フローリングに布団なら湿気対策に置き畳が快適!カビもなく、すのこより良い?

「子供と一緒に寝るなら布団が良いね」

って話になったんですが、うちは全室フローリング。

床の上に直に布団を敷くと、湿気とカビが凄そうです。

そこで置き畳を敷いたところ、湿気やカビに悩むこともなく、とても快適でした。

そのあたりの感想と、すのこより良い点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フローリングに布団なら湿気対策に置き畳が快適!

置き畳(ユニット畳)は、質も値段もピンキリです。

安いものは質が悪いと聞いたので、ちょっと良いものを買うことにしました。

布団が引っ掛からないよう、フチのない琉球畳を選んでます。

するとこの置き畳、想像以上に活躍してくれました。

畳の下や布団の裏の湿り気は?

「フローリング→置き畳→マットレス→敷布団」という順番で敷きました。

布団の裏側は、梅雨時でもそこまで湿っぽくなりません。冬場は加湿器を入れて湿度60%にしていたのですが、結露も大丈夫でした。

商品説明にもあったんですが、畳の調湿性って凄いですね。やっぱり日本の環境には畳が合うみたいです。

畳の下の湿り気も大丈夫でしたよ。一年を通して、畳の下が湿っていたと思ったことはありません。ちなみに東京の賃貸マンション暮らしです。

もちろん、定期的にメンテナスはしましたけどね。

布団と畳のメンテナンス

寝室とはいえ、布団はできるだけ畳むようにしてました。

といっても、2つ折りにしておくだけですが。それでも布団の裏側を外気にさらすことで、しっとり感はとれます。エアコンを掛けておけば乾燥しますし。

たまに3〜4日ぐらい布団を敷きっぱなしにすることもあったんですが・・・それでもカビは大丈夫でしたね。

布団乾燥機を掛ける頻度は、月1回ぐらいでした。

畳の方は、掃除のときに壁に立てかけるぐらいで、特に干したりはしていません。それでも今のところ問題ないです。

置き畳は、湿気対策の他にも良い点があります。

床からの冷気がこない

置き畳は下からの冷気を防いでくれます。

冬場でも畳の上はそんなに冷たくありません。床に比べればかなりマシです。

だから寝るときも、寝具が冷たくならず助かります。

畳の寝心地を味わえる

畳を敷いたら和室になった感じがして、旅館に行った気分になりました。

これは、最初だけですけどね。(^_^;)

ひさしぶりに畳の上に布団を敷いて寝るのは、良い気持ちです。

い草の香りも畳の醍醐味ですね。良い香りに包まれて、リラックスして寝ることが出来ますよ。

ただし、良いことばかりでなく弱点もあります。

置き畳の隙間にゴミが溜まる

置き畳は、畳と畳の隙間にやたらとゴミが溜まります。

ですから定期的に畳を上げて、床の掃除をする必要があるんですね。でも畳を上げることは、畳と床の乾燥にも役立ちます。

そういった意味では、掃除する必要があって良かったのかも。

このように置き畳だけでも大丈夫だったんですが、汗かきの人はもう少し工夫したほうが良いと思います。

スポンサーリンク

汗かきには布団のカビ対策が必要

布団の湿り具合は、個人差や環境による違いが、かなり大きいです。

だから他の人が大丈夫といっていても、必ずしも全ての人に当てはまりません。

うちでは妻よりも、夫である私と子供のほうがずっと汗をかきます。

だから私や子供が寝ていた場所は、湿っぽくなりやすい。

今までカビが生えたことはなかったのですが、念のため除湿シートや敷きパッドを敷くようにしました。

汗かきには除湿シートがオススメ

最終的な寝具への湿気対策は、以下です。

『置き畳→除湿シート→マットレス→敷布団→敷きパッド』

これで私の布団の湿り具合も、かなり少なくなりました。

それでも布団を上げなければ、カビてしまうリスクがあるので、布団はなるべく畳むようにしてます。

次は、すのこと比べて優れている点について。

フローリングに布団なら「すのこ」より置き畳

学生の頃、しばらく”すのこベッド”を利用していました。

そのときと比べても、置き畳のほうが良いなと思います。

置き畳なら床が傷つかない

置き畳は裏側に硬い部分がないので、床が傷つきません。

すのこを使っていたときは、ドカッと寝たときなどに床を傷つけてしまうことがありました。

床を傷つけたくなかったら、置き畳のほうが良いなと思います。

置き畳の上で寝転べる

置き畳は、布団がなくても寝転ぶことができます。

畳の上で寝転ぶのって気持ちいいんですよね。

本を読んだりスマホを見たり。体を伸ばしてくつろぐことができます。

すのこじゃ出来ませんから。。

置き畳は持ち運びしやすい

すのこと比べて1枚1枚が小さくて軽いので、持ち運びしやすいです。

洋間にちょっと敷いて寝転んだり、お客さんが泊まるに来るときも使えるので便利。

使わなくなっても、タンスにしまっておけます。

まとめ

フローリングに布団を敷くなら、湿気対策には置き畳がオススメです。

うちはこれで、親子揃って布団で寝られるようになり大満足でした。

定期的にメンテナンスをしているのもあるのでしょうが、今まで置き畳にも布団にもカビが発生したことはありません。

梅雨時や、加湿器を付けている季節も大丈夫でした。

置き畳は、誰かが泊まりに来たときも役立ちます。別室に置き畳を敷いて、布団をレンタルすれば、お客さんも快適に寝られると思います。

その他、置き畳はリビングを和室に変えたいときも大活躍ですよ。

こんな畳があったとは!フローリング用の畳で洋室が和室に大変身!

2016.02.20
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です