親知らず抜歯後の歯磨きで気をつけるべきこと3つ

親知らずの抜歯後は、歯磨きをどうするか悩みますよね?

家に帰った後「あれっ?歯磨きどうしよう?」と気になったので調べました。

親知らずを抜いた後の歯磨きで、気をつけるべきこと3つを紹介します。

スポンサーリンク

親知らずを抜歯した当日は歯磨きを控える

親知らずを抜いた部分には、“血餅”という血が固まったゼリーの様なものが作られます。

“血餅”はかさぶたの様な働きをするもので、歯が抜けた穴を塞ぐのには欠かせません。血が固まることで”血餅”になるので、固まりかけの状態では、うがいで取れてしまうことがあります。

血餅ができないと、骨が丸出しになってドライソケットや細菌感染になることも。

ドライソケットとは、骨が露出してしまう状態のこと。これ、かなりの激痛らしい。しかもあらためて”血餅”を作るために、歯が抜けた穴の周辺を傷つけて血を出すんだとか。(^_^;)

親知らずを抜いた後は、ただでさえ痛いのに・・・。

親知らずの抜歯後に痛み止め‥飲んだけど痛いよ?

2016.04.23

というわけで抜歯当日は、歯医者から処方された消毒薬を、軽く口に含んで出すだけにしました。

neostelin_green

予想通りなんですが、消毒薬は傷口にしみます。

ジーンと後からしみて痛い感じ。この痛みは10〜20分ぐらいで収まります。親知らずの痛みと比べれば、全然大したことありません。

親知らずを抜いた翌日からは、歯磨き後のうがいに気を付けます。

スポンサーリンク

歯磨きの後は強いうがいをしない

歯を抜いてから数日たっても、強いうがいをすると血餅が取れてしまうことがあるそうです。

私の場合は、歯茎に親知らずが埋没していたので、歯茎を切って抜歯しました。そのため歯茎が縫われている状態です。

横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜えっ?終わり?静脈内鎮静法に感動〜

2016.04.16

歯茎を縫って、歯の抜けた穴を塞いでいる場合は大丈夫な気もします。でも、念のため強くうがいをするのは避けました。

歯磨きの後は、ガラガラとした強いうがいではなく、ブクブクと優しいうがいをします。歯を水に一瞬だけ浸す感じです。歯磨き粉を付ける量もかなり控えめ。

抜歯後は水といえど傷口にしみます。しみないようになったのは、一週間たった頃です。

歯磨きのとき患部に触れない

歯磨きのとき、患部に触れてしまうと刺激になります。

当たり前ですが、触らないほうがいいですね。

それ以外にも歯茎を縫合している場合は、歯ブラシに糸が絡みついて、ほつれてしまうことがあります。

「そんな簡単に、ほつれるの?」と思うかもしれません。しかし歯茎が治っていく途中で傷口が変化し、その影響で糸がほつれてしまうのは良くあることみたいです。

私は抜歯後6日目に、歯茎を縫合している糸の汚れが気になって、歯ブラシをちょっと当ててしまいました。すると糸がほつれてしまう事態に。もしかしたら歯茎が治ってきたことで、ほつれてしまったのかもしれませんが。

翌々日には縫合している糸を抜く予定なので、ほつれた糸はそのまま放っておきました。もし抜歯後2〜3日のときに解けてしまっいていたら、大変だったと思います。

ということがあるので、歯茎を縫合している糸は抜糸するまで触らないほうが良いですよ。

まとめ

親知らずを抜歯した当日は、歯磨きを控えます。

処方されているうがい薬を軽く口に含んで、出すだけにしましょう。

歯磨きは翌日以降にします。歯を磨いたら強いうがいをしないよう注意。固まりかけた”血糊”が、取れてしまったら酷いことになります。

また、強くうがいをしなくて済むよう、歯磨粉の量は減らしておきましょう。

いつも通りに歯を磨けるようになったのは、抜歯後7日目以降。歯茎を縫っていた糸を、抜いてもらった日からです。糸を抜くときに傷口の状態を確認してもらえるので、そこでOKが出るとより安心して歯を磨けますね。

それまでは、歯磨きは控えめにしておくことをオススメします。

横向き親知らずの痛くない抜歯体験 〜1週間後抜糸に行く〜

2016.04.22
スポンサーリンク