横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜2週間後痛みが治まる〜

親知らずの抜歯後、2週間が経ちます。
私の親知らずは埋没・横向きで、抜歯するのに顎を削ってます。

ようやく痛み止めを飲まずに、過ごせるようになりました。
未だに多少の痛みは残ってます。

抜歯から2週間後の経過です。

スポンサーリンク

痛み止め無しで過ごせるようになった

抜歯後2週間経って、ようやく痛み止め無しで過ごせるように。

抜歯後10日経ったぐらいは、まだ痛み止めを飲んでました。
日中は飲まなくても平気なのですが、夜寝る前に必要です。

2週間過ぎた今は、その痛みも落ち着き、ぐっすり眠れます。
まだ完治ではないんですが、ほとんど気になりません。

痛みは抜歯後1週間で落ち着くものと思っていたので、
こんなに長引くとは予想外。

やっぱり個人差は大きいですね。

スポンサーリンク

噛んだ時の痛みも消えて、何でも食べれるように

抜歯後10日経っても、親知らずを抜いた左側の歯で噛むと、痛みがありました。
2週間経って、ようやく両側の歯で普通に噛めるようになります。

固いものを食べても特に痛みはありません。
後で顎が痛くなることがあるけど‥。

辛いものも問題なく食べられます。カレーもOK。
傷口も穴もスッカリ塞がったようです。

夜寝るとき、すこしだけ痛むことがある

夜寝るときは、1日の疲れが溜まっているのか、顎の付け根を中心に少しだけ痛みます。

今までの痛みと比べれば全然たいしたことはなく、気にせず寝付ける程度です。
親知らずを抜いた側を下にして、横向きに寝ることも平気になりました。

朝寝起きも、多少痛みますが、これも痛み止めを飲むほどではなく、すぐに消えます。

まとめ

親知らずの抜歯後、痛み止めなしで過ごせるようになるのは2週間後でした。
それまでは痛み止めも必要ですし、食べ物にも注意が必要です。

親知らずを抜いた影響ってのは、予想外に大きいですね。
顎の骨を削って処置していますので、怪我と捉えた方が良いのかもしれません。

今思い返しても最初の1週間は辛いものでした。
痛かったのもありますが、傷を治すのに体力を使うので、疲れました。

親知らずを抜くのは、あまり年を取らないうちが良さそうです。

前の記事

横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜1週間後抜糸に行く〜

関連記事

スポンサーリンク