エリンギの賞味期限と、長持ちする保存方法!しかも旨味や食感もアップ

エリンギパック

安くて美味しくて、使いやすいエリンギ。

スーパーで見かけるとつい買ってしまう人も多いはず。

でも冷蔵庫に入れっぱなしで、いつのまにか傷んでたことってありません?

エリンギを無駄にしないためにも、賞味期限と長持ちする保存方法を押さえておきましょう。

まずはエリンギの賞味期限から確認していきます。

スポンサーリンク

エリンギの賞味期限は?

実はエリンギって賞味期限が記載されていません。

ですので正確な期限は分からないんですね。

いったいなぜ、賞味期限が記載されていないのでしょうか?

エリンギに賞味期限が記載されていない理由

それはエリンギが野菜と一緒で、生鮮品の扱いだからです。

よくよく考えてみると、野菜にも賞味期限ってないですよね?

JAS規格によると、賞味期限(または消費期限)の表示義務があるのは、主に加工食品です。だから未加工の生鮮品であるエリンギには、表示義務がありません。

消費期限又は賞味期限の表示対象となる食品等は、
① 一般消費者に直接販売される食品のうち、加工食品(食品衛生法で加工食品 に分類される生かき、食肉等の食品を含む。)、かんきつ類、バナナ、及び食品添 加物

出典:JAS規格「加工食品の表示に関する共通Q&A」

消費期限という言葉が出てきたので、ついでに賞味期限との違いを紹介しておきます。

【補足】賞味期限と消費期限の違い

賞味期限とは、その日まで美味しく食べられる期限ことで、過ぎてしまっても食べられます。一方、消費期限は、その日まで食べられる期限のことで、過ぎたらリスクがあるので食べないようにします。

エリンギには賞味期限(または消費期限)の表示義務がないことが分かりました。

でも工場で一律に生産しているエリンギ。ある程度は期限の目安も付きそうなものです。

そこで詳しく調べてみると、メーカーサイトに情報がありました。

きのこの消費期限は冷蔵庫で2〜3日程度

調べたのは、日本で2番目に大きいキノコメーカー雪国まいたけの公式HPです。

Q.消費期限はどれくらいでしょうか?

保存の状態にもよりますが、冷蔵保管で約2~3日程度になります。

出典:雪国まいたけ「きのこに関するQ&A」

というわけで「雪国まいたけ」の説明では、エリンギの消費期限は2〜3日程度ということです。

でもエリンギって、もう少し長持ちしている感じがしますよね?

そこで実際にエリンギを買って試してみました。

スポンサーリンク

エリンギを冷蔵庫(野菜室)で保存する

サンプルとして買ったのは日本最大手のキノコメーカー、ホクトのエリンギ。

エリンギを冷蔵庫(野菜室)に入れ、5日間ほど放置しました。

そして開けてみると、やや古くなった匂いがして、食感と鮮度は落ちていましたが、問題なく食べられました。ですので冷蔵庫で5日間程度なら問題なさそうです。

もう少し試してみようと思い、今度は1週間冷蔵庫に入れてみました。1週間たったものは、やや酸っぱい匂いがして、しんなり水っぽくなっています。

包丁を入れてみると、芯が黄ばみがかかって傷んでいます。さらに刃の表面にエリンギの表皮がベロ〜ンと。食べたらやばいと思ったので、食べていません。1週間は無理みたいです。

「ホクトきのこ総合研究所」が出している書籍には、1週間程度はもつと書かれていたのですが、私が試した感じでは無理でした。

購入したきのこの保存方法

なお、未開封の状態ならそのまま冷蔵庫保存でも一週間程度もちます。

出典:きのこ検定 ホクトきのこ総合研究所著

ただ、これは買ったときの状態にもよると思います。エリンギは製造年月日が書いていないので、収穫してからどのぐらい経っているのか分からないんですね。

このように私が試した感じでは、冷蔵庫で5日間もったエリンギですが、これはパックに入れて未開封という条件でのこと。

開封してカットした場合はどうなるのでしょうか?

使いかけのエリンギを保存する場合

使いかけのエリンギや、カットして余ったエリンギは、キッチンペーパーなどに包んで保存します。

そして3日以内に食べるようにしましょう。

一度に使いきれず残ったきのこを保存する場合は、キッチンペーパーなどに包んで冷蔵庫で保管し、3日以内に食べましょう。

出典:HOKUTO「良くある質問Q&A」

エリンギは水につけると痛みやすく、旨味や栄養が流れてしまうので、保存するときには要注意。

水につけてしまった場合は、もっと早く食べてしまったほうが良いです。

冷蔵庫で保存できる期間

・未開封なら5日間程度
・カットした場合は3日以内

ところで冷蔵庫だと最長でも5日間しかもちません。もっと長く保存する方法はないのでしょうか?

実は冷凍することで、もっと長持ちさせることができます。

エリンギを冷凍で保存する

エリンギは冷凍で保存することができます。

この場合、1ヶ月程度は余裕。

冷凍することで食感は落ちるのですが、旨味が増すというな意外な効果があります。

エリンギは冷凍すると旨味が増す

エリンギは冷凍することによって、旨味がグッと増します。

冷凍して水分がふくらみ細胞膜が壊れることで、旨味の元がたくさん作られるからです。

そもそも生のエリンギには、旨味がたいして存在していません。加熱することで細胞が死んで、初めて作られるんですね。

冷凍したエリンギは細胞が死んでいるので、旨味を引き出すのにはもってこい。生のキノコより、効率よく旨味を引き出すことができるんです。

<参考文献>
PRESIDENT Online「キノコは冷凍するとおいしくなります」

その代わり、冷凍することでエリンギ特有の食感が失われます。少しヘニョヘニョした感じになるので、食感を大切にしたい料理には向いていません。

冷凍するまえにカットしておくと、使うときに便利ですよ。

冷凍すると長持ちして、しかも旨味が増すことが分かりました。でも実はさらに長持ちして、しかも食感も良くなり、栄養までアップする優れた方法があります。

それはエリンギを天日干しすることです。

エリンギを天日干して保存する

エリンギは天日干しすると、とっても長持ちします。

干し具合にもよるのですが、カラカラになるまで乾燥させれば、常温で1ヶ月以上は軽くもちます。2ヶ月以上保存したこともあるのですが、問題なく食べられました。

それに、干したエリンギは長持ちするだけでなく、食感も良くなるし栄養と旨味もアップ。簡単に作れるので、一回食べるとハマります。

作り方は物凄くシンプルで、要はエリンギを適当なサイズに切って天日で干すだけ

カットしたエリンギをザルに並べてもいいし、干し網を使ってもいいし、紐を通して吊してもOK。干し加減はお好みで1〜3日程度。

太陽にあてることで、ビタミンDの含有量が数倍になります。

出来上がったら、ジップロックなどに入れて念のため冷蔵庫で保存しましょう。

使うときは20分ぐらい水に浸して戻し、絞らないでそのまま使います。その方が旨味が残っていて美味しいですよ。

さて、ここまで長持ちする保存方法を見てきました。でもいくら保存方法を覚えても、もともと傷んでいたエリンギを使っては意味ないですよね。

そこで傷んでいるエリンギの見分け方を覚えておきましょう。

傷んだエリンギの見分け方

エリンギは傷んでくると、水っぽくなってきたり、表面がヌメっていたり、黄ばみがかったりします。

酸っぱい匂いがしてヌメリが強くなっていたら、間違いなく腐っていますので廃棄してください。

そこまで酷い状態じゃなくても、エリンギを裂いたときに、水気があってしんなりしているようなら傷んでいる証拠です。お腹が弱い人は止めておきましょう。

傷んだエリンギの見分け方

  • 水っぽくなっている
  • 表面がヌメっている
  • 酸っぱい匂いがする

それ以外に、表面に白いカビの様なものが付いているときがあります。

白いカビのようなものが付いていたら?

もしカビのような白いフワフワしたものを見掛けた場合は、その部分を拭き取ればOK

これは「気中菌糸」といってキノコの一部。カビではありません。

ただ「気中菌糸」が出るようになったら、それなりに日数がたっていますので、早めに食べるようにしましょう。

傷んだエリンギの見分け方が分かったので、今度は新鮮なエリンギの見分け方について見ていきましょう。

新鮮なエリンギの見分け方

エリンギは古くなってくると、

  • 黄ばみ掛かってくる
  • パック内部に水滴がつく
  • 「気中菌糸」が出ている
  • 笠のところのシワが入っている
  • 表面のザラザラ感が目立ってくる

といった特徴があります。

つまり、こういった特徴がないのが新鮮なエリンギ。

新鮮なエリンギの特徴

  • 色が白くて黄ばみがかっていない
  • パック内部に水滴が付いていない
  • 「気中菌糸」が出ていない
  • 笠にシワが入ってなくてツヤがある
  • 表面がツルツルしている
  • 食べるとシャキシャキ

さらに、軸が太くてシッカリしたものが、美味しいと言われます。

新鮮で美味しいエリンギを正しく扱うために、最後にエリンギの良くある間違いを確認しておきます。

エリンギは洗わずに使う

エリンギは洗わずにそのまま使います。

なぜなら、水につけると水溶性の成分が流れ出てしまうから。

エリンギはそのまま使えるよう、徹底的に衛生管理されていますので、洗う必要がありません。ただし、オガ粉が付いていることがありますので、その部分は取り除きます。

保存するときも、水がついたところは傷みやすくなるので、十分注意してください。

<参考文献>
雪国まいたけ「きのこに関するQ&A」

まとめ

エリンギの賞味期限と、長持ちする保存方法について紹介しました。

エリンギには賞味期限の表示義務がないので、見た目で判断するしかありません。

エリンギの鮮度を見分けて、美味しいものを選んでください。

そして買ってきたら、今後の予定にあわせて保存方法を選びます。

エリンギの保存方法と保存期間

  • 未開封で冷蔵すれば5日間
  • 冷凍で保存すれば1ヶ月
  • 天日干しで保存すれば1ヶ月以上

5日間以内に使うのであれば、そのまま未開封で冷蔵庫へ。つい買ってしまったけど、しばらく使う予定がなければ、冷凍するか天日干しします。

冷凍は簡単ですし旨味も増しますが、食感がイマイチになるのがデメリット。天日干しは手間が掛かる分、食感、栄養、旨味が増す優れた保存方法です。

どちらも違った食感と味わいですので、使い分けていろいろな料理に試してみてください。エリンギの他にいくつかキノコを混ぜて、キノコパックにして保存しておくのも使いやすいですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です