喪中はがきはいつまでに出せば良い?出す相手の範囲と購入場所も解説

喪中はがき

喪中はがき出さなきゃと思い始めて、最初に気になるのが、いつまでに出せば良いのか?ですよね。

そして喪中はがきは誰に出すべきか?出す相手の範囲も気になるところ。

喪中はがきを用意するにあたり、一番最初に気になるこの辺りのことを解説します。最後に、喪中はがきの購入場所についても紹介します。

それではまず、喪中はがきはいつまでに出せば良いか?から見ていきましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきはいつまでに出せば良い?

郵便ポスト

いつまでに出す?

喪中はがきは、相手が年賀状を書き始める前に出しましょう。

その具体的な時期はいつかというと、11月中になります。

こちらのリサーチ会社のアンケートによると、年賀状を11月に書くという人は3%未満。いっぽう12月以降に書くという人は70%以上になってます。

ですので、11月の末日までに喪中はがきが届くようにすれば、たいていの場合は間に合いますね。

しかし、もしどうしても11月中に届くように出せなかった場合は、いつがギリギリラインになるのでしょうか?

ギリギリラインは?

もし11月中に喪中はがきが届くように出せなかったり、この時期に身内の不幸があったりした場合は、12月15日までに届くように出すのがギリギリラインです。

というのも12月15日からは、郵便局で年賀状の引受を開始します。早い人は、この日に年賀状を出してしまうかもしれませんね。

そして、このときまでに届くようにするのであれば、ある程度日数に余裕を持って、12月11日には投函しておきたいですね。

次は、喪中はがきはいつから出せるのかについてです。

いつから出せる?

喪中はがきは、出そうと思えばいつでも出せますね。(汗)

ですがたいていは、11月中に届きます。

この時期に届く理由は、喪中はがきをあまりに早くに送ると、相手が年賀状を書く前に喪中のことを忘れてしまう可能性があるからです。

ですので早く出したい場合でも、10月の中旬過ぎが良いと思います。

年賀状の販売開始は10月の末日〜11月1日です。せっかく早く出すのでしたら、その前に届くようにするのが良いと思います。

次は喪中はがきを出す相手の範囲を確認してみましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきを出す範囲はどこまで?

喪に服す人々

喪中はがきとは、正確には年賀欠礼状のことで、

「今年は喪中なので新年を祝賀できません。だから年賀状による挨拶は欠礼させて頂きますよ」

というのを相手に知らせるものです。

そういった意味から考えれば、基本的には年賀状のやり取りをする人には、喪中はがきを送るべきです。

でもそのように一律で決めてしまうと、やり辛くなってしまいますね。ケースごとに妥協できる範囲を見定めましょう。

仕事関係者には出すべき?

その仕事関係者と毎年、年賀状のやり取りをしているのなら、本来は喪中はがきを出すべきです。

が、最近では、仕事関係者には喪中はがきを送らない人が多いです。

その場合は、喪中はプライベートなことと考え、パブリックな関係にある仕事には影響が及ばないと考えるのだとか。

というようなことが複数のマナー本に書いてあったりします。が、どう考えてもこじつけですね。(笑)

しかし、仕事関係でしか付き合いのない人に、余計な気を使わせないというのも、気遣いのある考え方だと思います。私も個人的にはこの考え方に賛成。

ちなみにこの場合は年賀状を出します。

別の方法としては、年賀状を頂いてから年明けに寒中見舞いを出す方法もありますが、それなら予め喪中はがきを出しておけば済む話ですね。

葬儀に参列してくれた人にはどうする?

喪中はがきは、葬儀に参列した・してないに関わらず、毎年のように年賀状のやり取りしてきた人には出すべきです。

葬儀に参列してくれた人は、既に知っているので出さなくても良いのでは?と考えてしまうのも無理はないのですが・・・。

喪中はがきはあくまで「今年は年賀状による挨拶を、欠礼させて頂きますよ」という年賀欠礼状です。喪中であるかどうかを、お知らせるためのものではないんですね。

もし喪中はがきを出さないでいると、年賀状を出してもOKなのかなと判断する人がいるかもしれません。喪中の範囲や期間は、人によって考え方が違うことがあります。

そうした場合、こちらは喪中なので年賀状は出せません。ですので、寒中見舞いで改めて対応したりなど、年賀状を出す側も貰う側も残念な気持ちになります。

友人関係には出すべき?

友人関係も今までの説明と同じことです。

基本的には、毎年のように年賀状のやり取りをしている人に対して、喪中はがきを出します。

親族間はどうするのか?

親族間の場合は、お互いに承知している前提で省略することがあります。

ただし、喪中の範囲や期間は人によって捉え方が違うことがありますので、確認しておいた方が良さそうです。

喪中はがきを出さなければ、年賀状が届くこともありえます。

ところで喪中はがきを出すのって、自身が喪中だからですよね?でも実は喪中の範囲や期間って、捉え方によって違ってくる可能性があります。

あらためて自身が喪中なのか確認してみましょう。

喪中の範囲と期間

喪中

喪中の範囲

喪中の範囲は、以下の2つの考え方が一般的です。

  • 2親等以内
  • 1親等+同居の2親等

後者のほうが現代の事情にあっている気がしますね。

《1親等+同居の2親等の表》

親等 続柄
0親等 夫、妻
1親等 父母、子供夫婦
2親等 同居の祖父母、同居の兄弟姉妹、同居の孫

ただし、必ずしもこの範囲だけが喪中というわけではなく、3親等でも同居であれば喪中にするなど、故人との繋がり次第で違ってきます。

もともと喪に服すとは、強制されることではありませんので、自分の気持ち次第です。

喪中の期間

喪中の期間は、1年間(亡くなった月から数えて13ヶ月)というのが一般的です。

ところが本来これは、続柄によって違います。

続柄 期間
父母 12〜13ヶ月
子供 3〜12ヶ月
祖父母 3〜6ヶ月
兄弟姉妹 3〜6ヶ月

さらに一昔前の喪に関する法律「服忌令」では、もっと細かく喪中期間が定められていました。明治7年に施行されたこの法律は、昭和22年に廃止されるまで続き、今の喪に関する慣習の基礎となっています。

そしてもっと正確にいうと、喪中期間には『忌中期間』が含まれていて、年賀状など祝い事ができないのは、本来はこの『忌中期間』だけになります。

『忌中期間』も続柄によって長さが違うのですが、長くても50日程度です。ですので、本当は喪中はがきを出すなくても良かった、なんてケースが多々あるのです。

しかしながら、『忌中期間』について正しく知っている人は、とても少ないです。ですので、現実的には一般論に合わせることになります。

このあたりをもっと詳しく解説している記事がありますので、良ければ参考にしてください。

喪中の範囲は親族のどこまで?喪に服す期間や年賀状は出せるのかも分かる

2017.10.01

よって、自身が喪中なのかどうかは、考え方次第になります。ただ一般論に合わせておかないと、いちいち周りに説明することになって面倒ですね。

ここは大人しく一般論に合わせておくことをオススメします。(笑)

自身が喪中なのかどうか確認できましたら、最後に喪中はがきの購入場所について確認しておきましょう。

喪中はがきの購入場所

はがき

喪中はがきを購入できる場所は、いくつかあります。

郵便局

一番メジャーなのが郵便局。郵便局では、毎年10月1日から喪中はがきを販売開始します。

1パック5枚入りで510円から売ってます。デザインは幾つかあり挨拶文も印刷済み。数量限定のため無くなり次第終了です。

サンプルを見たければこちらから。

また郵便局のオンラインサービスを利用すると、デザインを選択し住所や宛名を入力するだけで、喪中はがきを作成できます。さらにそのまま投函することも出来て便利です。

コンビニ

コンビニでも、店頭で喪中はがきを購入することができます。ただしお店によって扱ってなかったりするので、あまり確実ではありません。

またコンビニも郵便局と同じように、オンラインサービスで喪中はがきを作成することが出来ます。

Amazon・楽天

Amazonや楽天でも、喪中はがきを買うことができます。

既製品を買うなら通販で買うのが最安です。もちろんインクジェット用の喪中はがきも最安で購入できます。

また1枚から購入できる点もメリットですね。

官製はがき

喪中はがきには、普通の官製はがきを利用しても問題ありません。

私製はがきでも問題ありませんが、この場合は弔事用の切手を購入して貼る人が多いです。弔事用の切手は、郵便局で手に入ります。

しかしどうせ郵便局に行くなら、胡蝶蘭の切手が印刷されたタイプの官製はがきを買うのがオススメです。通常タイプとインクジェット用のものがあります。

勿論お値段は最安の62円。

オンライン印刷サービス

オンライン上で、喪中はがきを作成してくれるサービスもあります。

カスタムで喪中はがきを作るのなら、こういったサービスが一番簡単で便利です。お値段的にも郵便局やコンビニより優れてます。

特に喪中はがきを大量に作成する場合にオススメ。

11月13日迄送料無料45%OFF喪中はがき印刷Cardbox

まとめ

喪中はがきはいつまでに出せばよいのかと、出す相手の範囲について解説しました。

喪中はがきは、相手が年賀状を書き始める前に出すべきです。

リサーチ会社によれば、年賀状は12月に書く人が圧倒的。ですので11月末までに届けるのがベストでしたね。

また喪中はがきを出す相手の範囲については、以下を参考にしてください。

喪中はがきを出す範囲

  • 仕事関係者には出さない
  • 葬儀に参列した人でも出す
  • 友人関係には出す
  • 親族間では出さない

最後にもう一度、自分が喪中にあたるのかどうか確認して、もし喪中はがきが必要であれば、枚数に合わせて相応しい場所から購入してください。

喪中はがきは早めの対応がオススメです。

<参考文献>
はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル 著者: 吉川美津子

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です