親知らず抜歯後の歯磨きで気をつけるべきこと3つ

親知らずの抜歯後は、歯磨きをどうするか悩みますよね?

私の親知らずは、横向きで埋没してるため歯茎を切って抜歯しました。
そのため抜歯後は、歯茎が縫われている状態です。

家に帰ったあと「あれ?歯磨きどうすんだ?」
と気になって調べました。

スポンサーリンク

抜歯当日は、歯磨きを控える

抜歯後は抜いた部分に血餅(血が固まってゼリーのようになる)ができます。
これはかさぶたの様なもので、抜歯後の穴を塞ぐのに欠かせないものです。

血餅は血が固まることで作られます。
固まりかけた血は、うがいで取れてしまうことも。
血餅ができないとドライソケットや細菌感染など、不幸な事態がおきます。

ドライソケットは血餅が取れて骨が露出してしまう状態のこと。
かなりの激痛みたいです。
ただでさえ痛いのに、これ以上は‥。

抜歯当日は、歯医者から処方された消毒薬を含んで吐くだけにしました。

neostelin_green

予想通りなんですが、消毒薬は傷口にしみます。
ジーンと後から痛くなる感じ。
この痛みは10〜20分ぐらいで収まります。親知らずの痛みよりはマシです。

関連記事

スポンサーリンク

歯磨きの後、強いうがいをしない

抜歯後、数日たっても、血餅は強くうがいをすると取れてしまうことがあるそうです。

歯茎を縫っている場合は、歯を抜いた穴が埋まっているので、
大丈夫な気もしたんですが、念のため強くうがいをするのは避けました。

歯磨きの後は、ガラガラとした強いうがいではなく、
ブクブクと優しいうがいをしました。

強くうがいできないので、歯磨き粉もかなり控えめです。

抜歯後6日目ぐらいまでは、水といえど傷口に染みます。
歯磨き粉が多すぎると、きっと悲しいことになりますよ。

歯磨きのとき、患部に触れない

歯磨きのとき、患部に触れてしまうと刺激になります。
単純に痛いですね。

歯茎を縫っている場合は、歯ブラシに糸が絡みついて、ほつれてしまうことがあります。

「そんな簡単に、ほつれるの?」

と思うかもしれません。
歯茎の修復のため、傷口が変化することで糸がほつれることは、よくあるみたいです。

実際、抜歯後6日目に、糸の汚れが気になって歯ブラシを当てました。
すると糸がすこし、ほつれてしまう事態に。(;´Д`)

翌々日には抜歯なので放っておきましたが、抜歯後2,3日だったらマズかったかも。
触らないよう気をつけていた割には、最後はほどいてしまったわけです‥。

まとめ

親知らずを抜歯した当日は、歯磨きを控えます。

歯磨きは翌日以降をお薦めします。
ただし、強くうがいをしなくて済むように歯磨き粉の量を減らして。
傷口に染みますしね‥。

元通り歯磨きをするようになったのは抜歯後7日目。抜糸した日からです。
抜糸のときに、傷口の状態を確認してもらえるので、そこでOKが出ると安心ですね。

それまで歯磨きは、控えめにしておくことをお薦めします。

関連記事

スポンサーリンク