GWの北陸新幹線の混雑予想2018。混む時間帯と予約はいつからか紹介

ゴールデンウィークの北陸新幹線はそれなりに混雑します。

日によっては指定席が終日満席になることも。

普段から北陸新幹線を利用している私が、過去のデータと経験をもとに今年の混雑具合を予想します。

スポンサーリンク

GWの北陸新幹線の混雑予想

はじめに、今年度のゴールデンウィークの日程を確認しておきます。

2018年ゴールデンウィークの日程

4/28(土)、4/29(日)、4/30(祝月)、5/1(火)、5/2(水)、5/3(祝木)、5/4(祝金)、5/5(祝土)、5/6(日)

今年のゴールデンウィークは、最長で9連休です。

5/1(火)と5/2(水)が平日なので、この2日間をはさんで連休が前半と後半に別れる人も。

平日に休めない人は、前半か後半のどちらかの連休を選んで、新幹線に乗ることになりますね。

そのあたりと過去のデータを踏まえての混雑予想です。

2018年の北陸新幹線の混雑予想

本年度の北陸新幹線の混雑予想です。

北陸新幹線が混雑する日

  • 下り(金沢方面)のピーク:4/28(土)、5/3(祝木)
  • 上り(東京方面)のピーク:5/5(祝土)、5/6(日)

それ以外にも、ピーク日の前日の午後と、翌日の午前も混雑するので注意。

また、反対方面への移動は、ピーク日であってもそんなに混雑しません。

この予想のもとになっている、JRの過去の参考データを紹介します。

JRの過去の参考データ

JR東日本の2017年と2016年の予約状況から。

北陸新幹線だけでなく、東北新幹線なども混じっているデータなのですが、混雑の傾向を見るにはピッタリです。

2017年のゴールデンウィークは、連休が前半と後半の2つに別れていました。

注目なのは、後半の連休が5日ということ。それもあって下りのピークは、後半の連休の初日。上りのピークは、後半の連休の2日前となってます。

2016年のゴールデンウィークは、連休が3つに別れていました。下りのピークは、最初の連休と2つ目の連休の初日。上りのピークは、2つ目の連休の最終日となってます。

私が独自に調べた直前の予約状況も紹介します。

過去のゴールデンウィーク直前の予約状況

すべてゴールデンウィークの休日の前日に調べました。

「えきねっと(※1)」という新幹線の予約サイトを利用しています。

2017年度

■下り(東京→金沢)

5/3 終日満席。

5/4 午前は満席が多いです。しかし午後になるとかなり余裕。「トクダネ(※2)」が残っているぐらい空いています。

5/6 空いてます。

5/7空いてます。

■上り(金沢→東京)

5/3 メモし忘れ。(^_^;)

5/4 終日ほぼ空いているけど、たまに満席あり。全体で見ればかなり余裕。

5/6 終日満席。

5/7 10:00までは空席あり。10:00~20:00までは満席と残りわずかが交互に混ざる感じ。20:00以降は余裕あり。

※1.「えきねっと」はJR東日本の指定席を予約するためのWEBサイト。
※2.「トクだ値」は「えきねっと」限定のサービス席。通常よりも安い。

過去の経験から

何度かゴールデンウィークの真っ最中に、富山から東京行きに乗りました。

しかし毎回ピークを外していたので、そんなに混雑しません。席にも余裕があります。

連休のど真ん中の日に乗ったときは、空席が目立ちました。午前10時のいい時間帯に乗ったので、少しは混雑するかと思っていたんですが。

どうやらピーク日さえ外せばそんなに混雑しないみたいです。赤ちゃん連れでも安心して乗れました。

新幹線に赤ちゃんと乗るなら抱っこ紐?休憩する方法や、注意点、コツについても

2018.04.23

新幹線に赤ちゃんと乗るならどの席がオススメ?多目的室や子供料金についても

2018.04.19

次はゴールデンウィークに北陸新幹線が混雑する時間帯です。

スポンサーリンク

GWの北陸新幹線が混雑する時間帯

ゴールデンウィークに北陸新幹線が混雑する時間帯は以下です。

独自に調べた直前の予約状況を参考にしました。

下りで混雑する時間帯

ピーク日(連休初日):全時間帯
ピーク翌日(連休翌日):午前中

上りで混雑する時間帯

ピーク日(連休最終日2日前):満席
ピーク翌日(連休最終日):10:00~20:00

当たり前ですが、ピークの日はすべての時間帯で混雑します。

下りの場合は、ピーク日の翌日の午前中も混雑しますね。上りの場合は翌日の10:00〜20:00が混雑してます。

混雑を外したい場合は、これらの時間を上手く避けて新幹線に乗りましょう。

次は、北陸新幹線の予約はいつからかについて。

北陸新幹線の予約はいつから?

北陸新幹線の予約は、1ヶ月前の午前10時からできます。

つまり、ゴールデンウィークの予約であれば3月28〜3月29日から。

北陸新幹線の指定席の予約は、以下の方法で行います。

指定席の予約方法

  • e5489
  • えきねっと
  • モバイルSuica
  • みどりの窓口
  • JRの発券機
  • 旅行代理店 ※手数料が掛かります

このうち「e5489」「えきねっと」「モバイルSuica」は、通常よりも安くチケットを買えたり、ポイントを溜めることが出来ます。

ふつうに買うよりずっとオトクなので、今まで「みどりの窓口」や「発券機」でチケットを買っていたのであれば、ぜひ試してみてください。

事前に予約を入れておく方法

基本的には1ヶ月前に予約を入れれば、余裕でチケットが買えます。

予約を開始してすぐ指定席が埋まることは、まずありません。

しかしどうしても心配だという人には、さらに1週間前から予約を入れることができます。

それは「e5489」「えきねっと」「モバイルSuica」による事前予約という方法。これを利用することで、1ヶ月前のさらに1週間前から予約を入れることが出来ます。

事前受付は1ヶ月前の予約開始のときに、自動的に予約を入れるための予約。

注意点としては、状況によって予約ができないことがあるそうです。その場合はお知らせメールが届きます。

どうしても予約をしたい人は、使ってみても良いのではと思います。

まとめ

ゴールデンウィークの北陸新幹線の混雑予想について紹介しました。

北陸新幹線は、ピークを避ければたいして混雑しません。上手に避けて快適な旅にしたいですね。

北陸新幹線はブームが去ったのか、何か空いている気がします。そういった意味でも、連休中のお出かけには向いているかもしれません。

指定席の予約をする場合は、「e5489」「えきねっと」「モバイルSuica」をぜひ使ってみて下さい。便利ですしメリットも多いですよ。

それでは素敵なゴールデンウィークを♪

個人的には家に居たいです・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です