喪中におせち料理やお雑煮は本当にNG?代わりに食べるなら

喪中 - おせち - お雑煮

喪中のお正月は、何を食べて過ごせば良いか悩みますね。

普段なら、おせち料理とお雑煮で決まりなんですが。

喪中におせち料理やお雑煮は本当にNGなんでしょうか?

また、おせち料理の代わりになりそうな食べ物についても書いてます。

スポンサーリンク

喪中におせち料理は本当にNG?

喪中におせち料理は本当にNGなんでしょうか。

それを探るためにも、まずは喪中のマナーについて確認しておきます。

喪中のマナーについて

喪中は、お祝いごとや華やかな席への参加を控え、静かに大人しく過ごすべきとされています。

また、故人が亡くなってからの50日間は、忌中といって神事に関わってはいけません。

この辺りが一般的な喪中のマナーだと思います。

次は、このマナーに沿っているどうかを確認するため、おせち料理の本来の目的を探ってみます。

おせち料理って何のため?

おせち料理は、もともと節供に用意される料理でした。

節供とは、年に5回ある節日にあわせ、自然の恵みへ感謝し、神様にお供え物をする日です。七夕なんかもそうですね。

そのうち節供のなかでも特に重要な、“お正月”に用意される料理のことだけを、おせち料理と呼ぶようになりました。

また、おせち料理は作り置きできることから、かまどの神様を休めたり、主婦に休んでもらうという意味もあります。

というわけで、おせち料理とは、もともとお供え物だったみたいですね。

喪中におせち料理はNG?

おせち料理が神様へのお供え物だとすると、忌中の間はNGかなと思います。

忌中は故人が亡くなってから間もない期間のこと。神事は控えるべきとされてます。

逆に言うと、忌中を過ぎれば、あとは考え方次第なんじゃないでしょうか。

原則論で言えば、喪中に祝いごとや賑やかな席は避けるべきでしょうが。。でも家の内でのことなので、そこまで気にしなくても良いのかなと思います。

あるいは神様の依り代となる正月飾りをしなければ、歳神様も来ないのでおせち料理もただの食べ物なのかなと。

やや強引ではありますが、このような考え方もありなんじゃないでしょうか。

それでも、やっぱり気になるという場合は、おせち料理の中のおめでたい食材を抜いてみると良いかもしれません。

喪中のおせち料理で気をつける具材

喪中におせち料理を用意するときは、特定の食材を抜いて、控えめにするという考え方もあります。

おせち料理のなかでも、特におめでたい食材は以下。

  • 鯛(おめでたいの意味)
  • 昆布(よろこぶの意味)
  • くわい(芽がめでたいの意味)
  • かまぼこ(紅白を使わない)

これらの食材を抜いて、おめでたい感じを減らします。

また、重箱に詰めず、直接お皿に盛ることで、豪壮な感じを抑えるという考え方もあるようです。

たしかに気持ち的には、おめでたさを控えた感じになりますね。

喪中用のおせち「もせち」

最近では喪中用のおせち「もせち」というものも、販売されてます。

見た感じは、食材を変えたおせち料理ですけどね。

なぜこれが喪中に相応しいのかは・・・分かりません。。

というわけで、喪中におせち料理は原則論で考えればNG。だけど現実的には、各家庭の事情に合わせてという感じでした。

次は、喪中のお雑煮について。

スポンサーリンク

喪中のお雑煮はNG?

喪中のお雑煮はNGなのか?

その理由を探るため、お雑煮は何のために食べるのかを確認しましょう。

お雑煮って何のため?

お雑煮とは、神様へお供え物を、ごった煮にしたもの。

お正月には歳神様が来ますので、ハレの日の食べ物である餅と、その土地で取れた収穫物をお供えします。そして新しい年の豊作や、家族の健康を願うわけです。

その後、お供えしたものをお下がりとしていただき、鍋に煮込んで食べることで、その力を分けてもらえると考えました。

これがお雑煮となります。

喪中にお雑煮ってNG?

お雑煮が神様へのお供え物であるなら、やはり忌中に食べるのはNGでしょうね。

何度も触れましたが、忌中には神事を控えるべきですので。

しかし忌中を過ぎれば、豊作や健康祈願のためお供え物ですし、OKなんじゃないでしょうか。そんなにお祝いやおめでたい食べ物でもないし、喪中に食べても良いのかなと思います。

これは喪中にお正月をするかにもよりますけどね。お正月飾りをしなければ歳神様も来ない気がしますし。

あと鏡餅も、歳神様の依代になると考えられているので注意してください。

次は、おせち料理の代わりになりそうな食べ物について。

喪中におせち料理の代わりに食べるもの

おせち料理を食べない場合でも、お正月ですので少しは贅沢なものを用意したいですね。

おせち料理の代わりになりそうな食材をピックアップしました。

喪中でも問題なく食べられます。

カニ

おせち料理が食べられなくても、蟹が出るなら豪華な感じがしますね。

年末に蟹を食べる家庭って、実は結構多いです。

通販で買う場合は、早めに頼んだ方が良いですよ。年末ギリギリになると発送してなかったり、売り切れてしまうことがありますので。

刺し身

おせち料理がなくても、お刺身の盛り合わせがあれば、それなりに豪勢な感じがしますね。

トロやウニで手巻き寿司などにすれば、おせち料理よりも良いかも。

生ハム&チーズ

おせち料理に飽きた頃に食べたりしますね。

生ハムやチーズの盛り合わせをツマミに、お屠蘇代わりにワインというのも良さそう。

オードブル

おせち料理があっても、オードブルを頼むという家庭は結構多いみたいです。

やはり正月の3日間は、かまどの神様と主婦を休ませてあげないとですからね。

というわけで、おせち料理を食べなくても、このあたりの料理を用意すれば十分お正月っぽい感じになるんじゃないかと思います。

まとめ

喪中のおせち料理とお雑煮について紹介しました。

いずれも喪中と言うよりも、忌中に食べるのを控えたいですね。

喪中と忌中の違いとは?それぞれの期間や、してはいけないこと

2018.10.13

喪中の場合は、自分たちの考え方次第で良いんじゃないかと思います。家の中でのことですし、傍目も気になりませんから。

ところで今さらになりますが、本当に喪中なのか一度確認した方が良いとおもいますよ。喪中って必ずしも1年間じゃないですし、故人との続き柄や、同居・別居で違ってきます。

喪中の範囲や期間については、以下の記事が詳しいです。

喪中の範囲は親族のどこまで?喪に服す期間や年賀状は出せるのかも分かる

2017.10.01
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です