節分の豆まきの正しいやり方は?食べる豆の数の意味と、豆の種類も紹介

節分

節分の豆まきのやり方について、イマイチ自信がないという人は案外多いと思います。

そこで節分の豆まきの正しいやり方と、食べる豆の数の意味、豆の種類について紹介します。

地域ごとの特色ある豆まきについても触れてます。

スポンサーリンク

節分の豆まきの正しいやり方

節分の豆まきの正しいやり方・・・という言い方はやや微妙かもしれません。

節分の豆まきは、古くからある行事が少しずつ変化して今の形になりました。

「これこそが正しいやり方」というよりは、「今は一般的にこうやる」と言った方が正解かも。

そういった意味で、現代のスタンダードと思われるやり方を紹介します。いくつかのマナー本を参考にまとめました。

柊鰯を飾り付ける

まずは、節分の飾り付けを準備します。

ひいらぎの枝に焼いた鰯の頭を括り付けた「柊鰯」を用意してください。これを家の戸口や窓口に飾り付けます。

柊のトゲトゲした葉っぱが鬼の目を突き、焼いた鰯の臭いに鬼が退散するんだとか。

最近ではマンションなどの事情もあり、飾り付けをしない家庭が多いようです。

福豆を準備する

次に福豆を用意しましょう。

豆まきのために炒った豆を「福豆」と呼びます。

大豆を買ってきて、十分に炒ってから升に入れて神棚に供えます。

既に炒った豆が売られていますので、それを買えば手間が掛かりませんね。

できれば前日、遅くともその日の夕方までに用意して、神棚に供えておくのがオススメのようです。

豆まきは一家の主の役目

豆まきは一家の主が行います。

あるいは、長男や年男(その年の干支の人)が行っても良いとされてます。

江戸時代なんかは、そうだったようですが・・・。

しかし現代では、一家の主は鬼の面を付け、豆を投げつけられる役になってます。

現実的には、一家の主の役目は鬼ですね。(汗)

「鬼は外、福は内」の掛け声で豆をまく

夜になったら、いよいよ豆まきを始めます。

家中の戸を開けておき、それぞれの部屋で豆を蒔きましょう。

このとき奥の部屋から表側の部屋へ向かって、順番に豆を蒔きます。そうすることで、家の中から鬼を追い払います。(逆にすると家に鬼が留まってしまう)

豆を蒔くときは「鬼は外、福は内」の掛け声を忘れないようにしてください。

そして鬼役をしている人に豆をぶつけつつ、鬼を外に追い出したら、素早く戸締まりをします。

豆を拾って食べる

最後に室内に落ちている豆を拾って食べます。

歳の数だけ、あるいは歳の数+1個食べるのが良いとされています。

なぜ豆を食べるのかは後述してますので、そちらを見てください。

流行りの恵方巻きを食べる

最近良く見られる傾向ということで、節分の日に「恵方巻き」を食べる家庭が増えているようです。

「恵方巻き」は2000年以降に広まった風習で、セブンイレブンが全国販売したことで広まりました。もともとは大阪の海苔問屋協会が仕掛けた商業イベント

「恵方巻き」の食べ方は、その年の恵方(縁起が良いとされる方角)に向かって、一本まるまる食べるというもの。その際、願い事をすると良いみたいです。

もともと商業イベントなので、真剣に考えなくても良いと思いますが。

特色ある豆まき

地域によっては、豆まきのやり方に特色があります。

例えば高知県の一部地域では、数え歳と同じ数の豆を袋に包み、それを家から一番近い四つ角に置いて、絶対に振り向かずに戻ってくるというものがあります。

京都の一部地域では、節分にオバケの格好をしたり、半紙にお金と豆を入れて後向に投げたりする風習もあるんだとか。

鳥取や愛媛の一部地域では、家から一番近い十字路(辻)に、白い紙に包んだ豆を置いてきて厄を落とすというのもあります。

このように節分の豆まきは地域ごとに特色があるので、家庭ごとにやり方が違っていても不思議ではありませんね。

実家のやり方が、ちょっと変わったものであっても、気にしなくてOKです。

スポンサーリンク

節分で食べる豆の数の意味は?

福豆

節分で食べる豆の数は、歳の数か、あるいは歳の数+1個です。

これは明治時代まで、数え年で年齢を数えていたのが原因。

歳の数だけ食べると、向こう一年、無病息災でいられると言われています。

しかし、歳の数だけ食べる必要は本当にあるのでしょうか?結論からいうと意味は無いようです。

まめを食べること自体には意味があります。それは「まめ」という言葉に、以下のような意味が含まれているからなんだとか。

まめ【忠=実/▽実】の意味

2 からだのじょうぶなこと。また、そのさま。健康。たっしゃ。「―で暮らしております」「―なのが何より」

出典:goo国語辞書

「まめ」には健康であるという意味もあるんですね。

このことから、「まめ(健康)でいられるように」という願いを込めて、豆を食べるのだそうです。

それ以外にも、豆に宿った穀霊(穀物に宿る精霊)を取り入れ、霊魂を強くするためという話も。

大豆が選ばれた理由としては、中国最古の薬学書に「大豆は鬼毒を殺し痛みを止める」という記述があったからという説があります。

以上のことから、たくさん食べると健康になるという意味で、節分に豆を食べるのは間違いないと思います。しかし、歳の数だけ食べる必要はなさそうです。

ちなみに”豆をまく理由”については、以下の記事に詳しく書いていますので、良ければ参考にしてください。

節分の由来や意味とは?なぜ豆をまくのか、飾り付けは鰯と柊なのか

2018.01.05

次は節分で使う豆の種類を見ていきましょう。

節分で使う豆の種類

節分

節分で使う豆といえば大豆・・・とは必ずしもいい切れません。

北海道や東北では、大豆の代わりに殻付きのピーナッツを使うことが知られています。
殻付きのピーナッツを使うのは衛生的だし、拾い集めやすいんだとか。

ちなみにピーナッツは殻に入った状態なので、拾うときは殻ごとカウントします。

その他、ビスタチオやチョコレートを蒔く人達もいるようです。ビスタチオも殻がついているので衛生的ですね。チョコレートは、カカオ豆から出来ているから、これも「豆」と言えるかも!

「伝統的じゃないからダメだろ」

なんて思う人もいるかもしれませんが、そもそも節分の成り立ちを振り返ってみれば、いろいろなものを使っていました。

搗栗かちぐり・炭・米・麦・・・・

節分は中国の「大儺たいな」という風習を取り入れたものですので、当初蒔いていた「小豆」や五穀もありだと思います。

「小豆」の形をちょっと変えて、甘納豆というのも素敵じゃないでしょうか。節分は甘納豆を食べる日。こっちのほうが、個人的にはやる気が出ますが。(^_^;)

いろいろ脱線しましたが、節分に使う豆は大豆以外もありだと思います。

まとめ

節分の豆まきのやり方について紹介しました。

ここで紹介したのは、あくまで一般的と思われる方法です。

節分の豆まきのやり方は地域によって違いがありますし、使う豆の種類も様々です。

蒔いた豆を拾って食べるという習慣も、いつから出来たのか不明です。当初、豆は厄災を祓って捨てられるものだったようです。

伝統は時代にあわせて変化するものなので、自分たちで変えていくもありではないでしょうか。

というわけで節分の豆まきは、形式に捕らわれず楽しんでやることが大切だと思いました。

やはり鬼はお父さんの役目で、子供が思っきり豆を投げつけて楽しむのが、現代の節分でしょう。

うちでは、家族それぞれ好きな豆を蒔くことにしました。(^_^;)

<参考文献>
著:知的発見!探検隊「日本のヘンな風習」

節分の由来や意味については以下の記事に詳しく書いていますので、良ければ参考にしてください。

節分の由来や意味とは?なぜ豆をまくのか、飾り付けは鰯と柊なのか

2018.01.05

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です