節分にいわしを食べる理由!食べる地域と、めざしや秋刀魚などもOKか紹介

鰯

節分に鰯を食べる家庭は、案外多いと思います。

でもなんで鰯なんでしょうか?

節分に鰯を食べる理由と、その地域、めざしや秋刀魚などもOKかを紹介します。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる理由!

節分に鰯を食べる理由は、節分の飾り付けに鰯の頭を使っていたからです。

現在では、この飾り付けをする家庭は少ないと思います。

なぜ鰯の頭を使っていたのでしょうか。

節分の飾り付けに鰯の頭を使うわけ

柊鰯

節分の飾り付けは、柊の枝に鰯の頭を挿したもので、「柊鰯」や「ヤキカガシ」と呼ばれていました。これを戸口に飾っておくのが慣わしです。

「柊鰯」を飾る理由には、いくつか言い伝えがあります。

柊の葉っぱが鬼の目をつき、焼いた鰯の臭いが鬼を追い払うという話。

平安時代に聞鼻という都を荒らしていた鬼がいました。この鬼は鰯の臭いが嫌いで、鰯のある家には入りません。鰯を取り除こうとしても柊の葉っぱがあれば触れられなかったという話。

つまり鰯の強い臭いに鬼を追い払う効果があったから、鰯の頭を使っていたんですね。

このように節分の飾りに鰯の頭は必須でした。

では「鰯を食べること」に意味は無いのでしょうか?

節分に鰯を食べることに意味は?

「鰯を食べること」についての意味は、残念ながらありませんでした。

いろいろ調べてみたのですが、そういった話はどこにもありません。

ただ、鰯の臭いは鬼を追い払うので、鰯を焼いたり食べたりすることは、鬼を追い出すのに役立ちそうです。

「鰯を食べることで身体のなかの鬼(病気)を追い出す」なんて意味があっても良いのになとは思います(実際にはそんな話はありません)。

「鰯の頭も信心から」という諺は、この節分の飾り付けが起源。鰯の頭のように価値のないものでも、信じれば尊く見えるという意味。

もし鰯に縁起や御利益があれば、こんな諺にはならないと思うので、やはり食べることに意味はないのだと思います。

次は節分に鰯を食べる地域を、確認して見ましょう。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる地域

節分に鰯を食べる地域は、主に西日本と言われています。

しかし、アサヒホールディングスの調査によれば、鰯を食べる風習は東海・関東にまで広がっているとのこと。

特に「イワシを食べる」という声は、和歌山県で57.1%、香川県で50.0%、岐阜県で42.9%、滋賀県で40.0%、京都府で33.3%、大阪府で32.9%と東海・西日本を中心に目立ち、また埼玉県で18.9%、神奈川県で12.3%、東京都で6.5%など関東一円まで広がっていることがうかがいます。

出典:アサヒホールディングス「第533回節分にどんなことをしていますか?

その他、調べてみると福島県でも鰯を食べるようです。

最近では東北でも節分に鰯が売られるようになったり、給食のメニューとして鰯が出てくるところもあるとのこと。

全国的に少しずつ、関西の風習だった節分の鰯が広まっている感じがしますね。

ところでこの節分の鰯、例えばめざしや秋刀魚などの魚では駄目なんでしょうか?

節分はめざしや秋刀魚などもOKか?

めざしは、小さめの鰯を干物にした物ですね。だからめざしはOKだと思います。

鰯以外の魚はどうでしょうか?

魚は鰯以外にタツクリが多いが、漁業が盛んな志摩地方から東紀州では、ボラ・エビ・サンマなどバラエティに富む。

出典:三重県「節分行事あれこれ 薄れる「年頭」感覚-風習、呼び名・・・地域で特色」

三重県の一部では、タツクリ=カタクチイワシの幼魚や、ボラ・エビ・サンマなどを使っているみたいですね。

タツクリって物凄く小さい鰯の幼魚なんですが、それを飾るんでしょうか。。

サンマについては、他の地域でも使っているところがありました。

ボラに関しては紀貫之の「土佐日記」にも登場します。当時の都の正月では、門口に柊とボラの頭がしめ縄に吊るされていたといいます。

しかし「土佐日記」が成立した平安時代には、まだ「鬼は外」の慣わしは出来ていません。この頃は鬼を追い払うという意味では無かった可能性もあります。

その他にも、髮の毛や葱、ニンニク、らっきょを燒いて挟む地域があります。既に魚ではなくなっているんですが。(笑)

以上のことを踏まえると、臭気の強いものなら何でも良い気がしてきます。夫の「クツシタ」なんかもブラックジョーク的で笑えるかもしれません。鬼だけでなく人も嫌がるか・・・(^_^;)

まとめ

節分に鰯を食べるのは、「柊鰯」と呼ばれる節分の飾り付けに、鰯の頭を使うからでした。

鰯を食べていたのは、恐らく鰯の頭を飾るためなので、”鰯を食べること”には、特に意味はないんだと思います。

しかし、鰯は焼いて臭いを出すことには意味があるので、節分には鰯を焼いて食べましょう。また、鰯以外のものを焼いている地域もあるので、実は臭いの強烈なものなら何でもOKなのかもしれません。

鰯がなければ、「土佐日記」にも載っていたボラや、他の地域でも使っている秋刀魚などが良いのではないでしょうか。

個人的には鰯と言えば、福岡名物の「いわし明太」が見逃せません。一度も食べたことがないは、ぜひ食べてみてください。焼酎のあてにピッタリの逸品です。

うちの場合は、節分に「いわし明太」です。

ちなみに節分に食べるものという視点であれば、全国にたくさんの種類があります。以下の記事に詳しくまとめていますので、良ければ。

節分の食べ物とその由来!全国16種類の節分料理を紹介

2018.01.09
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です