節分にいわしを食べる理由!食べる地域と、めざしや秋刀魚でもOKか?

鰯節分

節分にいわしを食べる家庭は、案外多いと思います。

私も小さい頃から、節分には鰯を食べてきました。

でもなんで鰯なんでしょうか?

節分に鰯を食べる理由と、よく食べる地域、めざしや秋刀魚などでもOKかを書いてます。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる理由!

節分にいわしを食べる理由は・・・

節分の飾りに、『鰯の頭』を使っていたからだそうです。

節分の飾り?鰯の頭?

何のことやらですよね。

次はこの節分の飾りについて詳しく見ていきます。

節分の飾り付けに鰯の頭を使うわけ

柊鰯

節分の飾りは、の枝に鰯の頭を挿したもの。「柊鰯ひいらぎいわし」や「ヤキカガシ」と呼ばれてます。

これを戸口に飾っておくのが慣わしです。

なぜ、この「柊鰯ひいらぎいわし」を飾るのかというと、そこには言い伝えがあります。

1つは、柊の葉っぱが鬼の目をつき、焼いた鰯の臭いが鬼を追い払うという話。

あるいは、平安時代に「聞鼻」という都を荒らしていた鬼がいたけど、鰯の臭いが嫌いで鰯のある家には入れなかったという話。そして、鰯を取り除こうにも柊の葉っぱがあって触れられなかったそうです。

どっちも似たような話ですけどね。^^;

つまり鰯の臭いに鬼を追い払う効果があったから、鰯の頭を使っていたんですね。

こういう理由があったから、節分の飾りに鰯の頭は必須でした。

では「鰯を食べること」に意味は無いのでしょうか?

節分に鰯を食べることに意味は?

「鰯を食べること」の意味は、残念ながらなさそうです。

いろいろ調べてみたのですが、そういった話はどこにもありません。

ただ、鰯の臭いは鬼を追い払うので、鰯を焼いたり食べることは、鬼を追い出すのに役立ちそうですね。

「鰯を食べることで身体のなかの鬼(病気)を追い出す」なんて話があっても良いと思うんですけどね(実際にはそんな話はありません)。

ところで「鰯の頭も信心から」ということわざは、この節分の飾り付けが起源。鰯の頭のように価値のないものでも、信じれば尊く見えるという意味です。

やはりたいして価値のないもの。食べても意味はなさそう。

というわけで、今年から節分に無理に食べるのやめました。うちでは、僕しか食べないので。。

次は節分に鰯を食べる地域を、確認して見ましょう。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる地域

節分に鰯を食べる地域は、主に西日本とされています。

しかし、アサヒホールディングスの調査によれば、鰯を食べる風習は東海・関東にまで広がっているとのこと。

特に「イワシを食べる」という声は、和歌山県で57.1%、香川県で50.0%、岐阜県で42.9%、滋賀県で40.0%、京都府で33.3%、大阪府で32.9%と東海・西日本を中心に目立ち、また埼玉県で18.9%、神奈川県で12.3%、東京都で6.5%など関東一円まで広がっていることがうかがいます。

出典:アサヒホールディングス「第533回節分にどんなことをしていますか?

その他、調べてみると福島県でも鰯を食べるようです。

最近では東北でも節分に鰯が売られるようになったり、給食のメニューとして鰯が出てくるようになってます。

全国的に少しずつ、関西の風習だった節分の鰯が広まっている感じがしますね。

いまさら?って感じもしますが。^^;

ところでこの節分の鰯、例えばめざしや秋刀魚などの魚では駄目なんでしょうか?

節分はめざしや秋刀魚などもOKか?

そもそも「めざし」は、小さめの鰯を干物にした物です。

だからめざしはOKだと思います。

鰯以外の魚はどうかというと、

魚は鰯以外にタツクリが多いが、漁業が盛んな志摩地方から東紀州では、ボラ・エビ・サンマなどバラエティに富む。

出典:三重県「節分行事あれこれ 薄れる「年頭」感覚-風習、呼び名・・・地域で特色」

三重県の一部では、タツクリ=カタクチイワシの幼魚や、ボラ・エビ・サンマなどを使っているみたいですね。

タツクリって物凄く小さい鰯の幼魚のことなんですが、それを飾るんでしょうか。

サンマについては、他の地域でも使っているところがありました。

ボラに関しては紀貫之の「土佐日記」にも登場します。当時の都の正月では、門口に柊とボラの頭がしめ縄に吊るされていたといいます。

しかし「土佐日記」が成立した平安時代には、まだ「鬼は外」の慣わしは出来ていません。この頃は鬼を追い払うという意味では無かった可能性もあります。

その他にも、髮の毛や葱、ニンニク、らっきょを燒いて挟む地域がありました。既に魚ではなくなっているんですが。(笑)

以上のことを踏まえると、臭気の強いものなら何でも良いのかなと。

夫の「クツシタ」なんかもブラックジョーク的で笑えるかもしれません。鬼だけでなく人も嫌がるか・・・(^_^;)

あとがき

節分に鰯を食べる意味はなさそうです。

鰯の臭いが大事だったんですね。

どうせ意味がないのなら、個人的には福岡名物の「いわし明太」を食べたいです。焼酎のあてにピッタリの逸品。

ちなみに節分に食べるものって、地域によって結構違うんですね。

「そんなもの食べるの?」っていう珍しいものがたくさんあります。

以下の記事にまとめたので、今日の話ネタにでも良ければ。

節分の食べ物とその由来!全国16種類の節分料理

コメント

タイトルとURLをコピーしました