これって何かの病気?太ももの痺れと足の付け根の痛みの原因と解消法

長時間座りっぱなしのデスクワークを続けているあなた。

・太ももの痺れるような引きつるような痛み
・足の付根付近に鈍痛

を感じたことはないでしょうか?

私は20代後半からこの症状が出ました。

初めは運動不足とか、一時的なものだろうと思ってんたですが・・

だけどあるとき付け根ばかりでなく、周辺の重要な部位まで痛くなっている気がして、ようやくまじめに取り組み開始。

あの時は焦りましたわ。(;´д`)トホホ…
実際には全然大した事なかったってことは、これから書きます。

そして遂に症状が治まったので、同じ症状で困っている人の役に立てばと思い、症状と対策をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

太ももの痺れと、足の付け根が痛む症状

実際には次のような症状がありました。

  • 長時間座っていると、太ももの上側が、痺れているような引きつっているような感覚になる。
  • 立っている時や歩いている時に、足の付根に鈍痛がある。
  • 足の付根に近い下腹部が痛いような感じがする。
  • 片側の睾丸が痛いような感じがする。
  • お風呂に入ると良くなる気がする。

あるとき、左足の付け根に近い下腹部や、なんと左側の睾丸が痛いような気がしてきました。

そうなると、どんどんネガティブなイメージが拡がり、無駄に病名ばかり想像してしまい、前立腺なんちゃら〜とか、性病で〜〜〜とか。

そして暗い未来を想像して憂鬱になったとき、焦りまくってネットで検索。

調べてみると、股関節周りが痛いと、その周辺や睾丸が痛いように感じる事があると、あるサイトに書き込みがあるのを発見。

そう言っているのは1人だけでしたが、この時はほんとに救われました。

そして単に整体に行けば良いのがわかったので、心安らかに評判の良い整体院へ向かうことに。

スポンサーリンク

太ももの痺れと、足の付け根の痛みの原因

評判の整体師さんに症状を診てもらうと、左足の股関節が抜けかけているとのこと。

実際、左足を前後に動かすと、カクンカクンと動く感じが。

そうなる原因は、どうやら足を組んで座る癖があったり、片側に重心を乗せて立つ癖があると、なりやすいとのこと。

言われてみると、その通りなのです。

1人で出来るストレッチで太ももの痺れと、足の付け根の痛みを解消

その整体師さんによる施術で、暫くこの症状は収まります。

しかし、一年ぐらいすると、また同じ症状が出始めたんですね。
症状がでたら来てねと言われてたんですが、遠いのでついつい近くの整体院を検索。

あの時はあんなに感謝してたのにこれですよ。

今度は近所で有名な整体院に通い、自分で体のバランスを整える方法を教わります。

これが結果的にすごくよくって、それを応用する事で、この症状を自分で改善できることが分かりました。

どうするかというと、まず仰向けに寝て足を大きく開き、さらに左足のつま先を外側に向け、そのまま左斜め外の方向に足を引っ張られるイメージで思いっきり伸ばします。

leg_stretch

左足の股関節付近の筋が伸びている感覚があれば成功で、ついでにバンザイして手も伸ばすと、体全体が伸びて気持ちいいです。それをしばらく続けます。

うまくいくと気持ちいいはずです。痛い場合はなんか違うので直ぐ辞めましょう。

理屈としては、縮こまってしまった筋肉は、伸ばして緩めて上げると気持ちよくなり、症状が改善するということ。

これを毎日続けるうちに、全く症状がでなくなりました。

まとめ

太ももの痺れや足の付け根の痛みがある方は、このストレッチ法を試してみてください。

それでも改善しない場合は、整体院にいくことをお薦めします。

ちなみにこのストレッチ法は、肩を中心に行う事で肩こりの解消にも使えます。

繰り返しになりますが、痛い場合はなんかやり方が違うので、すぐに止めましょう。

やってみて気持ちよければ正解です。

スポンサーリンク