育児で夫がやりがちな失敗!新生児のお尻を綺麗に拭きすぎると・・

育児って知らない事ばかりですよね。

うちは夫婦ふたりで新生児の面倒を見ています。

イクメンってわけじゃないですが、妻の負担を和らげるため、出来ることは分担で。

しかし新生児の知識を全く持たない夫。

新生児のおしめ交換にようやく慣れた頃、こんどは神経質にお尻を拭きすぎて・・・。

スポンサーリンク

新生児・赤ちゃんのお尻を拭きすぎた結果

神経質なので、おむつを変えるときに、お尻を綺麗にしすぎる傾向があります。

綺麗にしないと気持ち悪いよねぇと思い、潔癖に拭いていました。

おむつ交換にもようやく慣れてきて、夫が交換する機会が増えた結果。

あるときお尻の周りが赤く腫れあがっているのを発見!

なんかの病気か症状かと思って、嫁に話した所・・・。

原因は夫の“拭きすぎ”という事がわかりました。

新生児・赤ちゃんの皮膚はとってもデリケート

新生児・赤ちゃんの肌はツルッとしていて、とても健康そうにみえます。

弾力も在って丈夫そうにみえるのですが、実は大人の1/2〜1/3程度の厚みしかありません。

ですので擦ったり引っ掻いたりすると、簡単に腫れてしまうんですね。

知らなかった・・。

スポンサーリンク

新生児・赤ちゃんのお尻が腫れてしまった場合

新生児・赤ちゃんのお尻が腫れてしまった場合は、当然スキンケアが必要です。

病院からもらった亜鉛華軟膏を試しました。

お風呂あがりにつけて、翌日にはスッカリ良くなっていました。

新陳代謝がはやいぶん、治りも早いんですね。

いや〜よかった・・。(^_^;)

亜鉛華軟膏って何だ?

亜鉛華軟膏は結果的に、炎症を抑える成分もあります。

が、主な目的は患部に塗って、水分や汚れから患部を守ることみたいです。

亜鉛華軟膏は液体をよく吸収するので、乾燥させて治すという理解がただしいようです。

ですので何でもかんでも、亜鉛華軟膏を付ければ良いわけではないですね。

新生児・赤ちゃんのお尻の正しい拭き方

新生児・赤ちゃんのお尻はどう拭くのが正解だったのでしょうか?

正解は擦るように拭かずに、なるべくフワッと柔らかく拭く。

あとはお尻拭きをトントンっと当てて汚れをとる感じ。

それも神経質にしつこく拭き過ぎないように注意する。

ようはやり過ぎないことと、力加減が大切ってことですね。

まとめ

新生児・赤ちゃんに関する知識が不足している夫には、よくある失敗だと思います。

嫁に任せっきりにして、何もしなければ問題もおきませんが、それはどーなのって感じですね。

しかしガサツなひと、力加減の分からない人、神経質過ぎる人は、お尻のフキ方に注意しましょう。

ゴシゴシやったり、拭きすぎてはいけません。

夫婦間で、こういう知識を共有しておくとが大切ですね。

スポンサーリンク