横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜抜いて3日目以降の経過〜

埋没・横向き親知らずの恐怖は、抜いたあとが本番でした。

抜いて3日経ってから、本格的に痛み出したんです。

「抜いてしまえば後はいいだろ」

な〜んて思ってたんですが、まさか抜いた後のほうが辛いという。。

親知らずを抜いて3日目以降のレポートです。

スポンサーリンク

親知らずの痛みは抜いた3日目以降が本番だった

個人差はあると思うんですが、抜いて3日目以降からが激しく痛み出しました。

朝はズキズキとした痛みで目が覚めます。ジワジワ痛くなってきて、痛みが眠気に勝ったとき、目が覚めるんですね。

しかもなぜか抜いた場所以外の歯も痛み出して。

とてもじゃなけど我慢しきれないので、起きてすぐ痛み止めを飲み込むことに。
飲んでみても、何だか効きが弱くて、痛いんですよね。

なんとか寝れるぐらいの痛みになったところで、もう少しだけ寝ました。
寝て起きて午前中は悶々として過ごし、昼飯後にもう一度薬を呑んでようやく楽に。

スポンサーリンク

親知らずを抜いてから4〜6日目の様子

親知らずを抜いて4〜6日目が一番痛みました。

朝はズキズキして起きるし、日中も痛み出すと今抜いたばかりのように痛くて全く集中できない。

後から知ったのですが、親知らずがなかなか抜けなくて顎の骨も結構削ったとのこと。やっぱり骨を削ると痛み方も違うのか、途切れること無く痛いんです。

よく寝れないので疲労も溜まっていき、繰り返す痛みと消耗でヘロヘロに。
頭を抱え込んで険しい顔をしている時間が多くなり、とっても感じの悪い人に(笑)。

デスクワークなので、眼精疲労や血行不良が影響して、さらに痛みを増す感じがして、夜は結構地獄です。

親知らずを抜いて7日目以降

親知らずを抜いて7日目で、ようやく痛みのピークが下がった気がします。

繰り返しやってくる痛みの継続時間も少し短くなったし。

相変わらず朝方は痛くて、薬を飲まないとやってられないのは同じです。

口の中を縫っているので、たまに舌で糸を触ってしまうのですが、糸がちょっと解けてしまいました。あまり触らないほうが良かったみたいですね。

血の味もしなくなったので、出血も止まったようです。

まとめ

親知らずは、抜いて2,3日目がピークっていうのは、必ずしも当てはまらないようです。

特に抜くのが大変で、顎の骨を削ったりすると、7日たっても相変わらず痛い。

痛みが続く間は、仕事が手につかないので、忙しいプロジェクトに入っている人は、時期を見たほうがいいです。余裕のあるプロジェクトか、もしくは長期連休の直前にやるのがベストです。

調べてみると、人によって痛みの長さも違うみたいで、2週間以上という人も結構いたりします。「2,3日で終わるだろう」と甘い見積りをしていると、後で酷い目に合うかもしれません。

親知らずの抜歯は、余裕のあるスケジュールで取り組むことをお薦めします。

次の記事

前の記事

スポンサーリンク