育児で夫が焦ること!新生児の足が紫色に!?大丈夫なの?

夫は新生児を見ていると焦ることが多いです。

妻は新生児について助産師さんに教わったり、妊娠中にネットで調べているので知識が豊富。

しかしその情報は夫婦で共有されていない事が多いです。

今回は新生児の足が紫に・・・大丈夫なの?

スポンサーリンク

新生児は手足が紫色になる事がある

新生児は手足が紫色になることがあります。

チアノーゼと呼び、血液中の酸素濃度が低下する事で起きる症状のようです。

新生児にはしばしば見られる症状とのこと。

どういう時に起きるのか?

  • 呼吸が上手く出来ない状態でミルクを飲んだとき。
  • 泣きわめきすぎて酸欠になったとき。
  • 鼻づまりのせいで呼吸がうまくできず更に息があがったとき。
  • 抱っこしている時の体制が悪かったとき。

ちなみにチアノーゼには2種類あり、
・末梢性チアノーゼ
・中心性チアノーゼ
がありますが、この場合は末梢性チアノーゼです。

末梢性チアノーゼは、手足などに症状が現れます。

中心性チアノーゼの場合は、全身の皮膚に症状が現れるようですので、この場合は速やかに病院に行きましょう。

参考:育児のまぐまぐ!「時々手足が紫色になってしまう息子、一般的なのでしょうか?」より

スポンサーリンク

新生児の足が紫色になったときの対処法

妻が産院でならってきた知識が、早速役立つことに。

新生児の足が紫色に成った場合は、足裏をこすってあげて下さい。

そうすると血流が良くなって紫色が消え、血色の良い色に戻ります。

慌てふためかず冷静に対処しましょう。

私は慌てふためきました。(;´д`)

そのあと猛烈にネットを調べて、妻から話を聞いて一安心しました。

まとめ

ほとんどの夫は私のように新生児の知識も持っていないのではないでしょうか。

何も知らず目の前で心配な出来事がおきるとドキドキします。

産院からもらえる読み物に目を通したり、妻から積極的に話をしておきましょう。

妻が離れている時に症状がでたりすると、かなり焦りますよ。

夫は育児に必要な最低限の知識だけでも、身につけておきたいですね。

スポンサーリンク