喪中はがきの書き方と文例!続柄や年齢、表書きなど詳しく解説

喪中はがき

喪中はがきの書き方について詳しく解説します。

基本的な書き方を説明しつつ、差出人が連名の場合の続柄年齢は数え年にすべきか、表書きはどうする、など誰もが迷いそうな部分についても説明します。

また、最後に文例も紹介します。

それでは早速見てきましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきの書き方

喪中はがきの書き方

喪中はがきの書き方を、順に見ていきます。

喪中はがきの挨拶文

喪中につき新年のご挨拶を控えさせていただきます

喪中はがきの挨拶文では、新年の挨拶を欠礼することを伝えます。

挨拶文では、賀詞(例えば、年賀、謹賀など)を使わないように注意しましょう。賀詞には祝う意味が含まれているので、喪中はがきに相応しくありません。

代わりに、「年頭」「年始」「新年」などを使います。

喪中はがきの本文

本年九月 祖母 関心無子が八十二歳で永眠いたしました

本文では、いつ誰が何歳で亡くなったのかを明記します。亡くなったことは、「永眠」や「他界」などの言葉を使って表現するのが一般的です。

いつ誰が何歳で亡くなったのかについては、書かなくても良いとされていますが、受け取った側が知りたいと思うことがあるので、書いたほうが良いでしょう。

もし同じ年に2人以上亡くなった場合は、故人を連名で書くこともできます。

《例》
本年十月 父 中央 太郎が八十歳
本年九月 義母 足立 花子が七十九歳
が永眠いたしました。

Q:故人が2人いる場合、連名にしてもよいでしょうか?
A:連名でも差し支えないでしょう。その際は続柄、姓などが受け取った相手に伝わるよう
注意しましょう。

出典:郵便局「喪中はがき」

喪中はがきの結びの挨拶文

ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に
明年もかわらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

結びの挨拶として、今までのご厚情に対するお礼や、変わらぬお付き合いのお願になどを記載します。

その後に「向寒の折からいっそうのご自愛のほどお祈りいたします」など、相手への気遣いを入れると、さらに丁寧になります。

喪中はがきの年齢の書き方

故人の年齢を書くときは、「数え年」を使うのが本来のマナーです。

「数え年」は生まれた年を1歳とし、元旦が来るたびに+1歳とする数え方。私達が普段使っているのは、生まれた年を0歳とし、誕生日が来るごとに+1歳とする「満年齢」です。

ですが最近では、「満年齢」で記載する人も増えているようです。それはそうですよね。何も知らずに喪中はがきを受け取れば、ふつうは「満年齢」だと思います。

Q:故人の年齢は満年齢・数え年のどちらで記載すればよいでしょうか?
A:一般的には数え年で記載しますが、満年齢で記載する場合も増えています。

出典:郵便局「喪中はがき」

この問題は七五三でも同じように見受けられます。七五三も本来は「数え年」なんですが、最近では「満年齢」が多いようです。

「数え年」は昔の中国の数え方で、日本も昔はそれに習っていました。ところが今では中国も日本も「満年齢」を使っていて、こちらが世界標準です。

という背景もあり、個人的には「満年齢」で良いのではないかと思います。

年齢はやはり漢数字で書きます。

喪中はがきの続柄の書き方

喪中はがきの続柄は、差出人から見た続柄を書きます。

また、差出人を夫婦連名で書くときは、筆頭人(たいていは夫)から見た続柄を書きます。筆頭人は右側に記載します。

Q:妻の親が亡くなり夫婦連名で喪中はがきを出す場合、続柄はどうすればよいでしょうか?
A:差出人の代表である夫から見た続柄を入れましょう。

出典:郵便局「喪中はがき」

続柄について分かりやすいように、夫から見た続柄を表にまとめました。

《夫から見た続柄》

親等数 続柄 表記例
0親等 妻、家内
1親等 息子、娘、長男、次男、長女、次女…
父、実父、養父
母、実母、養母
妻の父 父、義父、岳父
妻の母 母、義母、丈母
2親等 孫、孫息子、孫娘
兄弟姉妹 兄、弟、姉、妹
妻の兄弟姉妹 兄、弟、姉、妹、義兄、義弟、義姉、義妹
祖父母 祖父、祖母
妻の祖父母 祖父、祖母、義祖父、義祖母

これ意外にも例えば妻の父であれば、分かりやすいように「妻の父○○」とか「(妻の名前)の父○○」などのように書いても問題ありません。

ちなみに上の表は、妻から見た続柄にしても、ほとんど同じです。

妻から見た続柄の場合は、「岳母」と「丈母」が使えないのでそこだけ注意。「岳父」「丈母」は、夫から見た妻の父母に対してだけ使える尊称です。

喪中はがきの日付の書き方

喪中はがきの日付の書き方は、2通りあります。

1つは喪中はがきを書き上げた年月。もういっぽうは必ず十二月と書きます。いずれも日にちは不要で年月まででOK。

これは、マナー本によって書いていることが違ったので、納得のいくほうで構わないと思います。後者の方は恐らく喪中はがきが12月に届く前提で、そうなっているんだと思います。

年は西暦ではなく和暦を使って、やはり漢数字で書きましょう。

《例》
平成三十年十二月

喪中はがきの差出人の書き方

喪中はがきの差出人と差出人住所、郵便番号を書いていきます。

一緒に電話番号を書く人もいますが、電話番号は必須ではありません。お互いに電話番号を知っている仲であれば不要ですね。

また、差出人を連名で書く場合は、筆頭者が一番右に来るように書きます。そして、筆頭者だけフルネームでかいて、それ以外の家族は名字(姓)を書かないようにします。

《例》
山田 太郎
花子

もし、差出人に子供の名前も連名で入れてよいのか悩んでいるようでしたら、以下の記事が参考になると思います。

喪中はがきの差出人に子供を連名で書くのはあり?子供の友達にはどうする?

2017.10.09

喪中はがきの表書き(宛名)

喪中はがきの表書きには、宛名を書いていきます。この書き方は、普通のはがきと同じ、相手の住所と氏名を書きます。

ただし普通と違うのが差出人の部分です。差出人は表に書かなくても問題ありません。既に裏側に書いてますので。

喪中はがきでは句読点を使わない?

儀礼などの改まった文章では、「。」「、」など句読点を使わないのがマナーです。

例えば賞状なども、よく見ると句読点がありません。

句読点はもともと子供が勉強するときに使われたもので、大人の文章においては使われませんでした。明治時代になって西洋文化が入り、句読点も使われるようなっていったのです。

ですので改まった文章では、昔からの日本の慣習として句読点は使いません。しかし最近では伝わりやすさを重視して、句読点を使う人が増えています。

それも寂しいですね。

喪中はがきは薄墨で書くべき?

弔事などの不祝儀袋の表書きは薄墨で書くのがマナーです。

これも昔からあるマナーで、涙で墨が薄まってしまったことを意味しています。

ですが喪中はがきの場合は、葬儀から日数も経っていますし、薄墨でなくても構わないという意見も見受けられます。

喪中はがきの受け取り側もそこまで気にしないとは思いますが、できることなら薄墨で書くのがベターですね。薄墨筆ペンなど200円程度で売ってますよ。

次は喪中はがきの文例をいくつか見ていきましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきの文例

喪中はがきの文例をいくつか紹介します。

《例文1》

喪中につき新年のご挨拶を控えさせていただきます

本年●月 祖母 ○○が▲歳で永眠いたしました

ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に
明年もかわらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

《例文2》

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年●月に義母○○○が▲歳にて永眠いたしました

生前賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に
明年もかわらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます
向寒の折からいっそうのご自愛のほどお祈りいたします

《例文3》

喪中につき年頭のご挨拶を差し控えさせていただきます

本年も残すところあと僅かとなりました
皆様にお変わりなくお過ごしのことと存じます

本年●月 父○○が▲歳で他界いたしました

平素のご芳情に厚くお礼申し上げますとともに
明年もかわらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
皆様にはどうぞよいお年をお迎えくださいますよう
お祈り申し上げます

《例文4》

喪中につき年始のご挨拶を控えさせていただきます

●月 祖父○○が▲歳で他界いたしました

生前賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
なお時節がらご自愛のうえよき新年をお迎えくださりますよう
心からお祈り申し上げます

《例文5》

喪中につき年頭のご挨拶を失礼させて頂きます

本年も残すところあと僅かとなりました
皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます

去る●月 義母○○が▲歳にて永眠いたしました

本年中に賜りましたご芳情に感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
皆様がよい年を迎えられますよう心より祈念しております

まとめ

喪中はがきの書き方と文例を紹介しました。

実は喪中はがきの風習はまだ新しいものなので、これが唯一絶対といえるほどのマナーはありません。明治の頃に皇室の大喪がキッカケで始まり、一般に広まったのは昭和30年代です。

ですので家庭や地域によって差があるのも当然です。ここではマナー本などを参考に、一般的に広まっている考え方をマナーとして紹介しました。

喪中はがきは、喪中のために年賀を欠礼することを伝える挨拶状です。

年賀欠礼のご挨拶と、いつ誰が亡くなったか、お世話になったお礼、かわらぬお付き合いのお願いを、きちっと伝えるのが何より大切です。

これが常識・非常識など、あまり細かい部分に捕らわれ過ぎないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です