横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜初診に行く〜

埋没した横向きの親知らずが、左下に生えてます。
完全に埋没しているわけではなく、親知らずの端がすこし顔出している状態。

親知らずの端が出ているせいで、ゴミが溜まりやすくなります。近所の歯医者には、「早く抜かないと奥歯が虫歯になったら大変だよ」と言われてます。

分かっていますが、ハッキリ言って手術が恐ろしい。

そう思って放置していたのですが、ある日友人に素晴らしい方法とクリニックを教えてもらいました。

スポンサーリンク

抜歯が全く痛くない治療法

近所の歯医者も腕は良いのですが、埋没した横向き親知らずの処置は恐ろしいものがあります。

1時間位かかる中で、歯茎を切開し歯を砕き、場合によって顎の骨を削って、最後に縫合するという。それを意識のある状態でやるというのが恐ろしい。

知り合いが大学病院で研修医にあたって地獄をみた話を聞いているのでイメージが悪化。

しかし紹介してもらったクリニックでは、静脈内鎮静法といって寝ている間に全てが終わる方法で抜いてくれるとのこと。

そんな奇跡的な方法があるなら最初から教えてよ。と言いたくなる方法です。

手術の内容はだいたい友人に聞いたので、行けるとに行くかと決心して初診を予約しました。

スポンサーリンク

マキデンタルオフィスの初診に行く

マキデンタルオフィスでは静脈内鎮静法という、静脈に鎮静薬などを混ぜた薬を流して、意識がフワッとしているうちに全てが終わるという治療法を行っています。

聞いた話では、寝ている感じで記憶とか意識はないってことでした。目が覚めたら全て終わっていたとの事。

銀座のオフィスに着いてみると、中は綺麗で落ち着いていますね。早速奥に通されて、院長先生の問診が始まります。

院長先生は誠実で優しそうな印象。しかも腰が低くて非常に丁寧。

とても相談しやすい感じの先生なので、血が苦手なことなど気楽に相談することが出来ました。

どうも血とか内蔵とか苦手なんですよね。それも在って今回は静脈内鎮静法を希望しました。

親知らずの状態を確認する

wisdom_tooth_x-ray

親知らずの位置と状態を確認するためレントゲン写真を取ります。

このとき親知らずの位置が、顎の神経に触れていないかを慎重に確認。

顎の神経に近かったり、刺さっていた場合、神経を傷つける可能性があるようです。神経が傷つくと顎の感覚がなくなってしまうとのこと。

私の場合は、レントゲンの横からのアングルで、顎の神経と親知らずが重なって見えました。

この場合はCTスキャンで立体的な画像を生み出し、親知らずと顎の神経の位置関係を測定します。

測定した結果、横から見ると重なって見えるけど、真上から見れば数ミリ余裕があるので抜いても大丈夫でしょうという事に。

CTスキャンは自費診療分として費用が掛かります。

抜歯する日を決めて予約する

無痛治療をするために、前日は飲酒を禁止して、5時間前から食事を控える必要があります。

また抜歯した日から2日ぐらいは、頬が腫れるので出来れば休んだほうがよさそう。

この条件なら木曜日か金曜日の午前がいいので、その日程で予約。

予約日まで時間ができたのですが、何も考えないようにしました。

まとめ

埋没した横向き親知らずの初診では、レントゲンで親知らずの位置を確認します。顎の神経に重なっているように見える場合は、CTスキャンをとって確認します。

CTスキャンは自費診療でしたが、
安全に歯を抜くためにはしょうがないですね。

今からでも辞めれるなら辞めたいけど‥お金払ってるから。

次回はいよいよ、抜歯当日の様子です。

次の記事

スポンサーリンク