東京の水道水はそのまま飲めるのか?沸騰すれば安全で美味しいってホント?

水道

地方から上京すると、「東京の水道水って飲めるの?」と思いますよね。

地元ではふつうに水道水を飲んでたけど。

東京では水を買っている人も多いみたいだし、なんか危ないって聞いた気も・・・。

東京の水道水はそのまま飲めるのか、沸騰すれば安全なのか、どうすれば美味しく飲めるのかについて紹介します。

スポンサーリンク

東京の水道水はそのまま飲めるのか?

蛇口

そもそもですが、東京の水道水って安全なのでしょうか?

東京の水道水はかなり安全

東京の水道水は、世界に誇れるほど安全と言われています。

これは高度浄水処理という最新技術が使われているから。

これによって、今まで取り切れなかった有害物質を、完全に除去したり減らしたりできるようになりました。

また、東京都の水質検査は200項目もあるそうです。ふつうは51項目なので、安全面にかなり気を使っているのが分かりますね。

塩素の量も、おいしい水を目指すため残留塩素が0.1〜0.4mg/Lになるよう調整されてます。

そして水道水に含まれる有害物質、トリハロメタンも減らせるようになりました。

水道水にはトリハロメタンが含まれる

アメリカの環境保護庁により、発ガン性や流産などの影響が懸念され、世界的に問題となったトリハロメタン。

トリハロメタンは、水道水に塩素を入れることで発生します。

東京の水道に含まれるトリハロメタンは、平成30年の検査では0.084〜0.048mg/L(参考文献1より)。これは日本や世界の安全基準である0.1mg/L以下です。

だから問題ない範囲かなって思ってます。

しかし水道水に問題がなくても、設備に問題がある場合が。

設備によってはリスクがある

水道管に問題があることも。

東京都では、まだ鉛製の水道管が使われている場所があります。そこから鉛が溶け出して、水道を汚染している可能性があるんですね。

また、耐用年数が過ぎた水道管も存在し、赤錆が出ていることが考えられます。

さらにマンションだと、水道水を溜める貯水槽内が錆びていたり、藻が繁殖していることがあるそうです。

それもあって、東京の新しいマンションでは「直結給水方式」といわれる、貯水槽を通さない水道の仕組みを採用するようになりました。

というわけで、設備のことを考えると、水道水そのままは不安という人も多いと思います。

スポンサーリンク

東京の水道水は沸騰させて飲むのが安全?

水道水は沸騰させて飲むと安全、って話をよく聞きますよね。

実際どうなんでしょう?

水道水は沸騰すると塩素が飛ぶ

水道水は沸騰すると、ほとんどの塩素が揮発します。

それも数分沸かすだけで、十分揮発するみたい。

そうすると塩素が減って安全になるし、カルキ臭も消えて飲みやすくなります。

ただし沸騰させ過ぎると、重金属など一部の物質が濃くなってしまうことも。だからあまりに沸騰させ続けたら、逆効果かもしれません。

ちなみに沸騰した蒸気にはたっぷり塩素が含まれているので、なるべく吸わないようにしましょう。

あと水道水を沸かすときは、トリハロメタンの増加に注意です。

水道水を中途半端に沸騰させるとトリハロメタンが増える

水道水を沸騰させると、一時的にトリハロメタンが増えます。

これは、水に含まれる有機物と塩素の反応が進むからだそうで。

でもしっかりと沸騰させれば、トリハロメタンは揮発していきます。なので沸騰させる場合は、数分は弱火でボコボコしたほうがいいみたい。

何分沸かせば良いのかは、水の状態によって違うので、一概にはいえません。よく5分〜10分という話を聞きます。

大阪の高度浄水処理をした水は、1分の煮沸でもトリハロメタンが消えたそうです(参考文献3より)。

煮沸しているときの蒸気は、塩素と同じでなるべく吸わない方がいいですよ。

最後に東京の水道水を美味しく飲む方法について。

東京の水道水を美味しく飲む方法

東京に限らずなんですが、水道水は塩素(カルキ臭)を抜くと美味しくなりますね。

そのためには、沸騰させるのも勿論効果的です。

でもそれ以外にも方法があるので、ここで紹介していきますね。

水道水を汲み置きして放置する

実は水道水は汲み置きしておくだけで、塩素が揮発していきます。

これは金魚の水を作るときにも使われている方法。

特に日光があたる日向におくと、紫外線によって塩素の揮発が早まります。

数時間〜半日程度でもかなり抜けるみたいなので、一番お手軽にできる方法かなと。

うちでも前の晩に水を汲み置きして、そのまま放置して寝ています。

ただし、今すぐに水道水を使いたい場合は、この方法は使えませんね。

水道水にビタミンCを入れる

水道水に含まれる塩素を、今すぐ飛ばしたい場合は、ビタミンCが便利。

ビタミンC(アスコルビン酸)は塩素と結合して、塩素を分解します。

もっと身近な言葉でいえば、レモン水がいいわけですね。コップ一杯程度の水道水なら、レモン汁を数滴たらすだけで十分みたいですよ。

その他にもお茶やローズヒップなど、ビタミンCを豊富に含んでいるものは効果があります。

水道水を冷やす

水道水は冷やすと、匂いも減って飲みやすくなります。

また冷やしている間にも、自然と塩素も揮発するでしょう。

だから冷やすときは、蓋をしないようにしてください。

まとめ

東京の水道水はかなり安全と言われています。

「東京水」としてペットボトルで販売しているぐらいだし。

だから、そのまま飲んでも問題ありません。

でもさらに安全を求めるなら煮沸がオススメ。数分沸かせばほとんどの塩素とトリハロメタンが揮発します。

それ以外だと汲み置きしておくのも、楽に塩素が抜けて良いと思います。

塩素を抜く方法はその他にもあるので、自分に合った方法で試してみてください。

と、ここまで東京の水道水を飲む前提で書いてきましたが、基本的には美味しい水ではありません。美味しい水を求めるなら、以下の記事もオススメです。

東京の水道水ってまずい。だからブリタや浄水器、天然水、ウォーターサーバーを試した

2018.06.13

<参考文献>
1. 東京都健康安全研究センター:水道水質検査精度管理講評会
2. 水道技術研究センター:日本と先進国の水道水質基準等一覧表
3. 煮沸による高度浄水処理水のトリハロメタンおよび全有機ハロゲン (TOX) 濃度の変化

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です