【体験談】埋没横向き親知らずを抜いた穴はいつ塞がるのか?

埋没・横向き親知らずは、抜くのも大変ですが、抜いたあとも痛みが続きつらい思いをします。

痛みが治まると、今度は歯の抜けた穴が厄介ですね。

あたりまえの話なんですが、穴に食べ物が詰まるんです。

私の体験を基に、穴はいつ頃小さくなり、いつ頃塞がったのか。それまで、どう過ごしたのかについて紹介します。

スポンサーリンク

埋没・横向き親知らずを抜いた穴

親知らずの抜歯は、静脈鎮静法という方法を使って、無痛で抜いてもらいました。

歯茎を切開して顎の骨を削って抜いてもらったので、意識のある状態ではやりたくなかったんですね。

顎の骨を削るぐらいですので、結構な深さにガッチリ刺さっていました。当然歯を抜いた穴も大きいのですが、米粒が入るぐらいの隙間を残して、きれいに縫合してもらいました。

米粒ぐらいの隙間を残したのは、抜いた部分に溜まる血を外に出すため、とのことです。

米粒ぐらいの隙間の奥は、広い空洞になっています。親知らずは結構な大きさですから、それなりの空洞ができるのは当然ですね。

だいたい米2〜3粒が入るぐらいの空洞でした。深さは1cmぐらいです。

また歯茎を切開して縫合したので、縫合した部分は凸凹のいびつな形になっていました。

スポンサーリンク

埋没・横向き親しらずを抜いた穴に、食べ物が詰まる

親知らずを抜いた穴に食べ物が詰まるんですね。特に最初の頃は米粒がフタをするように刺さって気分が悪かったので、麺類とかうどんとか、穴に詰まらないものを選んで食べてました。

しかしすぐに飽きがきます。ご飯抜きで過ごすのは、食べたいものを食べられず、長続きしませんでした。

仕方ないので、好きなモノを食べて掃除するようにします。掃除用にかったのが、歯間用のブラシです。細い針金の周りにブラシが付いているタイプのものですね。これが掃除をするのにちょうどよくて、持ち歩いて使い捨てしてました。

埋没・横向き親しらずを抜いた穴を、どこまで綺麗にするか

割りと神経質な性格なので、綺麗にしないと落ち着かないんですね。

また親知らずを抜いた穴は、手前の奥歯に接しているので、掃除しないと虫歯の原因にもなりそうです。

そこで徹底的に掃除していたのですが、あまりブラシを突っ込むと痛いし血が出ます。そりゃそうですよね。ですので最初の2週間ぐらいは、かなり控えめに掃除していました。

しかし3週間ぐらいたつと、思いっきり綺麗にしても気にならくなります。歯磨き粉をつけて綺麗にしていました。

親知らずを抜いた穴が小さくなるのは意外と早い

埋没・横向き親知らずを抜いてから約3ヶ月すると、だいぶ穴が小さくなって、食べ物が詰まりにくくなりました。空洞も小さくなって、深さも5mmぐらいになります。

個人差があると思いますが30後半の私は、3ヶ月ぐらいでした。

あまりものが詰まらなくなるので、食事もほとんど気になりません。玄米なんかも平気で食べられます。(玄米を食べるとお米が硬いので良く穴に刺さっていました)

歯茎を縫合した部分の凸凹も殆どなくなりました。

埋没・親知らずを抜いた穴は3ヶ月半で完全に塞がる

埋没・横向き親知らずを抜いてから3ヶ月半で、完全に穴が塞がりました。

切開した部分の歯茎の形も、なめらかになっており、スッカリ何事もなかったかのようです。

抜いた部分の歯茎もシッカリ盛り上がって、そこも何もなかったかのようです。

まとめ

埋没・横向き親知らずの抜歯から、親知らずを抜いた穴が完全に塞がるでの期間は3ヶ月半です。

海外出張や、海外転勤を控えているなら早めに対応しておきたいところですね。海外の歯医者は、話に聞く限りかなり雑ですよ。

そういえば、親知らずを抜いてから、顎が痛くなったり、耳の奥が痛くなることも無くなりました。自分では関係ないと思っていたけど、顎の神経に近い親知らずは、いろいろ影響していたみたいです。

出来ることなら二度と経験したくなですがね。(笑

関連記事

スポンサーリンク