喪中はがきの差出人に子供を連名で入れるべき?子供の友達には必要?

喪中はがき 喪中

喪中はがきの差出人に子供の名前も入れるべき?というところで悩みました。

年賀状には子供の名前も入れてますので、喪中はがきでもと思ったんですが・・・。

本来どうするのがマナーなのか、みんなはどうしているのかを紹介してます。

また、子供の友達へ喪中はがきを出すべきかも見ていきます。最後に子供が本当に喪中の範囲なのかも確認しましょう。

スポンサーリンク

喪中はがきの差出人に子供を連名で入れるべき?

家族

結論から言うと、差出人に子供の名前は書いても書かなくても、どっちでもOKです。

うちの場合は、みんなの意見を参考に「書かない」ことにしました。

なぜそうなったのか振り返ってみます。

まず、この問題に関しては、一般的なマナーを探しても見つかりません。

そもそも喪中はがきの歴史は浅く、伝統的なしきたりもなければ、神道や仏教の儀礼もないんですね。

この辺が分かると、喪中はがきのマナーって誰が決めたの?という疑問まで沸きます。

そこで、喪中はがきの起源を探ってみると。

喪中はがきの起源

喪中はがきの起源は、明治31年の英照皇太后の大喪の際に、官吏が年賀欠礼の書状を出したのが始まりといわれています。

それが官吏以外にも広まり、昭和初期の頃に風習となりました。

その後、昭和30年代のお年玉付き年賀はがきの大ヒットにあわせて、喪中はがきの風習が一般家庭にも広まります。

といわけで、そもそも皇室や神道や仏教が起源ではなく、官吏が始めたことなんですね。

しかも庶民に広まったのは昭和30年と、わりと最近のこと。慣習となるほどのマナーが無いのも当然です。

それに喪中はがきが庶民に広まったのは、お年玉付き年賀はがきの大ヒットがキッカケ。

バレンタインデーと同じように、ビジネス目的で印刷屋か郵便局が広めたんじゃないかという気さえしてきます。

というわけで喪中はがきのマナーは、あまり気にしなくて良さそう。

でも、みんなはどうしているのかは気になりますね。

みんなはどうしている?

みんなはどうしているのか調べてみると、子供の名前を入れているという人と、入れてない人の両方がいました。

入れている人の理由としては、普段送っている年賀はがきにも家族の連名を入れているからという、うちと同じようなものでした。

また、入れてない人の理由としては、子供は喪中に関係ないからとか、入れている喪中はがきを見たことがないからとかいうものでした。

ただし、喪中はがきに子供の名前を入れると、「非常識だ」と感じる人もいるようです。

理由はサッパリ分かりませんが、そういったことを考えると、入れないほうが無難なのかな。。

ところで、子供の繋がりが重要な保育園や幼稚園のママ友の場合はどうすれば良いのでしょう?

子供を通じてのママ友の場合

ママ友

子供を通じての知り合いの場合、差出人に子供の名前を書かないと伝わらないということは、大いにあると思います。

普段から「◯◯ちゃんのママ〜」とか呼びあってるので、ママの名前だけ書いてあっても分かりませんね。

そんな場合は、差出人に子供の名前も入れて連名にするほうが良いようです。

ただし、滅多に合わないママ友に、あえて喪中はがきを出す必要はないと思います。うちでは、そういった方には普通に年賀状を出しました。

それじゃあ、喪中のマナーに違反するんじゃ?と思うでしょうが、それならクリスマスもやらないし、おせちも食べないのが筋ですからね。。

というわけで、最初っから筋なんか通ってないんだから、今さら年賀状を送るぐらいのことは気にしなくて良いのです。

年賀状のかわりにクリスマスカードを送るという意見もありましたが、クリスマスカードを突然送るのってどうなんだ?と思ったので、これはうちでは無しでした。

次は、喪中はがきを子供の友達に送るかどうかについて。

喪中はがきを子供の友達に送る?

友達

喪中はがきを子供の友達に出すのは、堅苦し過ぎますね。

子供のうちは喪中についてよく分かってないので、喪中はがきを出す必要はないと思いました。

調べてみると、やはり同じように考える人が多かったです。

喪中はがきを出さないかわりに、寒中見舞いを出すという人もいましたが、子供相手にそこまでしなくても。

あと、自分が子供の頃を思い出してみると、年賀状のやり取りって大切なイベントでした。

お年玉付き年賀状の当選発表も、子供が率先して新聞をチェックしますね。

ですので、子供に関しては喪中はがきは関係なしで、普通に年賀状を出すことにしました。

最後に、子供が本当に喪中になるのか確認してみましょう。

喪中の範囲や期間に、本当に子供が含まれてる?

喪中こども

子供が喪中に含まれているかは、捉え方次第です。

というのも多くの人は、喪中の範囲と期間を正確に知りません。

ですので、実は喪中でない場合も多いです。まずは喪中の範囲から確認していきましょう。

喪中の範囲

喪中の範囲は一般的に、以下のいずれかとされています。

喪中の範囲
  • 2親等以内
  • 1親等の親族+同居の2親等

親にとっては2親等以内でも、子供にとっては3親等になるという可能性がまずあります。

さらに、故人との続柄によって喪中の期間が変わってきます。

喪中の期間

喪中の期間は一年と思っている人が多いですが、実際は続柄によって違います。

子供から見た続柄(親等数)喪中の期間
父母(1親等)12〜13ヶ月
祖父母(2親等)3〜6ヶ月
兄弟姉妹(2親等)3〜6ヶ月

ここまでで、だいぶ子供が本当に喪中なのか確認できたと思います。

そして例え喪中であっても、忌中でなければ年賀状を送ってもOKなのです。

忌中について

忌中について、正確に知っている人は少ないです。

ですので身内が亡くなってから、一年間は喪中だから年賀状は送っちゃマズイと考えている人が多いのですが。

実は、喪中には忌中という期間が含まれていて、神道において祝い事を避けるべきとされているのは、この忌中期間だけになります。

そしてこの忌中期間も、故人との続柄によって変わります。

そもそも、そんなに長くはなくて両親が亡くなった場合でも50日間。それ以外の続柄だともっと短くなります。

例えば、祖父母を亡くした場合の孫の喪中期間は10日間です。

これは、喪中の根拠となった昔の法律に書いていたんですけどね。

このあたり、詳しくは以下の記事に書いてますので、良ければ読んでみてください。

あとがき

喪中の範囲や期間は、考え方しだいな面があります。

ただ、弔事など敏感な問題は、受け取る側の気持ちも大切ですね。

結局うちでは、子供の名前を書かずに喪中はがきを送りました。

喪中はがきを出すときは、期限に注意です。

また、喪中はがきの書き方に自信をもてない場合は、以下の記事が役に立つと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました