横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜抜いた翌日の腫れ具合と痛み〜

親知らずは抜いたら即終了。ではないですね。

なぜ翌日からなのか?と誰かを責めたくなるほどに、翌日から痛みが襲ってきました。

抜いた翌日と翌々日が腫れと痛みのピークと聞いています。
抜歯当日は、あまりの痛みのなさに「こんなもんか」と勘違いしてた私。

抜いた翌日はどんな状態だったのかレポートです。

スポンサーリンク

抜いた翌日の朝は緩やかな鈍痛で目が覚める

痛み止めの効果が切れたであろう朝方に、それはやって来ました。

昨日の夜の時点では、痛み止めも効いていてすこぶる順調。「親知らずの抜歯なんてこんなもんか」と気分爽快で眠りにつきました。

朝方、段々とズキズキしてきて、眠いけど痛みで目が覚めることに。
痛いけど眠い。痛み止めは食後ってことだし、早朝だったので精神を集中して再び眠りに。

寝たり起きたりを繰り返して、我慢しきれず朝の6時には起きることに。

痛み止め(ロキソニン)を飲むため素早く朝食をとって薬を投入。30分ほどで楽になってきて、もう一度寝ることができました。

後から考えると、さっさと起きて痛み止めを飲めば良かったんですけどね。

スポンサーリンク

親知らずを抜いた翌日は頬が腫れる

親知らずを抜いた当日は腫れがなかったので油断しました。

翌日の方が腫れると聞いていたんですが、まったくその通り。
片方だけ、しもぶくれが酷くなった感じで腫れ上がります。

でも予想よりひどく無かったので「これぐらないら」と妙に安心
冷たいものを当てると気持ち良いので、保冷剤を手ぬぐいで包んで当てておきます。

翌日はこれでなんとか凌げそう。

「翌日までは冷やしていいけど翌々日はダメ」と理由はわからないけど、クリニックから言われています。

親知らずを抜いた次の日はやたらと眠い

怪我を治そうとしてエネルギーを消費しているのか。
もしくは親知らずを抜いた日は、体が消耗したのか。

翌日はとにかく眠くて何回も寝ました。

口の中を縫う程の処置なので、それなりに消耗はしてるんでしょうね。

今日は仕事が出来ない前提で調整していて良かったです。
このあたり、人によって経過は違うみたいです。

親知らずを抜いた次の日の食事は?

普通にご飯を食べられました。塩分多いものとか汁物は傷にしみるので避けます。

一番食べやすかったのはうどんです。柔らかく煮ると噛まなくていいし、口の中でバラけないので傷に触らない。毎回食べてると飽きるけど。

食べるとき、頬が腫れて口が大きく開かないので、小さくしてチョロチョロ食べます。ゆっくり食べるので時間が掛かるんですね。

口の中を縫った紐が、たまに舌に触って気になります。
しかし昨日よりは、口のなかのつっぱりや違和感が落ち着いた感じ。

やっぱり口の中の治りは、早いですね。

まとめ

親知らずを抜いた翌日は、頬が腫れて痛み出します。

体も疲れて眠くなるので仕事はあまり出来ません。あらかじめ働けない日として予定を組んでおくのをお薦めします。

食事は汁物以外なら何でも食べれそうです。あと固いものを噛むと痛いです。

次回は、親知らずを抜いた翌々日の状態です。

次の記事

前の記事

スポンサーリンク