赤ちゃんと過ごす夏はエアコンつけっぱしでOK?温度や服装についても

エアコン

赤ちゃんと過ごす夏は、エアコンをつけっぱなしにして良いのか悩みますね。

でも最近の暑さは尋常ではありません。

うちでは夏の間中エアコンをつけて過ごしました。

なぜそうしたのかその理由と注意点、適切な温度、服装について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんと過ごす夏はエアコンつけっぱしでOK?

うちでは夏の間、エアコンを24時間つけっぱなしにして過ごしました。

設定は除湿ではなく冷房です。これは除湿よりも冷房のほうが、電気代が安いという話を聞いたから。

つけっぱなしにした一番の理由は、赤ちゃんの体温調整機能が未熟だったからです。このときうちの子は、生後5〜6ヶ月ぐらいでした。

赤ちゃんは体温調整機能が未熟

赤ちゃんは、体温調節が上手く出来ません。

母親学級や産院、訪問指導などでも説明がありましたね。

赤ちゃんの体温は高めで、外気温にとても影響されやすい。だから室温は、赤ちゃんが快適に過ごせる温度に設定する必要があります。

もし室温が低ければ低体温に、室温が高ければ身体から熱をうまく放出できなくて、うつ熱になったりします。

酷くなると脱水を起こすことも。

赤ちゃんの脱水症状は分かり難いそうです。そして脱水は命に関わる問題。

だから室温を適切にたもち、水分をどれぐらい摂ったのか、おしっこはしっかり出ているのかをチェックするのが大切です。

尿がちゃんと出ていない場合は、脱水になりかけている可能性があります。

室温が高いとこれ以外にも様々なリスクがあるので紹介しますね。

室温が高いことのリスク

日本は高温多湿です。

湿度が高いということは、汗が蒸発しにくいということ。つまり身体の熱を下げにくい環境なんですね。

33〜34度を超えるような環境は、成人であっても危ないそうですよ。

室内の気温が上がって、赤ちゃんの体温が上がりすぎると、次のようなリスクが指摘されています。

室温が高いことのリスク

  • 乳児突然死
  • 熱中症(日射病、熱射病、脱水症状)
  • うつ熱

こういったリスクを取りたくないので、うちではエアコンをつけっぱなしにしました。

ただ、エアコンつけっぱなしにすると、次のようなデメリットも考えられます。

エアコンをつけっぱなしだと汗腺が発達しない

身体は暑いときに、汗を流すことで体温を下げます。

この汗を流すための機能がエクリン腺。エクリン腺は、育った環境によってその数が決まります。

具体的には2歳半ぐらいまでに決まってしまうとのこと。

暑い地域で育った子供は、エクリン腺が多く暑い環境に順応しやすくなります。逆に汗をあまりかかない寒い地域で育つと、エクリン腺の数は少なくなるようです。

極端な話、エクリン腺はタイ人に多く、ロシア人には少ないみたい。日本人はだいたいその中間。でも沖縄の人はタイ人に近いようです。

<参考文献>
WACOAL BODYBOOK:「汗っかき」は3歳までに決定する!?

エアコンのつけっぱなしには、一応このような問題があります。

でも赤ちゃんの時期の、たった2ヶ月間ぐらいの間なら、気にしなくていいんじゃないかなと思いますよ

エクリン腺を増やしたければ、歩けるようになったあとで、しっかり汗をかくよう運動すれば良いのです。

次は赤ちゃんに優しいエアコンの夏の温度設定について。

スポンサーリンク

赤ちゃんに優しい夏のエアコンの温度

赤ちゃんに相応しい夏の室温は26〜28℃と、よく育児書なんかにも書いてます。

湿度は40〜60%ぐらいが良いそうです。

母親学級や産院などでも説明がありますね。

うちの場合は、エアコンの設定温度を26℃に設定していました。

でも赤ちゃんの近くに温度計を置いて測ってみると27℃。エアコンの設定温度よりもちょっと高めです。このように赤ちゃんの近くで温度を測ると、正確なところが分かるのでオススメですよ。

冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にたまります。

ですので床に近いほうが冷たくなります。日差しとか無ければの話ですが。

もし室温を均質にしたいのなら、サーキュレーターで空気を循環させると良いですよ。

ちなみにエアコンの風は良くないので、全く風が当たらない場所に寝かせていました。

エアコンをつけたら夏でも乾燥に注意

エアコンをつけっぱなしにすると、空気が乾燥してきます。

ですので、加湿機を付けることをオススメします。もし持っていないようでしたら、どうせ冬場にも使うと思いますので、一台あっても良いかと。

赤ちゃんは皮膚が薄く乾燥しがち、喉なども弱いので、赤ちゃんが咳をしているようであれば注意しましょう。

うちの赤ちゃんも咳をしていたので、すぐ加湿機を付けました。すると治まったので、やはり乾燥していたのだと思います。

その他にも、乾燥を防ぐため入浴後にローションで保湿したりもしていましたよ。

次は夏にエアコンをつけたとき、どんな服装にするのが良いかについて。

夏に赤ちゃんがエアコンで過ごすときの服装は?

うちの場合は、ロンパース一枚で過ごしていました。

昼寝するときは、お腹にはタオルを一枚乗せます。夜に寝るときは、もう少し厚めのガーゼをかけていました。

でも寝返りをうったり、起き上がったりする時期だったので、タオルがずり落ちてしまうこともしょっちゅう。気が付いたらタオルを掛けるという感じでしたね。

赤ちゃんにとって暑いのか寒いのかは、お腹で測るようにしてました。お腹に汗をかいている場合は、ちょっと暑いのかなと思って調整します。

またお腹が冷えている状態はまずいので、そうならないよう気を付けてました。

頭は汗でいつも湿ってましたね。頭の方がよく汗をかくみたいです。

赤ちゃんの手足は、温度調節のためにかなり冷たくなるので、手足の温度はあまり参考にしていません。

まとめ

赤ちゃんと過ごす夏はエアコンつけっぱしでOKか悩みますよね。

できればエアコンを切って、自然な環境にしたいのですが。でも熱帯夜が続く都心などでは、エアコンを切るのは無理です。

うちでは夏の間中、ずっとエアコンをつけて過ごしました。

電気代はすこし掛かりますが、そのほうが様々なリスクを避けられて安心です。

いくつか気を付ける点はありますが、赤ちゃんも快適に過ごしていたと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です