北海道には梅雨がないってホント?降水量データから比較してみた

北海道には梅雨がないって、本当でしょうか?

もし本当なら羨ましいですね。

しかし青森までは梅雨があって、北海道には梅雨がない。
そんなことがあるんでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも梅雨って何だ?

梅雨とは東アジア広域で5〜7月に発生する雨期の一種です。
実は、梅雨は日本だけの現象ではないんですね。

tsuyu_kidan

梅雨の発生には、東アジアを取り囲む4つの気団が影響します。
・オホーツク海気団
・小笠原気団
・揚子江気団
・熱帯モンスーン気団

なんか小・中学生のときに聞いたような名前ですね。(^_^;)

この気団がぶつかる境目に、梅雨前線が発生します。
性質の似ている北側2つの気団、南側2つの気団の境には前線ができません。

日本上空では、オホーツク海気団と、小笠原気団の境に梅雨前線が発生します。

梅雨前線の発生と消滅

5月中旬に日本の南海上に梅雨前線が発生。
6〜7月にかけて梅雨前線は北上していき、本州に停滞し広い範囲で雨を降らします。

その後ゆるやかに北上し、青森県に入ったあたりで不明瞭になっていき、やがて消滅します。

北海道手前で梅雨前線が消滅するんですね。
だから梅雨にならないのか。

スポンサーリンク

だけど北海道には蝦夷梅雨がある

北海道には梅雨はありません。
だけど北海道には「蝦夷梅雨」と呼ばれる、北海道特有の現象があります。

「蝦夷梅雨」は北海道南部の太平洋側で、6〜7月頃に1,2週間ほど発生します。

毎年必ずあるわけではなく、あったり無かったりします。
これはオホーツク海気団の影響で、本州の梅雨前線の影響とは異なります。

小雨がパラパラ降ったり冷たい風がふいたりしますが、本州の梅雨ほど鬱陶しくありません。

気象庁が定める「梅雨」には含まれておらず、便宜上「蝦夷梅雨」と呼ばれています。

北海道と本州の降水量を比べてみる

梅雨の季節の北海道と本州の降水量を比べてみます。

下のグラフは、1981〜2010年の6〜7月の平均降水量と平均日照時間を表したものです。

tsuyu_kousuiryo_graph
気象データ:気象庁HP「過去の気象データ検索」

こうしてみると日照時間は、どこも大して変わりません。

目立って違うのは、降水量です。
北海道と本州を比べると、北海道は降水量が少ないですね。
梅雨がないというのも納得です。

青森も梅雨の影響はあまりないみたいですね。
梅雨前線が消滅してしまうからでしょうか。

「蝦夷梅雨」の発生する北海道南の太平洋側である釧路は、札幌・函館より降水量が多く日照時間は少ないです。
「蝦夷梅雨」も影響を与えてますね。

グラフを見て面白かったのが、札幌と四国の降水量で、その差は実に6倍
四国の梅雨は凄いんでしょうね。(^_^;)

まとめ

北海道には梅雨がないことが分かりました。
降水量も少なく、本州より過ごしやすそうです。

ただし北海道南部の太平洋側は「蝦夷梅雨」に注意。
オホーツク海気団の影響で、天気がぐずつく事があるというのは覚えておきたいですね。

6〜7月に国内旅行に行くなら北海道が良さそうです。

関連記事

スポンサーリンク