熱中症の症状で頭痛と発熱と目の痛みを体験!風邪との違いや原因について

熱中症

熱中症のような感じになって、戸惑っている人も多いと思います。

最初は風邪のような感じもして、よく分からないですよね。

そこで私が熱中症にかかったときの体験談と、風邪との違い、何が原因だったのかを紹介します。

スポンサーリンク

熱中症の症状で頭痛と発熱と目の痛みを体験

熱中症に掛かったのは、買い物から帰ってきて昼寝をした後でした。

運転時間を合わせても日差しに当たったのは1時間以下。

だから最初はまさか熱中症だとは、思わなかったのですが・・・。

熱中症の症状は寒気と発熱から始まった

家に帰って、すこし昼寝をしました。

このときから、すでに体の調子は悪かったんですけどね。

すると昼寝から目覚めたあと、すごく不快感が。寒気がして熱が出てきて頭がボーッとします。

「あれ、風邪でも引いたかな?」と思って体温を測ってみると38.4℃。

こんなに体温が高くなったのは久しぶりなので、家族に風邪を引いたっぽいという話をしました。

すると「熱中症じゃないの?」と言われて、初めて熱中症を意識したんですね。

それぐらい最初は、よく分からないものでした。

熱中症の症状で典型的なのは頭痛と目の奥の痛み

身体が発熱したあとには、頭痛が襲ってきました。

ズキンズキンと脈打つような痛み。立ち上がっているのが辛いほどです。

熱中症になると頭痛が続く?対処法と頭痛薬について

2018.07.30

そらに、目の奥の痛みもありました。こちらもやはりズキズキとするもの。目を開いてるのが辛い感じです。

熱中症で目の奥が痛い!ズキズキが減る対処法といつまで続くのか?

2018.07.28

こういった症状は、風邪ではあまりでないと思うので、熱中症のよい判断材料になりそうですね。

水分と塩分をしっかり補給することで、これらの症状はすこし落ち着いたんですが。

でも当日はずぅ〜っとズキズキ感があって、身体を横にして休んでましたね。

熱中症の症状は数日続いた

軽い熱中症の場合は、すぐに回復することもあるようです。

が、私の場合はすぐには回復しませんでした。

ただ発熱に関しては、身体を冷やしていれば、わりと早い段階で下がりましたね。そのあたりも熱中症の特徴なのかもしれません。

夕方に38.4℃あった熱が、夜には37.6℃まで下がってました。翌日もこれぐらいの発熱がありましたが、3日目で37℃に。

頭痛や目の奥の痛みもずーっとありましたが、4〜5日かけて段々良くなりましたね。

次は、熱中症と風邪との違いについて

スポンサーリンク

熱中症と風邪との違いについて

熱中症の症状で風邪と違うところ

あくまで私の体験ベースなんですが。

熱中症と風邪が違うなと思ったのは以下の2点。

  • 鼻水がでないこと
  • 喉が痛くないこと

夏風邪の場合には必ずと言っていいほどある、これらの症状がありませんでした。

特に私の場合は、夏風邪を引くと決まって喉が痛くなります。そういったこともあって、夏風邪ではなさそうだと思いました。

しかし正確な診断は、やはり病院で受けるべきですね。私は休日だったので、やむを得ず家で処置をしましたが、翌日には病院に行きましたよ。

それに人によっては、鼻水や喉の痛みも出るかもしれませんし。

熱中症の症状で分かりにくいのは下痢と吐き気

とても分かりにくいんですが、熱中症は下痢を伴うことがあるそうで。

だから、お腹の調子からは判断しずらいですね。ちなみに私の場合は、お腹の調子はむしろ良かったです。

冷たいものをがぶ飲みしても、お腹を全然壊しませんでした。いつもならすぐ壊すんですけどね。熱中症で身体の深部が熱かったからかもしれません。

あとは吐き気なんですが、これはちょっとありましたね。

でもそんなに酷くなかったのが幸いです。

ちなみに吐き気が続く場合は、水を飲めないと思うので、点滴しか水分補給をする方法がありません。救急で病院に行ったほうが良いと思います。

次は、熱中症の原因は何だったのかについて。

熱中症の原因は何だったのか?

もちろん人によって違うのでしょうが、私の場合は完全に寝不足が原因でした。

熱帯夜が続くようになってから、子供の寝付きが急に悪くなったんですね。おかげで、夜中に何回も叩き起こされてました。

ですので、まともに寝ることができていない状態が1週間ぐらい続いていました。

こうして疲労が溜まっていき、暑さに弱くなっていたんだと思います。

今は子供も慣れたらしくグッスリですけどね。

そもそも私は暑さにはかなり強い方だったので、まったく油断していました。しかし寝不足による疲労が溜まっていると、どうやら駄目みたいですね。

ま、年齢的な衰えもあると思うんけど。もう30代後半だし。

というわけで、子育て中の人は気を付けたほうが良いと思いますよ。

まとめ

熱中症の症状を体験ベースで紹介しました。

初めてかかると熱中症かどうかは、判断しにくいものがあります。

特に太陽にあまりあたっていないと、別の理由だと思ってしまいますよね。

また、熱中症の症状は最初は分かりにくいので、頭痛や目の奥の痛みにつても気を付けてみてください。

あとは普段、風邪を引いたときによくある症状を思い出して、それと比べてみるといいんじゃかなと。鼻水や喉の痛みなどがない場合は怪しいですね。

最後に、熱中症とよく似たものに血栓症なるものがあるそうで。

こちらも初期症状は熱中症とよく似ているそうです。ただし、胸の痛みやロレツが回らない、足のむくみなど特徴的なものがあるそうなので、そのあたりがあれば要注意です。

休日でなければ素直に病院に行くのが良い思いますけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です