喪中の年末年始の挨拶はどうする?職場やメールの場合についても

喪中の挨拶

喪中の年末年始の挨拶は、どう言えば良いのか。

また、挨拶されたときの返事はどうするのか。

誰もが悩む問題だと思います。

喪中の年末年始の挨拶の仕方と、職場の場合、メールの場合について書いてます。

まずは年末の挨拶から。

スポンサーリンク

喪中の年末の挨拶は?

まず前提となる、喪中のマナーについて確認しておきたいと思います。

喪中は慶事や神事を避ける

喪中は、祝いごとや華やかな席への参加を控え、静かに大人しく過ごす。

喪中でも、特に故人が亡くなって間もない忌中は、神事を避ける。

このあたりが一般的な喪中のマナーだと思います。

それを踏まえた上で、年末の挨拶について考えてみると。

喪中の年末に「良いお年を」はOK?

喪中の年末に「良いお年を」は、喪中の人が言う分には問題ない気がします。

しかし言われるのは微妙かもしれません。

このあたり背景がありますので、順に説明しますね。

年末の挨拶「良いお年を」ってどんな意味?

まず、「良いお年を」の「年」ですが、これはお正月の神様である「歳神様」を指しているそうです。

「良いお年を」を、省略せずに言うと「良いお年をお迎えください」。つまり「良いお年を」は、「良い歳神様をお迎えください」という意味なんだとか。

だとすると喪中の人に向かって言うのは、相応しくない気がしますね。

喪中の人に「良いお年を」は失礼かも

喪中の人は、お正月を控えます。

というのも身内に不幸があったお家に、歳神様を招くわけにはいかないからだそうです。当然、歳神様も来ません。

それなのに「良い歳神様をお迎えください」は、失礼な感じになるわけですよ。

では、喪中の人に年末の挨拶はどう言えば良いのかと言うと。

喪中の人に年末の挨拶はどう言う?

「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」

あたりが良いのかなと。

これなら歳神様も関係ありません。

喪中の年末の挨拶で現実的なところ

ただですね、ふつうはそこまで気にしませんよね。

喪中なのに「良いお年を」って言われたムカーッ!!失礼なやつ!非常識!とか無いですよね。少なくとも私の周りにそんな人はいません。

そもそも歳神様を知らない人の方が多いと思いますし。

ですから、迷った場合は普通に挨拶しても、良いんじゃないかなと思うんですよ。

次は年始の挨拶について。

スポンサーリンク

喪中の年始の挨拶は?

年始の挨拶といえば、「明けましておめでとうございます」ですね。

喪中の年始に「明けましておめでとう」はOK?

喪中の年始に「明けましておめでとう」は、言うのも言われるのも微妙な気がします。

こちらについても順に説明しますね。

年始の挨拶「明けましておめでとう」ってどんな意味?

「明けましておめでとう」の「明けまして」というのは、「夜が明けて」から来ているそうですよ。

そして「おめでとう」は、無事に夜が明けて歳神様(新たな年)をお迎えできたことへのお祝い。

お正月は、歳神様をお迎えするためのイベントですので。

ですから「明けましておめでとう」の意味としては、「無事に歳神様をお迎えできておめでとう」となるわけです。

喪中の人に「明けましておめでとう」は失礼かも

喪中の家は、お正月を祝うことができません。

身内に不幸のあった家に、歳神様をお迎えするのは失礼ですから。

そして、歳神様を迎えることができないお家に向かって、「歳神様をお迎えできておめでとう」というのは、相応しくないわけです。

では喪中の人への年始の挨拶はどうすれば良いのかというと。

喪中の人に年始の挨拶は何ていう?

「おはようございます。今年もよろしくお願いいたします。」

この辺りが無難かなと。これならお祝いの言葉も入ってませんので。

喪中に「あけましておめでとう」を避けるべきというのは、わりと多くの人が認識している気がします。

次は、職場の場合について。

喪中の挨拶 職場の場合は?

喪中であっても、仕事上の付き合いにおいては気にしない。

と考える人が多いみたいです。

喪中はプライベートなことで、仕事はパブリックなことだと割り切るんだそうな。

この考え方は、わりと現実的な気がします。

会社の上司や取引先の人から「あけましておめでとう」と言われて、「喪中ですから控えさせていただきます」とか。

なんか、すごくガチガチな感じがしますよね。

そこはもー、あまり気にせず「あけましておめでとうございます」と返事しても良いのではないでしょうか。

おそらく誰も気にしないと思います。

自分から挨拶する場合は、「おはようございます。今年もよろしくお願いいたします。」で良さそうですね。

次はメールの場合について。

喪中の年末年始の挨拶メールは?

喪中の人が年末年始の挨拶メールを送る

喪中とは言え、日頃から付き合いのある人には、年末年始の挨拶メールを送りたいですよね。

これもガチガチに考えるなら「喪中につき年末年始の挨拶を控えさせていただきます」なんでしょうけど。

「来年もよろしく」とか「今年もよろしく」ぐらいが、気軽な感じもして良さそうですね。

ただ、今までの背景を考えると、こちらから言う分には「良いお年を」とか「あけおめ」でも良いのかなと思います。

喪中の人にむけて年末年始の挨拶メールを送る

喪中と分かっている人に、年末年始の挨拶メールを送る場合ですが。

やはり、年末は「来年もよろしく」、年始は「今年もよろしく」が良いのではないかなと。

あと理由は不明なんですが、喪中の人に元旦にメールを送るのは避けた方が良いという意見もあります。恐らく「明けましておめでとう」と言わないなら、元旦を外せということなんでしょうけど。

言われてみれば、その方が気が利いてる感じもしますね。

まとめ

喪中の年末年始の挨拶についてまとめました。

年末の場合「良いお年を」は、相応しくないのかもしれません。代わりに「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」が良さそうです。

また、年始の場合の「明けましておめでとう」も同様に相応しくなさそうです。代わりに「おはようございます。今年もよろしくお願いいたします」が良いのかなと。

ただですね、そんなに気にしないと思うんですよ。仮に自分が喪中のときにそう言われたとして・・・「マナー違反!非常識!」とか考えないかなぁと。

そして今さら感はあるのですが、喪中の範囲や期間の考え方、あってます?喪中の範囲や期間って、亡くなった人との続き柄や同居・別居で違ってきますよ。

既に喪中ではない可能性もあるので、一度確認してみたが良いのではと。そのあたりは、以下の記事に詳しくまとめてます。

喪中の範囲は親族のどこまで?喪に服す期間や年賀状は出せるのかも分かる

2017.10.01

また、喪中の年末年始は以下の記事もオススメです。

喪中の年末年始の過ごし方!年越しそば、餅つき、墓参り、旅行はどうする?

2018.11.02
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です