人形町で鶏料理といえば!味・鮮度・CP良しの「人形町はやと屋」

さっぱりした新鮮な鳥刺しと、ホクホクの枝豆で晩酌を始めたい時ってありますよね。

しかも出費は控え目にしたい。

ここ人形町はやと屋は、そんな気分にピッタリのお店です。

場所は、人形町駅から5分、浜町駅から5分、ちょうど2つの駅の中間ぐらいにあります。

お店の雰囲気は、実に一般的な大衆居酒屋。客層を見ると、年齢層高めの夫婦、年齢層高めの友達同士、年齢層高めの団体が多いです。

幼い子ども連れや、若いカップルは見かけませんので、家族で食べに行くにはちょうどよい賑わいです。

今回2回目で、メニューの半分ぐらいをようやく制覇したので、お薦めを紹介します。

スポンサーリンク

はやと屋のお通しと前菜

最初にお通しでサラダが出てくるのですが、これが結構美味いです。
調べてみると、無農薬の水耕栽培というこですが、苦味もなく鮮度もよくなかなか美味しいです。

IMG_0901_edamame

お通しの後は、すぐ出る「茹でたて枝豆」。これが本当に茹でたてでホクホクしていて甘みもあり、普通の居酒屋ででる枝豆よりずっと美味しいです。

IMG_0898_torisashi

それと今日は「大山ささみの霜降り」を頼んでみました。これが表面を軽く炙っただけのささみなのですが、柔らさかが半端ありません。

口の中にいれると鶏とはおもえない食感で、旨味も十分にあり、だし醤油につけて食べると絶品です。

スポンサーリンク

はやと屋のメインは鉄板焼きで炙る新鮮な鶏

IMG_0900_teppan

この店では、各テーブルに設置されたミニ鉄板焼きのコンロで、各自が新鮮な鶏を炙ったり焼いたりして頂きます。
お店の説明書きでは、焼き鳥ではなくて、鶏焼き肉という表現になっています。

お店の売りは、なんといっても鮮度がよい鶏肉。
鶏肉のブランドは、大山鶏と知覧鶏になります。どちらも美味しいですが、知覧鶏はコリコリと歯ごたえと旨味の強い鶏肉です。

焼いて食べるときは、こちらのほうが旨味がよく出て美味いです。

前回「おまかせ鳥焼き盛りあわせ」を食べたので、今回はそのとき載っていいなかった鶏の部位を一品づつ頼むことにしました。

今回頼んだのは、「知覧もも」「砂肝」「大葉つくね」「ハツ」「長ネギ」です。

「知覧もも」は盛り合わせにも載っているのですが、すごく美味いのでリピートです。適切に焼いた時の味わいが、なんというか鶏ガラを濾過して濃縮したような旨味があります。これは表面が白っぽくなる程度に軽く炙ったら、直ぐ食べてください。良き焼き過ぎると固くなってしまい、味も食感がよくありません。

実際定員さんに、そのように指導されます。

鳥刺しで出てくるものと、焼き物で出てくるものが、同じものに見えますので、この店の鶏は、たぶん生で食べれるほど新鮮です。
ですので半生ぐらいで食べるのが一番美味しいです。

「大葉つくね」甘さがありお子様味です。シッカリ焼くとジューシーな肉汁が溢れ、それなりに美味しいです。

「砂肝」は内蔵嫌いのうちの嫁が、すすんで食べるほど新鮮で臭みがまったくありません。単品で頼むと、2人で食べるには多すぎるようです。

「はつ」は美味しいのですが、予想外に大量にきてしまいました。非常に油が載っていて美味しいのですが、嫁は見た目で戦線放棄したので、1人で食べることになりました。
1人で食べ切れる量ではないです。

結果、焼き物をたべるなら「おまかせ鳥焼き盛りあわせ」が一番良いということが分かりました。

はやと屋のサイドメニューとシメ料理

これ以外にたのんだ、唐揚げMix+サルサソースも、いろいろな部位の唐揚げが入っていてそれなりに美味しいかったです。

唐揚げ場部位ごと味毎に組み合わせて注文できます。

最後は鳥スープでシメました。ほんとうは鳥ラーメン・親子丼・そぼろ丼までいきたいのですが、鶏焼き肉がボリュームが有りそこまで到達できません。

鶏焼き肉をするときは、服装には注意してください。服の素材によっては割りと焼き鳥の臭いが付いてしまいます。

その他のメニュー:

IMG_0899_menu

スポンサーリンク