さんに初挨拶するときは、結婚の挨拶だと思います。

私も普段着ないスーツを着て、平日の夜に会食に行ったのを覚えています。
とにかく困ったのがお店捜し。

チェーン店は味気ないし、ホテルというのも緊張感が増しそう。
少しでも打ち解けて仲良くなるのが目的ですから、ガチガチな会食は避けたいと思いました。

それなら落ち着いて会食のできる老舗店がよかろうと、取引先の社長さんに教えて貰ったのがうなぎの老舗「いちのや 神泉店」。

実際に使ってみたときの感想です。

スポンサーリンク

うなぎの老舗「いちのや 神泉店」を選んだ理由

うなぎの老舗「いちのや」を選んだ一番の理由は、老舗としての年季と馴染みやすい雰囲気です。
江戸時代の天保3年(1832年)の創業で、年季は十分。

「いちのや」は都内に何店舗かあり、今回は「いちのや 神泉店」の話です。

教えてくれた社長さんの話では、
「接待でも使うし議員やタレントも見かけるよ」
とのこと。

その社長さんも50過ぎの年輩なので、彼女のお父さんと近い年代。
それならちょうどいいかなと思い第一候補でした。

試しにランチに行ってみると、お店の雰囲気は派手すぎず落ち着きがあって良い感じ。
老舗の蕎麦屋をすこし明るくしたイメージです。

銀座に並ぶお店のような派手さはありませんが、木目調で年季の入った店内を綺麗に使っている感じが気に入りました。

靴を脱いで上がるので、長く居る場面ではくつろげそうです。

個室は掘りごたつ式になっていて、四角いテーブルが壁にくっついています。
三人で座るときは、3つの辺をそれぞれ使うことができます。

私とお父さんが真向かい。
彼女がその間に座ることができます。

2対1にならずに座れるこの配置が良い感じでした。

スポンサーリンク

うなぎの老舗「いちのや」のランチで試食

予行練習も兼ねてランチを食べに行きます。
ランチのうな重は3,000円ぐらいだったと思います。

強気の値段です。(^_^;)

うな重は注文してから40分ぐらい時間がかかるので要注意です。
会社の昼休みに食べに行くと、時間が足りません。(笑

店内は意外と混んでます。
う〜ん、昼間っからお金も時間も余裕のある人達いるなぁ。(;´Д`)イイナァ

‥40分後、満を持して国産うな重の登場です

うなぎなんて久振りに食べるし、この45分の待ち時間でお腹はヘリヘリ。
見事にふっくらしたうなぎに箸をいれると、フワッと柔らかい。
箸で簡単に切れるので、一口分がサクッと取り出せて‥いただきます!

マジ(゚д゚)ウマー!

まず口の中いっぱいに、深みのある秘伝のタレが香ります。
舌の上には全く臭くないうなぎの脂が滴って、ヨダレが溢れ出ます。

ひと噛みすればうなぎのトロ柔らかさが伝わってくる。
スーパーで買ううなぎの硬さからは想像できない柔らかさです。
比べることが間違ってますが、スーパーのうなぎとは完全に別物です!

山椒をちょっと降りかけると、山椒とタレの良い香りがたまらない。
この山椒がまた香り高いんですね。

食事を堪能していたらあっという間に1時間半。
仕事抜けるときに断りいれてきたけど、ちょっとマズイね。(^_^;)

うなぎの老舗「いちのや 神泉店」で本番の会食

夕暮れのお店の外見は、ほどよく暗く老舗っぽい雰囲気。
藍色の暖簾と、黒塗りの木の扉、二階の格子窓など、老舗感が溢れます。

神泉駅から少し歩くこの辺りは、人通りが少なく静かで隠れ家のような場所。
拘りの料理を出してくれそうな印象は、案内した人にも高揚感を与えてくれます。

彼女のお父さんを案内して、席に付いた瞬間、全員メニューに見入ります。
お父さんは気さくな感じですが、ドッシリした雰囲気もあります。
そ、そそうのないように。(;´Д`)ハァハァ

残念ながら、緊張のあまり頼んだ料理は一部しか覚えていません。
・肝焼き
・お吸い物
・うな重
・うまき
・ぬた
・サラダ

どれも美味しかったのですが、特にうまきは卵がトロトロでうなぎがふっくらで彼女にウケました。

うなぎ料理以外も多く、ぬたやサラダも上品な味付けて、年輩の大人を連れて行くにはピッタリのお店です。
残念ながらそれ以外の料理の味は、ただ美味しかったとしか覚えていません。(;´∀`
緊張していると覚えていないし味わえていないんですね。

シメに出てきたうな重がやっぱり美味しくて「うまいね」とお父さんも言っていたと思います。
残念ながらそれ以外の反応は緊張のあまり覚えていません。(;´∀`

後から聞いた話では、なかなか高評価だったようです。

まとめ

うなぎの老舗「いちのや 神泉店」は、年輩の人を連れて行くには良いお店です。
老舗らしい店構えと雰囲気、出てくる料理も国産のうなぎ料理がメインで、安っぽさがありません。

相手と打ち解けたい時には、落ち着きがある老舗の雰囲気がピッタリです。
お値段はそれなりにしますが、接待としてはちょうど良いのではないでしょうか。

彼女のお父さんへの初挨拶には、うなぎの老舗もなかなか良いですよ。

スポンサーリンク