お彼岸に妻の実家に行くなら香典、お供え物、手土産が必要?

仏壇

今度のお彼岸は妻の実家へ。

そんなとき悩むのが、何を持っていけば良いのかですね。

嫁は無頓着なのですが、私のほうが気になってしまって・・・。

そこで、お彼岸に妻の実家へ行くときに必要なものをまとめました。

スポンサーリンク

お彼岸に妻の実家に持っていくものは香典?

いくら身内とはいえ、お彼岸の時期ですしね。

御香典は必要かなと思います。

この時期に手ぶらで行って、お線香だけあげるってのは、大人としてちょっとどうかなと。

お義父さんやお義母さんは、実際には何も言わないでしょうけど。でも、もし私が逆の立場なら・・・。

というわけで、まず御香典を用意することにしました。

御香料はいくら?

お彼岸の御香料は、3000円か5000円とするのが一般的。マナー本でもそんな感じでした。

お葬式のときとは違い、大きな金額は包まないんですね。

しばらく嫁の実家に顔を出していなかったので、今回は5000円を包むことにしました。

ちなみに「4」=死、「9」=苦などの数は避けたほうが良いとのこと。だから、4000円とかは絶対に包んじゃ駄目です。

御香典をいれる不祝儀袋

香典を入れる不祝儀袋は、「御佛前」「御仏前」「御香料」のいずれかが書かれているものを買いましょう。最近はコンビニやドラックストアなどで売ってます。

このとき間違って「御霊前」と書かれたものを買わないように。これは四十九日までに使う香典袋です。

ちなみに不祝儀袋の水引は、関西や北陸では黄白、関東は黒白を用いるみたい。しかし、あんまり気にするところではないので、私は黄白の水引のものを買って、それを東北に持っていきました。

あと、お札を入れるときは、新札ではないほうが良いのだとか。新札の場合はちょっと折れ目をつけると良いみたいです。

実際そこまで気にするとは思えないんですけどね。

お彼岸のお返しは不要ですと伝えておく

お彼岸は基本的に身内だけで行うことが多いので、香典のお返しは不要とされてます。

でも、香典返しをする地域や家庭もあります。というわけで、念のため「不要です」と伝えおきましょう。

私もお酒の席で当たり障りなく、

「いろいろお祝い金いただいてますし、お返し不要ですので」

と伝えておきました。

次は、香典を持っていくなら、一緒に用意したいお供え物について。

スポンサーリンク

お彼岸で妻の実家に行くならお供え物も

香典を持って行くなら、お供え物も用意しましょう。

香典だけってのは、なんか片手落ちな感じです。

お供え物はどんなものを買えば良い?

一般的には、2000〜3000円ぐらいの箱入りのお菓子で、長持ちするものが良いとのこと。

また、お彼岸のお供え物は親戚が来たときなどに配るので、個包装のものが喜ばれます。

そしてお供え物には、必ず“掛け紙”を掛けるようにしましょう。お彼岸用の商品には、たいてい無料で付けられるようになってますので。

このとき、間違って”熨斗”を付けないように。”熨斗”は慶事だけに使うものです。

掛け紙は、上段に表書きが必要です。どういったものが必要かというと、以下の4つのうちのいずれか。どれでもOKです。

お供え物の表書き

  • 御供(ごくう)
  • 御供物(おくもつ)
  • 御仏前(ごぶつぜん)
  • 御佛前(ごぶつぜん)

特にこだわりが無いのであれば、御供でいいんじゃないかと思います。

自筆で書いても良いんですが、たいていプリントされたものが用意されてます。

あとは何を買うかですが。

お彼岸のお供え物として買ったもの

お彼岸のお供え物といえば、”おはぎ”や”ぼたもち”が有名ですね。これは、小豆による厄払いの意味があるからだそうですよ。

お彼岸におはぎをお供えするのはなぜ?食べる理由といつ食べるべきか

2018.07.11

そういった意味で、小豆や餡こを使った和菓子も良さそうです。

でもうちの場合は、嫁の両親が二人とも糖尿病。だから、あきらかに糖分の多いものは駄目なんですね。

そこで、私は米菓を用意することにしました。ただし恵比煎など、生き物が入っているものは避けます。お彼岸は、もともと精進料理を食べる日ですので。

で、私が持っていったのは、”もち吉”という老舗ブランドの仏事用の詰め合わせ。

「もち吉」の米菓は、パリパリと焼き具合・揚げ具合がよく、どれを食べてもワンランク上のお菓子の味がします。

口コミもいいし、うちも普段から食べているので一番のオススメ。

 

でも、以下の商品にしようかとも迷いました。

京都の老舗の煎餅屋さんで、こちらも全国区で有名です。味はもちろんですが、なにより見た目がオシャレ。

田舎だとこういう感じのが受けるんですよね。

その他、一般的には、米菓、お饅頭、羊羹、どら焼き、クッキー、和菓子、フルーツなどを持って行きます。

ちなみに、お供え物と手土産を一緒とする地域もあるとのことで、そのあたりは奥さんに聞けるなら聞いてみましょう。

私は念のため、お供え物と手土産は分けることにしました。

お彼岸で妻の実家に行くなら手土産を忘れずに

手土産は何でも良いと思います。

ふつうはその地域特有のお土産品や、地元の銘菓などが喜ばれますよね。

ただ、お彼岸は精進料理を食べるものなので、ナマモノは微妙かもしれません。(全く気にしない家も多いと思いますが)

やはりここは焼き菓子が無難。地元の銘菓を選べばベストです。

あまり良いものが見つからない場合は、以下がオススメです。

個包装の箱がたくさん入っていて、味を選べるし見た目にも可愛らしいです。

姪や甥など小さな子ども達が居ても、これなら喜ばれるんじゃないかなと。

その他には、以前赤ワインを買って行ったことがあります。お酒が好きな主婦には鉄板ですので。

まとめ

お彼岸に妻の実家に行くのに必要なものを紹介しました。

御香典、お供え物、手土産を揃えて持っていきましょう。

「気を使わなくてもいいのに〜」

と言われるでしょうけど、必ず喜んでもらえると思いますよ。

妻の両親からすれば、金額とかマナーの問題ではありません。

娘の相手が、気を使えるまともな人ということで、安心すると思いますよ。私も娘がいるので、その気持はよく分かります。

というわけで岳父の気持ちを考えても、お彼岸の用意はシッカリしておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です