無農薬・無洗米・放射能フリー!3つの条件が揃ったお手頃価格のお米は?

お米を選ぶ基準って何でしょうか?

小さい子供がいるので、次の3つを大事にしています。

・無農薬
・無洗米
(これは研ぐのが面倒くさいから)
・放射能フリー

今回はさらに要求を高くして、第三者に認証されていて、お値段が手頃なものを探しました。

そして選んだものがこれです。

スポンサーリンク

特別栽培米コウノトリ育むお米は安心・安全な無洗米

kounotori_rice

コウノトリ育むお米は農薬節減タイプと無農薬タイプの2種類があるのですが、もちろん無農薬タイプのお話です。

ではその安全性を見ていきたいと思います。

ポイント1:特別栽培米
特別栽培米なので地域の一般的なお米より、農薬・化学肥料が50%以下。

ポイント2:無農薬タイプ
無農薬タイプとなっていますが、これはちょっとややこしい説明が必要です。

商品には“節減対象農薬:栽培期間中不使用”と表示されています。

これを簡単に言うと、一部許可された農薬は使っている可能性があるということ。

しかし商品の紹介ページには無農薬と宣伝があります。

分からなかったので問い合わせしてみました‥手間かけてごめんなさい(;´д`)。

非常に丁寧な回答を頂き、この商品は栽培履歴を確認しても無農薬であるとのこと。

“節減対象農薬:栽培期間中不使用”に関しては表示を検討するという事でした。

これで農薬に関しては安心ですね。

関連記事

ポイント3:ひょうご安心ブランド認証
兵庫県が認証する「ひょうご安心ブランド」である。

主に農薬やら生産工程について、兵庫県が独自に認証している規格のようです。

ポイント4:放射能フリー
兵庫県なので、放射能汚染地域ではありません。

ポイント5:無洗米
手間いらずの無洗米。

下手に米を研ぐより、無洗米の方が炊きあがりが美味しいと思います。

こうしてみると、なかなか安心なお米なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そもそもコウノトリって何だ?

コウノトリって聞いたことはあっても、しっかりイメージ出来ます?

このお米はコウノトリを育む栽培がコンセプト。

まずはコウノトリに軽く触れておきたいと思います。

特別天然記念物 コウノトリ

  • 全長約110〜115cm
  • 翼開長160〜200cm
  • 体重4〜5Kg
  • 食生:ザリガニ、カエル、魚類、ネズミなど
  • 主な生息地:中国東北部やアムール川流域
  • 総数:推定2,000~3,000羽
  • 絶滅危惧種

明治までは日本各地で見られたようですが、その後の環境変化、太平洋戦争を経て減少し、やがて日本では絶滅したようです。

世界的に見ても数が少なく絶滅の危機にあります。

出来ることなら繁殖して欲しいですね。(^_^;)

特別栽培米コウノトリ育むお米の値段はお手頃か?

2016年現在の価格で、コウノトリ米(無農薬タイプ)の無洗米5kgで3680円 (税込) 。

ネットで無農薬米を探した所、価格帯は3千円弱〜5千円弱でした。

その中で更に公的認証がある無洗米となると総数自体が少なく、コウノトリ米が一番お手頃でした。

無洗米でなく普通の精米でよければ、3200円ぐらいからあります。

今回の条件で探したなかでは、お手頃価格なんじゃないかと。

コウノトリ育むお米を買うことは環境にも優しい

せっかくなので、このお米のコンセプトも確認しておきましょう。

このお米は、コウノトリが育つ環境を作る事がコンセプトです。

なるべく農薬とか化学肥料を使わないで、田んぼに生き物がいっぱいいる状態を作っています。

お米の栽培の仕方も普通とは異なり、なるべく田んぼに水を張っておき、生き物を増やしているようです。

そうすることで餌が増えるので、コウノトリ、その他の動物が助かるというわけですね。

そんなお米を買うことは、ちょっとはコウノトリと環境に貢献でているのではないかと。

特別栽培米コウノトリ育むお米(無農薬)のまとめ

コウノトリ育む米の品種はコシヒカリです。

つやっとしていてモチモチ感があり美味しいですよ。

個人的にはもっと好きな品種がありますが、安心なコウノトリ米を選んでいます。

安心でお手頃価格の無洗米を探している方、コウノトリ米おすすめですよ。

 

スポンサーリンク