梅雨の語源って何だろう?3分でスッキリ分かる解説

鬱陶しい季節の梅雨。

梅雨と聞いて何を思い浮かべます?
ずぶ濡れ・蒸し暑い・服が傷む等、ネガティブな印象ではないでしょうか。

しかし「梅雨」という言葉は、なかなか季節感のある漢字の組合せです。
「梅」のとれる季節の「雨」とすれば、日本特有のものかと思えてしまいます。

ところが梅雨の語源は中国なんですね。
それでは、どんな風に伝来したのでしょうか?

スポンサーリンク

梅雨は、中国・韓国・台湾にもあった!

梅雨は日本特有の季節と思っていませんでしたか?
(‥思ってました。)

じつは、中国・韓国・台湾にも梅雨があるんですね。

中国・台湾では梅雨(メイユー)と呼び、6月中旬から7月上旬にかけて、
韓国では長霖(チャンマ)と言い、6月下旬から7月下旬にかけて梅雨の季節となります。

意外なことに日本よりも梅雨入りが遅いんですね。
日本より西に位置しているから、沖縄同様にもっと梅雨入り早いのかと思ったけど、そうでもないんですね。

6月の花嫁には幸福が訪れるというジューンブライド(6月の結婚式)は、東アジアの気候に全く合っていませんね。(笑

スポンサーリンク

梅雨の語源は?

tsuyu03

梅雨の語源にはいくつか説があります。

梅の実が熟す時期

中国で梅の実が熟す時期が、6月になります。
梅の実が熟す時期に降る雨という意味で「梅雨」と呼んだという説。

日本でも6月梅干しつけたりしますよね。
梅の日(6月6日)なんてのもあります。

これが一番受け入れやすいですね。

黴雨(ばいう)が転じて梅雨になった

この時期は雨が多く黴(かび)が生えやすいので、黴雨(ばいう)と呼ばれていた。
それが転じて梅雨(ばいう)になったという説。

確かにカビの雨なんて響きが悪すぎますね。
すこし降られただけで病気になりそうです。

毎日雨が降るから梅という当て字

“毎”日のように雨が降るから、梅という漢字を当てたという説。

毎雨じゃ駄目なんでしょうね。。

梅雨と書いて「つゆ」と読むのはなぜ?

tsuyu02

「つゆ」と読むのは、日本に梅雨(ばいう)が伝わってからです。
これにも諸説あります。

・雨上がりに草の葉にたまる水滴、「露(つゆ)」からの連想。

・梅の実が熟して潰れる時期だから「潰ゆ(つゆ)」に結びつけた。

・長い雨で食べ物が痛むので「潰える」から「潰(つい)ゆ」になった。

何れにせよやや強引ですね。
なぜ「ばいう」のままでは駄目なんでしょうかね。

梅雨と五月雨は違うの?

梅雨は五月雨の別名です。

江戸時代までは五月雨を使っていたようです。五月雨のほうが歴史が古く、古今和歌集からも見て取れます。

「五月雨に物思ひをれば郭公(ほととぎす)夜深く鳴きていづち行くらむ」(紀友則)

五月雨に物思いにふけっていたところ、ホトトギスが夜中に鳴いて飛び去っていった、どこに行くのだろうか。

死ぬまでにこんな和歌を歌ってみたいものです。(^_^;)

まとめ

普段何気なく使っている「梅雨」ですが、こんな由来があったんですね。

そして梅雨の時期とは、日本だけでなく東アジアで共通する季節です。
梅雨の時期を知らずに、東アジアを旅行で訪れたら不幸ですね。

雨が降っていると出掛けるのは億劫ですが、家の中で引き篭もる分には落ち着いて好きです。

関連記事

スポンサーリンク